ImageKit.NET3(日本語版) のライセンス

ImageKit.NET3(日本語版)のご希望のライセンス条件については、当社のNewtone専門のライセンス担当者にお問い合わせください。

開発ライセンスについて

ImageKit.NET3 を利用して開発される場合、1PC 毎に 1PC 開発ライセンスが必要です

  • 例1: ImageKit.NET3 を 1台のコンピュータにインストールして、1人で開発する場合
    ⇒必要なライセンスは、1PC 開発ライセンスです。
  • 例2: ImageKit.NET3 を 1台のコンピュータにインストールして、2人で開発する場合
    ⇒必要なライセンスは、1PC 開発ライセンスです。
  • 例3: ImageKit.NET3 を 2台のコンピュータにインストールして、1人で開発する場合
    ⇒必要なライセンスは、2PC 開発ライセンスです。

ライセンス認証について

ImageKit.NET3 の使用にはソフトウェア アクティベーション(ライセンス認証)が必要です。ライセンス認証は、当製品のライセンスが想定されている台数を超えるコンピュータ上で使用されていないことを確認するためのものです。 ライセンス認証は通常、製品版のインストール時に行いますが、完了するまでの猶予として一定期間を設けてあります。期限内にライセンス認証を完了していない場合、当製品での開発はできなくなります。ただし、機能制限状態に移行した後でも、ライセンス認証を行えば全機能が利用可能となります。

ランタイムライセンスについて

ImageKit.NET3 を使用してお客様が作成したアプリケーションは、ユーザ登録をしていただくことで、無償で配布できます。但し、Web Server ランタイムライセンスは別途ライセンス料が必要です。Web Server ランタイムライセンスの取り扱いに関しては弊社までお問い合わせください。