Screenshot Preview

ComponentOne Chart for WinForms(英語版)

by ComponentOne - 製品のタイプ: コンポーネント / .NET WinForms / 100% Managed Code

商品説明の翻訳が完了していない商品については、Google翻訳サービスへのリンクを表示しております。 ただし機械による自動翻訳は必ずしも翻訳結果が正確ではないことにご注意願います。

 Powered by
 *

ComponentOne Chart for WinForms is no longer available individually. It can be bought as part of ComponentOne Ultimate and ComponentOne Studio Enterprise and ComponentOne Studio for WinForms. Existing customers can renew ComponentOne Studio for WinForms or upgrade to ComponentOne Ultimate or ComponentOne Studio Enterprise.

ご案内:特に説明のない限り、この商品は英語版商品になります。

多彩な 2D チャート、および 3D チャートを作成できます。キャッシュ データ、およびストリーミング データをチャート化できます。複雑なデータ セットを見やすい形式で表示することができます。 ComponentOne Chart for .NET には、Windows アプリケーションで使用できる 2D チャート コントロールと 3D チャート コントロールが含まれています。 棒グラフ、X-Y プロット図、面グラフ、円グラフ、レーダー チャート、ポーラー チャート、キャンドル チャート、組み合わせチャートでデータを表示するときは 2D Chart を使用します。 ComponentOne Chart for .NET 2DChart コントロールは、リアルタイム アプリケーションに対して最適化されているため、急速に変化するデータを表示できます。 エンド ユーザーがインタラクティブに容易に回転、スケーリング、および拡大縮小できる 3D の面グラフ、等高線チャート、棒グラフを作成するときは 3D Chart を使用します。 ComponentOne Chart for .NET 3DChart では、3D データを 15 種類の面グラフ、および棒グラフの基本的な外観で表示でき、そのデータから等高線および区分帯が自動的に生成されます。

バージョン履歴

  • LegendOrientationEnumに新しいメンバを追加:HorizontalVariableItemWidth、VerticalVariableItemHeight
  • 新しいC1ChartプロパティUseDoubleBufferを追加
  • 新しいValueLabelプロパティColorを追加
  • 新しく追加されたクラスAxisScrollBarとAxisクラスプロパティScrollBarに座標軸スクロールバーを追加
  • プロッタエンジン機能、ChartDataオブジェクトのFunctionListプロパティ、新しいクラスYFunctionとParametricFunctionの追加
  • ポイントスタイル、ChartDataオブジェクトのPointStylesListプロパティ、新しいクラスPointStyleの追加
  • 傾向線、ChartDataオブジェクトのTrendLinesListプロパティ、新しいクラスTrendLineを追加
  • 新しいC1ChartイベントLayoutLabels - 他のチャート条件やデータポイントのロケーションによりラベルの再設置が可能
  • 新たな特徴を持った4つのサンプルを追加: FExplorer、PointStyles、TrendAndError、TrendLines
  • 新たに2D chart designerプロパティとウィザードダイアログを追加
  • 古いデザイナダイアログへのアクセスを提供するため、ShowPropertiesとShowWizardメソッドを追加
  • 座標軸にLogBaseを追加 - 10以外の対数目盛に対応
  • 新しいサンプル、DataBoundChartとDataChartの追加
  • CopyDataInがストリングアレイをサポート - アレイは適切な座標軸のValueLabelsに使用され、シンプルな数値はゼロから開始
  • ChartDataSeriesにAutoEnumerateプロパティを追加 - trueの場合、ChartDataSeriesは自動的に表にされたデータを作成。X軸に値がない場合はゼロから開始
  • RemoveAllメソッドをLabelsCollectionに追加 - コレクションを空にし、最ペイントを強制
  • 2D chart座標軸の最小値、最大値を操作するためのメソッドを追加
  • "Reset Chart"と"Reset To Default Chart"動作をデザイナに追加。両方の動作共に初期値のプロパティをデフォルトに戻し、"Reset To Default Chart"動作は、初期数値データもリストア
  • ChartSymbolStyleオブジェクトにOutlineColorプロパティとOutlineWidthプロパティを追加 - シンボルアウトライン描写をコントロール
  • 対称軸の動きを修正
  • 以下のスキーマクラスにDescriptionプロパティを追加: BaseTable (Table、DbTable、CompositeTable、TableView、CompositeDefViewに継承)、DataSetDef、Relation (SimpleRelation、CompositeRelationに継承)、Connection (全てのconnectionタイプ)、Field (TableField、DbTableField、CompositeTableField、TableViewFieldに継承)
  • 以下のクラスにCurrentRowChangedイベントを追加: C1DataSet、C1DataView、C1DataTableSource、C1ExpressTable、C1ExpressView - このイベントにより、プログラマは現在の行に加えた全ての変更を、その変更によって起きた他のフィールドの変更トレースが可能、また、完全なデータのフレッシュが可能
  • スキーマデザイナの拡張:
    • 新たにインフォメーションウィンドウを追加 - 現在選択されたスキーマオブジェクトの情報を表示 (名前、タイプ、説明)
    • ウィンドウサイズと位置をレジストリに保存し、次回スキーマデザイナの開始時にリストア
  • Borland C#Builder対応のComponentOneデータライブラリウィザードを追加
  • C1SchemaDefコンポーネントコンテキストメニューからの、Schema Designerの複数のコピーの起動が可能
  • DataObjects DLLタブをスキーマデザイナ内のSchema|Optionsダイアログに追加 - DataObjects DLLをより快適に作成
  • スキーマの保存時に常にDLLが作成されたかどうかを確認
  • アセンブリ属性とunmanaged Win32 VERSIONINFOリソース内に作成されたDLLのバージョン情報を追加
  • DLLのデフォルト出力パスを無効に

機能

  • 使いやすさ - 開発中と実行時の両方で、ポイント アンド クリックによるユーザー インターフェースが使用できます。 開発者とエンド ユーザーの両者が、最大限の柔軟性でチャートを簡単にカスタマイズできます。
  • チャート タイプ - 面グラフ、棒グラフ、バブル チャート、ローソク足 チャート、HiLoOpenClose チャート、円グラフ、プロット、ポーラー チャート、レーダー チャート、帯グラフ、散布図、積み上げ面グラフ、積み上げ棒グラフ、等高線グラフなど。 科学情報から株式市場データまで、あらゆるニーズに応えるチャートが揃っています。
  • Unicode - ComponentOne には、2D と 3D の Unicode コントロールが組み込まれたので、1 つの applicationAlarm ゾーンで複数の言語がサポートされます。
  • 色かパターンの背景分類を使用し、チャートの重要な Y 値の境界を定めることができるようになりました。
  • 柔軟なラベル - チャート ラベルと注釈は、任意の場所に配置できます。 複数行チャート ラベルは、無制限であり、グラフに表示されているデータ、またはグラフかピクセルの座標に付けることができます。
  • 調整可能な自動精度軸 - 軸の精度は、データに合わせて自動的に調整されます。
  • コード不要のデータ バインディング - 外部データ ソースにチャートをバインドし、ネイティブ フォーマットでデータを直接図表にします。
  • Web で使いやすい出力 - ComponentOne Chart for .NET では、JPEG フォーマットか PNG フォーマットで保存し、Web ページに簡単に表示できます。
  • 背景イメージ - チャートの外観をカスタマイズできます。 チャートの背景にイメージを表示し、カスタムの外観と雰囲気をチャートに組み込むことができます。
  • マウス追跡 - マウス追跡機能では、マウス ポインタの下の領域、シリーズ、データ ポイントが追跡されます。 .NET の MouseMove イベントでは、チャート上にドラッグした場合のカーソルの座標が報告されます。 このイベントからは、カーソルが配置されている場所に関する更新データが常に取得できます。 ComponentOne Chart for .NET には、併用できるメソッドのセットが含まれています。 .NET の MouseMove イベントを使用すると、プログラマは、凡例でのダブルクリックの処理、またはチャート ツール チップなど、アプリケーション固有の興味ある機能を作成できます。
  • ダブル バッファリング - ダブル バッファリングでは、オフスクリーン メモリ領域が使用され、画面を更新した場合のちらつきが少なくなります。
  • データのコピー - ComponentOne Chart では、ポイントごとにチャートにデータをコピーする代わりに、配列全体をコピーできます。これにより、パフォーマンスが改善されます。
  • 複数フォーマット イメージ生成

2D 機能の一部

  • 複数シンボル タイプ - さまざまなシンボル タイプから選択し、さまざまなシリーズのデータを表現します。
  • チャート タイプ - X-Y プロット、面グラフ、棒グラフ、HiLo チャート、HiLoOpenCloseチャート、ローソク足チャート、バブル チャート、円グラフ、レーダー チャート、ポーラー チャートにより、データを表示するさまざまな方法が提供されます。
  • 積み上げチャート - X-Y プロット、面グラフ、棒グラフ、レーダー チャート、プロット チャートは、積み上げて、より複雑なデータを狭い空間で表示できます。
  • 対話的なウィザード - Chart2D Wizard が設計され、チャート プロパティの作成と修正が、簡単で対話的になりました。チャート プロパティが手順ごとに表示され、チャートの作成や修正が、段階的で論理的に実行できるようになりました。
  • 凡例 - 凡例の体裁を完全に制御できます。 凡例での入力順序を反対にしたり、単一行の凡例タイトルを追加したりすることができます。
  • 注釈 - 任意の角度に注釈を回転できます。
  • CopyDataIn - CopyDataIn メソッドでは、DATE パレメータ タイプが受け入れられます。

3D 機能の一部

  • ビルトインのズーム、スケール、回転 - ユーザーは、マウスをグラフにドラッグし、ビューをダイナミックにカスタマイズできます。 ユーザーは、回転中、スケール中、ズーム中に、プレビュー キューブかグラフ全体を表示できます。
  • さまざまな 3D チャート タイプ - チャート タイプには、等高線グラフ、棒グラフ、散布図が含まれ、データを効果的に表示するさまざまな方法が提供されます。
  • 輪郭とゾーンをデータから自動生成 - ComponentOne Chart for .NET では、輪郭とゾーンを生成するため、指定したレベル数に基づいてデータが分析され、以下が作成されます。 それぞれのレベルをマークする Z 値を含む 1 次分配表。100 個のビルトイン スタイルから ContourStyles が割り当てられ、チャートでは、100 個のスタイルがレベル数に均等に分配され、使用するスタイルが判断されます。
  • 対話的な表示 - この機能では、プログラマとエンド ユーザー (実行時) の両者が、チャートの回転、シフト、ズームを実行できるようになります。 キーボードとマウスを組み合せて、さまざまな対話を実行できます。 プログラマは、この対話をデフォルト設定からカスタマイズし、エンド ユーザーが、チャート領域で対話的に操作できるようにすることが可能です。
  • 透明データ プロット - Chart3DElevation Transparency プロパティを使用し、透明度を設定できます。 データが透明に表示され、チャート データ背後のチャート領域が表示されます。
  • 4D チャート機能 - 4D Data Menu 項目を設定すると、チャートで 4D チャートを表示できます。つまり、プロットと輪郭生成に別のデータが使用されます。
  • 対話的なウィザード - Chart3D Wizard が設計され、チャート プロパティの作成と修正が、簡単で対話的になりました。チャート プロパティが手順ごとに表示され、チャートの作成や修正が、段階的で論理的に実行できるようになりました。
  • 凡例 - カスタム レベル、フィルタ処理凡例タイトル、単一行凡例タイトルを使用できます。
  • 強化されたグリッド ライン表示 - それぞれの色を含む線種に、グリッド ラインを割り当てることができます。
  • 柔軟なデータ レイアウト - 規則的か不規則なデータ構造を選択できます。
  • 境界 - 実線、押し出し、押し出し 3D、3D 挿入線、3D 押し出しベベル、3D 挿入ベベル、溝 (差し込み + 押し出し)、フィレット (押し出し + 差し込み)、二重線、破線など、境界スタイルの配列から選択できます。

商品検索

検索したい単語を入力して下さい:

ITプロフェッショナル向けソフトウェア

ComponentSourceは正規リセラーとして、250社を超えるアプリケーション開発ツール専門ソフトウェア開発元の製品を取り扱っています。

詳細 | About us

スクリーンショットギャラリー

フルスクリーンでプレビュー

 ComponentOne Chart for WinForms - .NET Winforms - 2015 v1のスクリーンショット  ComponentOne Chart for WinForms - .NET Winforms - 2015 v1のスクリーンショット  ComponentOne Chart for WinForms - .NET Winforms - 2015 v1のスクリーンショット  ComponentOne Chart for WinForms - .NET Winforms - 2015 v1のスクリーンショット  ComponentOne Chart for WinForms - .NET Winforms - 2015 v1のスクリーンショット
Award Award