InstallAware Studio について

最新技術と機能を取り入れ、Windows用インストーラーの利点を生かしてソフトウェアを効率よくインストールするための優れたソリューション。

InstallAware は Windows Installer のためのソフトウェア・インストールのソリューションであり、他のセットアップ・ソリューションに見られる高額のコストや、急激な学習曲線を要求することなく、MSIcode スクリプティングによる迅速なセットアップを実現します。 InstallAware を用いることで、いかなるプログラミングやスクリプティングのスキルも要求することなく、これまでにはあり得なかった短い期間で、洗練されたインストーラーを実現します。 InstallAware は、Windows Installer のアドバンテージである迅速性と高生産性を活かすことで、最新の機能とテクノロジーを提供していきます。

InstallAware の機能

セットアップの作成コストを低減

  • Windows Installer の開発を簡素化 - InstallAware のパワフルな MSI コードにより、Windows Installer の条件や、簡明で可読性の高いセットアップ言語の利用、そして、インストールにおけるシーケンスとパラメータの透過的な管理などに対応することで、セットアップの作成を簡素化していきます。 ダイアログを用いたドロップイン・セットアップ・アクションにより、プログラミング・スキルを必要とすることなく、コンフィグレーションが実現されます。 MSIcode は、標準的な Windows Installer データベースパッケージを構築するため、告知のサポートや、オン・デマンドでのインストール、特権的なインストールといった、柔軟性の高い環境が実現されます。
  • 共通のインストーラーにより 64 Bit と32 Bit に対応 - ia64/x64 システムの検出とサポートを、Itanium/AMD64/EM64T を含めて可能にします。 InstallAware を用いることで、32 bit および  64 bit のカスタマーが共用できる、ハイブリッドな MSI の提供が実現されます。
  • 仮想マシンへのセットアップを検出・管理 -  InstallAware による、ターゲット・システムのチェックと、オペレーティング・システムが仮想マシン上で実行されている場合の検出に対応しました。 シンプルなチェックボックスを用いて、物理マシンへのディストリビューションだけに制限することも可能です。
  • コードの反映とビジュアル開発 - InstallAware の先進的な開発ツールには、ウィザード/テンプレート/ドラッグ&ドロップ編集/洗練されたタスクビューなどが含まれ、迅速な MSIcode 生成のメリットも加わります。 ビジュアルなツールを用いて瞬時にプロジェクトを開始した後に、ロジック分岐/変数/先進的なコンフィグレーション・オプションなどを加えるために、Code View へとモードを切り替えます。 InstallShield の孤立したスクリプトやビジュアル環境とは異なり、あるビューで設定を修正すると、他のビューにも直ちに変更が伝わります。
  • .MSI/.MSM ファイルのインポート - MSI データベースをダイレクトに読み込み、他のパッケージ・アプリケーションが作成したモジュールをマージした後に、InstallAware 内で編集することが可能です。
  • ダイアログ・デザイナー  - InstallAware のパワフルなダイアログ・エディタにより、15 種類の定義済みテーマのカスタマイズおよび、独自のテーマ・デザインに対応できます。 ビジュアル・コントロールの全領域での利用が可能であり、また、Explorer スタイルのブラウズ機能や、HTML / flash コンテナなども含まれます。
  • ワン・クリックでプリインストールに対応 - 作成されたセットアップからシングル・ステップで、Microsoft SQL Express 2005 や Crystal Reports といったテクノロジーの、モジュールおよびランタイムをディプロイします。以前に作成された関連インストールは、新しいプロジェクトへと自動的に追加されます。同様に、以前に作成されたシーケンス分岐に関しても、プラットフォームに応じて処理されます。
  • 複雑さを排除したカスタマイズ - InstallAware セットアップは、インストールの関係やスクリプト・エンジンに依存することなく起動できます。 コンピュータに関する深い知識や、Windows Installer の先端の情報を持っていなくても、独自のセットアップを完全にカスタマイズすることができます。
  • 先進的なワン・クリック・パッチ生成-新旧のセットアップを選択して Build Patch をクリックすると、先進的な圧縮機能が自動的に適用され、InstallAware が生成するネイティブの MSP ファイルがパッケージされます。
  • DLL を用いた拡張セットアップ - 特殊な機能の形式や Windows Installer シーケンスを必要とすることなく、セットアップの一部として各種 DLL を実行できます。MSIcode により、セットアップから DLL へのパラメータの受け渡しと、リターン値の統合が実現されます。
  • Plug-Ins を用いた拡張セットアップ  - InstallAware MSIcode とネイティブでインタラクトする、独自のセットアップ・プラグインを作成できます。 好みのプログラム言語を用いて、複雑なセットアップ・タスクに対応することで、面倒な MSI 制約や外部の開発環境から開放されます。
  • インターフェイスの自動化 - プログラムを用いて、セットアップの作成/修正/コンパイルが可能です。 あらゆる Windows アプリケーションから呼び出しが可能な、Win32 DLL での利用が可能であり、また、Web サーバー上の ASP スクリプトで用いる、COM オブジェクトとしても利用できます。
  • 統合されたプロダクト・コンフィグレーション管理 - プロダクトごとのコンフィグレーションを構築するための、すべての必要なコードを、プロジェクト内に取り込むことが可能です。さらに、コンパイラ変数により、異なる出力メディアや、プロダクト名、圧縮設定の指定が実現され、同一のソースから各種の機能セットを指定することさえ、可能になります。
  • 再利用が可能なスクリプト - Include Scripts コマンドを用いて、MSIcode の各ブロックを参照します。それにより、多様なセットアップ・プロジェクトで利用が可能な、セットアップ機能のコレクションが構築されます。
  • 統合されたデバッグ機能 -統合されたデバッガを用いて、セットアップを視覚的なデバッグを実現します。 変数参照をセットし、行ごとにコードをステップさせ、可変的な値をオーバーライドしていきます。
  • ダイナミック・スキャン・ツール - 選択されたディレクトリや、プロジェクトの機能に応じて、個々のアプリケーションにおけるファイルの依存関係を、自動的に追加していきます。
  • 簡潔な翻訳ツール - InstallAware のビジュアル・ローカリゼーション・ツールを用いることで、ユーザー・インターフェイスと MSIcode テキストの翻訳が可能になります。また、無償で再配付できるローカリゼーション・ツールを、オフサイト・サービスへ転送することで、そこでのローカリゼーションも可能になります。 コンパイル時あるいはランタイムで、言語を取り替えることができます。 MSIcode とユーザー・インターフェイスを変更をするとき、保持されている既存の翻訳部分を再利用することも可能です。
  • レガシー・プロジェクトのためのコンバーター - Wise/Inno Setup/NSIS からの、自動的なプロジェクト・ファイルのインポート/コンバートに対応しています。コンパイルされた InstallShield Express や InstallShield Basic MSI projects を、.MSI files としてインポートします。
  • .REG ファイルのインポート - REG files もしくは COM servers にストアされた、Registry Key や Value をダイレクトにインポートします。 Registry View からシンプルに Import をクリックすると、ファイルのブラウズが可能になります。
  •  
  • 自動修正フィールド - IDE の自動的な機能を用いて、一般的なエラーや勘違いを訂正することが可能です。適正なプロセスへとを導くために、否定的なヘルプやヒントも加えられます。

 基本的なインストール機能の完全なサポート

  • MSI の完全なサポート - すべての InstallAware セットアップにおいて、業界標準の Windows Installer テクノロジーと、Group Policy マネージメント機能がサポートされます。 プロプライエタリなランタイム・パッケージは必要とされません。 すべてのパッケージは、 Microsoft の Designed for Windows Logoの、アプリケーション・セットアップに関する標準仕様に準拠して構築されます。
  • 自己回復型のアプリケーション - InstallAware IDE の Advertised File Types オプションを選択することで、自己回復型のアプリケーション作成が可能になります。 プログラム・ファイルに対する変更は必要とされません。
  • オンデマンドによるインストール - InstallAware IDE の Advertised Shortcuts オプションにより、アプリケーションからの要望に応じて、そのインストールがアクティベイトされます。リモートからのダウンロードとインストールのために、(あらゆる URL とネットワーク・ファイル・パスを受け入れる)Web Media Block にソースファイルは配置されます。
  • 段階的なインストールへの対応 - InstallAware セットアップは、適切な Group Policy 設定を用いることで、セキュアなシステムやロックされたシステムであっても、完全なインストールをサポートします。
  • Windows Driver Install Frameworks (DIFx) のサポート - x86/x64/ia64 プラットフォーム用のドライバーをインストールします。 オプションとして、デバイスの状態を調査し、ワーニングの署名を管理し、プログラム項目を Add/Remove します。 完全なサンプル・プロジェクトが含まれますので、参照してください。

  ダンロード成功率を改善

  • Web を介したスクリプト対応のアップデート - 通知/ダウンロード/セットアップのプロセスを自動化することで、ユーザー・サイドにおけるソフトウェアのアップデートを容易にします。 追加の使用料は不要ですので、無制限のアップデートを気軽に行えます。 さらに、クライアントをアップデートするためのソースコードに関しても、プロジェクト内で完全にカスタマイズすることが可能です。
  •  
  • WebAware Installation™ テクノロジー -メインとなるセットアップ・ファイルから、テクノロジーへの依存性(.NET Framework など)や、稀にしか使用しない機能を取り除くことで、ダウンロード・サイズを低減します。メイン・セットアップは必要に応じて、それらを Web からシームレスにダウンロードしていきます。 最小のコンフィグレーションで必要とされるファイルが、 Web 接続を必要とせずにインストールが可能な、メイン・パッケージの中に取り込まれます。
  • 先進の圧縮機能 - LZMA 圧縮アルゴリズムと、BCJ2 圧縮プリ・プロセッサを用いることで、セットアップとダウンロード・パッケージのサイズを、最大で 1/5 以下のレベルへと引き下げます。 InstallAware は、Windows Installer セットアップに対して、先進的な圧縮機能を提供します。

  InstallAware の先進的なインストール・テクノロジー

  • ネストされたMSI セットアップの実行と、キャプチャ・プログレス- InstallAware Wizard 内に各種の MSI をシームレスにディプロイします。たとえネストからのキャプチャを行っている時であっても、その影響を受けることはありません。 MSI が提供する各種の機能セットをインストールしたセットアップを、コマンドラインから完全にカスタマイズすることが可能です。
  • すべての Windows プラットフォーム上でマルチ・インスタンスをサポート - 同一システム上にアプリケーションのマルチ・コピーをインストールする機能を、インスタンス変更の要求や、MSI 3.0 への依存性を加えることなく、エンド・ユーザーに提供します。Windows 95 から Windows 7 までをサポートします。
  • IIS のサポート - InstallAware は、IIS Web サイトの 開始/停止/インストールを容易にします。 また、バーチャル・フォルダーとアプリケーション・サーバーもセットアップします。 そして、パーミション/ログ/デフォルト・ページ/MIME タイプをコンフィグレーションします。
  • 依存性の解決 -対象となるプロジェクトに統合すべき、サードパーティーの MSI と  Merge Modules をアンパックします。そして、インストレーション・パッケージのサイズを更に低減するビルド・プロセスにおいて、アプリケーションの依存性に関する圧縮を、洗練された InstallAware の機能を用いて実現します。
  • .NET のサポート - .NET インストールを作成して、.NET Framework をディストリビューションします。 InstallAware を用いて .NET framework をディプロイすることで、そのサイズは最大で 67% まで圧縮されます。
  • 汎用的なデータベース・サポート - Microsoft SQL Server/Oracle Database/My SQL プラットフォーム上の、SQL スクリプトを実行します。それらのデータベースへの接続のために、クライアント・ソフトウェアがターゲット・システム上で必要とされることはありません。 現時点で、SQL Server インスタンスに関しては、ネットワーク上で自動的に検出されます。
  • Java インストールのサポート - Windows システム上の、Java Virtual Machines とランタイム環境でのプリ・インストールをサポートすることで、Java アプリケーション・インストールをビルドします。 プロジェクトに関する、完全なサンプルが含まれます。
  • シリアル・ナンバー生成 - 新しいサンプル・プロジェクトにより、25桁のシリアル・ナンバー・ジェネレーターを構築し、また、ユーザ名/会社名/他の基準といった変数に基づいて、ウィザード上でシリアルナンバーの妥当性を検査するMSIcode を提供します。 このシリアル・ナンバーが、単純な数字の範囲に制限されることはありません。
  • マルチコア圧縮 - デュアル・コア/ハイパースレッド・プロセッサ/マルチコア・システムの自動的な検証により、マルチ CPU(論理)にまたがり、ビルド時間をリニアに低減する、圧縮タスクが実現されます。
  • Dynamic Feature Lists - ターゲットの条件やユーザーの所有資格をベースにした、プロジェクトの機能を定義するために、MSIcode と変数を使うことができます。InstallAware だけが、ランタイムにおける機能レベルのカスタマイズに対応しています。
  • システム・トレイ上に最小化されたセットアップを表示 – 新規のSystem Tray MSIcode コマンドにより、システム・トレイ上のアイコンとして、対象となるセットアップを最小化することが可能です。プロセスからの通知が必要なときに、MessageBalloon コマンドを用いて、ユーザーに知らせることが可能です。
  • スケジューリングされたWindows タスク - 新規の Schedule Task MSIcode コマンドにより、ローカル・マシン上で実行するジョブをセットアップします。 インターネット接続を確認し、プログラムを開始した後に、コマンドラインにパラメータを渡します。

  InstallAware のユーザー・エクスペリエンス

  • ユーザー・インターフェイスの刷新- 最新のビジュアル・テーマを表示する、セットアップを提供します。 15 種類のユニークなダイアログ・テーマおよび、ノン・レクタングルのセットアップ・ウインドウ、そして Flash やHTML を用いたビルボードにより、さらにインタラクティブで洗練されたセットアップを実現します。
  • ユーザー・フィードバックとプロダクト登録の収集 - 容易に編集できるサンプル・プロジェクトにより、インストール・プロセスのパートとしての、オンライン・ユーザー登録の方式を例証します。 ユーザーがアン・インストールを行う際には、プロダクト・フィードバックの要求と、Web サイトへのサブミットを、このプロジェクトにより実施します。
  • ダイナミックなユーザー確認 - 提供される認証サンプル・プロジェクトを利用して、対象となる Web サイトへのパラメータや資格証明の受け渡し、および、要求される認証の検索とローカル・ファイルへの保存が実現されます。  特定の機能もしくは、セットアップ全体に対して、オープンにアクセスします。
  • 以前のバージョンの自動的な削除 - 以前のバージョンが検出された場合には、 InstallAware はインストールを続行する前に、そのアンインストールに関する選択を自動的に提供します。 他の Windows Installer ツールの場合には、単にセットアップが失敗して、終了するだけです。
  • CD ブラウザの自動実行 - プロダクトCDが差し込まれるときに自動的に表示される、シンプルでフル・カスタマイズに対応するウィザードを作成することが可能です。 それにより、ユーザーによるセットアップの開始と、ドキュメントの参照、Web ブラウザの起動、そして、対象となる Web サイト上でのリソース参照が実現されます。 すべての MSIcode 機能を、CD Browser 内でも利用することが可能です。

  InstallAware による、エンタープライズ・ソフトウェアのディプロイメント

  •  セットアップの再パッケージング - インストール・プロセスの間に実行されるシステム変更をキャプチャすることで、セットアップを Windows Installer フォーマットにコンバートします。 パッケージのクリーンアップ・タスクを軽減するために、強化された機能です。
  • Active Directory と企業内ディプロイメントのサポート - InstallAware セットアップを、Group Policy Objects や他のソフトウェア配信システムを介して、容易にディストリビューションすることが可能です。
  • アクセス・パーミッションの設定 - システム・リソースに対するパーミションを、シングル・スクリプト・コマンドにより、制限/許可することが可能です。 グループを管理し、特権アカウントに名前を付けることで実現されます。

  InstallAware が提供する 4つのエディション

それぞれのエディションの機能を、以下に示します:

機能/エディション Express Edition Developer Edition Studio Edition  Studio Admin Edition 
デザイン機能        
スタンドアローン IDE
ビジュアル・ウィザード
セットアップ・キャプチャ(再パッケージング)      
自動的な Vista サーティフィケーション・コンプライアンス
ダイナミックなファイル・リンク
ダイナミック機能  
スクリプティング  
統合された 2種類の編集環境(Visual/MSIcode)  
ワンクリックによるパチ
デバッガ    
サービス のサポート
データベースのサポート
コンパイラ指定    

Manual ICE Validation

?????

インターフェイスの自動化      
Web アプリケーション
無制限の Web アップデート
Web を介したクライアント・ソースコードのアップデート  
MSI/MSM Windows Installer Database のインポート      
テクノロジーのサポート        
LZMA/BCJ2 圧縮
マルチコア圧縮
256 bit AES 暗号
Windows Installer
モジュールのマージ
Web Media Blocks (部分的な Web ディプロイメント/Web 検知型インストール)
インタラクティブな Flash 掲示板
インタラクティブな HTML 掲示板
保守/修理のインストール
DIFx 2.01 のサポート
ワンクリックによる 64 bit のサポート
同一パッケージによる 32/64 bit Windows のサポート  
スクリプトによるアン・インストール  
Windows Installer 用の純正スクリプティング(MSIcode スクリプティング)  
拡張性        
EXE 形式への対応
プラグインのサポート  
各種 DLL 機能のコール  
統合されたスクリプティング(Install/Maintain/Uninstall)  
インターナショナル・サポート        
言語のサポート 35カ国 35カ国 35カ国 35カ国
基本パッケージに含まれる言語 35カ国 35カ国 35カ国 35カ国
言語の編集
再配布可能な翻訳環境
ランタイム・ダイアログ        
定義済のセッテアップ・テーマ 15種類 15種類 15種類 15種類
定義済のランタイム・ダイアログ 265種類 265種類 265種類 265種類
ダイアログ・エディタ    
新規セットアップ・テーマの作成    
ダイアログで利用可能なコントロール     38種類 38種類
スクリプトによる自動変数の受け渡し    
アルファ・ブレンディングと透過性    
ビルドと配布メディア        
CD / DVD
自己解凍型の EXE
簡易型セットアップ(ランタイムが不要)
特殊なバイナリ・パッチ
Web Media Blocks による部分的なディプロイ(Web検知型インストール)
セットアップ実行形式におけるカスタム・アイコン
リリース管理(マルチ・ビルド)
コマンドラインによるビルド・ツール  
署名コード
再配布可能なビルド・インターフェイス    
Web ベースの自動化されたインターフェイス      
自動化されたインターフェイス      
ターゲット・プラットフォーム        
Windows 95/98/Me/NT4/2000/XP/2003/Vista/2008/Windows 7
.NET Framework
Internet Information Services (IIS)
Microsoft SQL Server
My SQL
Oracle, Oracle Net
MSI ランタイムのプリ・インストール
.NET Frameworkのプリ・インストール
.NET Framework 1.1 with Service Pack 1のプリ・インストール
.NET Framework 2.0 with Service Pack 2のプリ・インストール
.NET Framework 3.0 with Service Pack 2のプリ・インストール
.NET Framework 3.5 with Service Pack 1のプリ・インストール
Internet Explorer 6のプリ・インストール
Internet Explorer 7のプリ・インストール
Internet Explorer 8のプリ・インストール
Java Virtual Machineのプリ・インストール
Microsoft SQL Server Express 2008 with Service Pack 1 のプリ・インストール