Screenshot Preview

TrueChart for Windows Forms(日本語版)

by GrapeCity - 製品のタイプ: コンポーネント / .NET WinForms

TrueChart for Windows Forms 製品の単体販売は終了されました。現在は ComponentOne Studio Ultimate 又は ComponentOne Studio Enterprise にコンポーネントとして収録されています。

TrueChart for Windows Formsは、豊富なグラフ種と多彩なスタイルにより、精細なグラフイメージの作成を可能にするWindowsフォーム用コンポーネントです。自由度の高いカスタマイズ機能、積層化や重ね合わせといった拡張機能により、さまざまなグラフイメージに対応し、さらには、柔軟な外観設定、マーカー機能、特定データの強調表示、視覚エフェクト、ツールチップなど豊富な描画オプションが洗練された表現と視覚効果を存分に発揮します。独自の設計時デザイナの採用により、データソースの接続から描画オプションの設定まで簡単で効率のよいグラフ作成が可能です。新バージョンでは、ラベルの縦書き表示や積層棒グラフの区分線の対応など、お客様からのフィードバックを随所に盛り込んだ機能強化を行いました。TrueChart for Windows Formsはビジネスや経済、計測といったあらゆるシーンのグラフニーズに対応する、先進のグラフを提供します。

※ 現在お得なスイート製品ComponentOne Studioを販売しています。詳しくはComponentOne Studioのページをご覧ください。

新機能

縦書きテキスト
軸タイトルや軸ラベルなどのテキストを縦書きで表示できるようになりました。日本語表記に適しているほか、隣り合うラベルの重なりを避けるためにも有効です。

円グラフの方向
円グラフの方向を指定できるようになりました。グラフデータを変えることなく、時計回り、反時計回りを選択して表示することが可能です。

積層棒グラフの区分線
積層棒グラフに区分線を表示する機能を追加しました。グラフ間を結ぶ区分線は、比率の推移などを明確に表現したい場合に役立ちます。区分線のサイズや色を指定することも可能です。

レーダーチャートのグリッド線
レーダーチャートのグリッド線を多角形、円形から選択して表示できるようになりました。

補助目盛の追加
グラフ目盛に補助目盛が追加されました。補助目盛は、いくつかの副目盛を強調して読みやすくするために使用されます。


主な特長

自由度の高いグラフ拡張
2Dチャートでは13種類(プロットグラフ、エリアグラフ、HiLoチャート、ポーラチャート、レーダーチャート、ガントチャート、ヒストグラム、ステップチャート、バブルチャートなど)、3Dチャートでは3種類(曲面、棒、散布図)の基本グラフ種をサポートしています。さらに積層化や重ね合わせをはじめとする多彩なアレンジにより、ビジネスや経済、計測などさまざまな分野で必要とされるほとんどのグラフ種をカバーできます。豊富なプロパティやメソッドを利用することで、短時間で簡単に生成できます。

優れたグラフ表現
グラフを構成する各種要素(グラフ領域、軸、目盛、凡例、ラベル、シンボル、データ結線、アラームゾーン、マーカーなど)の外観を自由にカスタマイズできます。アンチエイリアス、アルファブレンディング、グラデーションなど、視覚効果を高めるエフェクトも用意されており、訴求力の高い鮮やかなグラフを思いのままに生成します。

充実の設計時サポート機能
独自のスマートデザイナテクノロジーを採用し、グラフ領域や軸、凡例、ヘッダ&フッタなどの要素のスタイルを、設計時にマウス操作で簡単に変更できます。また、ウィザードにより「グラフ種」、「データ」、「外観」のシンプルな3ステップで、選択内容を確認しながらのグラフデザインが可能です。ほかにも、使い勝手の良いプロパティエディタや、グラフ設定情報ファイルの保存/読み込みダイアログなど、設計を容易にする機能が満載。初心者でも驚くほど簡単にグラフデザインを行うことができます。

統計関数のサポート
関数グラフを描画するための組み込みエンジンを備えます。明示的な1変数関数とパラメータ関数の2種類の関数をサポートし、多項式、指数、対数、累乗、フーリエといった近似曲線や、独自の関数によるカスタム近似曲線を描画することが可能です。

マウストラッキング機能によるインタラクティブ操作
マウスカーソルをグラフ上でドラッグしたときに、イベントを使用してマウスポインタの下にある領域、系列、データ点の検出が可能なメソッドを用意し、これらのイベントやメソッドを活用することで、マウスポインタの移動に合わせたグラフ座標値の表示や、クリックされたデータ点の色の変更など、用途に合わせた多様なインタラクティブ機能を実装できます。

安心の無償アップデート
本製品はVisual Studio 2010対応版のサービスパックを無償提供しています。


主な機能

グレースケール表示のサポート
モノクロプリンタでの印刷を考慮し、グラフイメージをグレースケール表示できます。表示中のカラー配色に基づいてグレースケールに変換できるので、モノクロプリンタによる印刷結果のプレビュー作成や、実際の印刷時の品質向上に効果的です。内部の配色テーブルは変更されないため、カラー/モノクロ表示の切り替えは随時行うことができます。

配色パターンの指定
データ系列を追加した際に自動で割り当てられる描画色のパターンを、20種類以上の組み込みパターンや独自のパターンから指定できます。これにより、グラフデータの描画色を赤系統などの特定パターンで統一したり、任意の順番で描画色を指定したりできるようになります。

バッチ処理
BeginUpdateメソッド、EndUpdateメソッドによりバッチ処理を行うタイミングを明確に指定できます。複数の要素を同時に変更した場合でもグラフの更新を1回に抑えることができるため、パフォーマンスの向上が期待できます。

アラームゾーンのサポート
背景に色やパターンを指定して、グラフ内で特定の範囲を区別しやすくするアラームゾーンを表示できます。表示範囲だけでなく、形状(矩形、楕円、多角形)も自在に設定できるので、帯状の領域を表示させるベーシックな用法のほか、小さな領域をスポット的に表示することで、特定のデータの強調にも利用できます。

アルファブレンディングによるデータの透過
アルファブレンディングによる半透明処理を設定することができます。これにより、手前にプロットされたデータが透過されて、背後にあるデータやグラフ領域が見えるので、複数のグラフ種の重ね合わせ時や3Dグラフでのデータ相互の位置関係がより認識しやすくなります。

グラデーションとハッチパターンによる背景表示のアレンジ
2つの背景色による11種のグラデーションスタイルや54種ものハッチパターンを表示できます。これらの組み合わせにより、視覚効果を自在に演出できます。

グラフ設定情報の再利用
グラフの各種設定情報は、XML形式のテンプレートファイル、または文字列変数として保存できます。これらのファイルや文字列を読み込んで、各種設定情報を再利用できるので、グラフデザインを効率よく行えます。また、グラフデータの部分のみを保存することもできるので、データの再利用にも役立ちます。

グラフイメージの出力
作成したグラフのイメージは、サイズや画像形式を指定して、クリップボード、バイト配列、ストリーム、イメージファイルの4つのターゲットに保存できます。画像形式には、BMP、EMF、GIF、JPG、PNGをサポートしています。

グラフの印刷
グラフを印刷する機能としてPrintChartメソッドを用意しています。これにより、スケーリング、サイズ、および配置を指定してプリンタへ出力することができます。

グラフデータの設定
グラフデータは、配列による入出力のほか、ADO.NET データソースオブジェクトに対してDB接続が可能です。設定するデータ型として、Single、Double、Integer、Int16、Int64、Decimal、DateTime(VBの場合)をサポートします。

目盛のカスタマイズ
目盛同士の間隔や目盛ラベルの添付位置を指定でき、2Dチャートでは隣接する目盛ラベルが重ならないよう、表示角度も自由に指定できます。

  • 2Dチャート: ビジネスシーンでの利用を強く意識した日付、通貨、百分率といった実用性の高い定義済みのグラフ目盛をサポート。
  • 3Dチャート: 視点の位置に応じて奥行きのある目盛ラベルを描画。

軸のカスタマイズ

  • 2Dチャート: X軸、Y軸のデータ順序の反転や、グラフ方向の切り替えのほか、対数や百分率表示など幅広い応用が可能。ポーラチャート、レーダーチャートでは、軸の起点や回転方向を指定できる。
  • 3Dチャート: X軸とY軸の比率に加え、各軸の表示角度も指定可能。これにより、さまざまな視点からグラフ全体を捉えることができる。

商品検索

検索したい単語を入力して下さい:

ITプロフェッショナル向けソフトウェア

ComponentSourceは正規リセラーとして、250社を超えるアプリケーション開発ツール専門ソフトウェア開発元の製品を取り扱っています。

詳細 | About us

Award Award Award