OpenPGP Library for Java について

Javaアプリケーションに暗号化機能を組み込み

OpenPGP Library for .NETライブラリに含まれている主な機能は、OpenPGPための暗号化方法、復号化、クリア署名(サイン)を行える、ワンパス署名及びに暗号化、復号化、そして検証、キージェネレータ、キーストアもファイルにあるキー両方もサポートできる」です。完全にマネージド コードで記述されたし、外部第三者の依存関係はまったくない。OpenPGPライブラリで復号化されたファイルそして、暗号化されたファイルは下記のソフトウェアで開くことができる。使われるソフトウェアは、PGP ®、PGP ® Universal Server、 McAfee E-Business Server、GnuPG (gpg)、WinPT そして、Articsoft FileAssurityです。

OpenPGP Library for Java 機能

  • 純粋なJava OpenPGPソフトウェア開発キット
  • たった数行のコードの利用しやすいAPI(アプリケーションプログラムインタフェース)
  • OpenPGPとGnuPGとの互換性
  • LinuxやUnix、 Windows、 Mac OS Xなど と Java 1.4が入ったすべてのシステムでぞ動作
  • ロイヤリティー・フリーの分配

JavaのためのOpenPGPは、下記ための例を含む

共通機能

  • 暗号化
  • 復号化
  • 署名(サイン)
  • 検証
  • 署名(サイン)暗号化
  • 復号化検証
  • クリア署名(サイン)

キー・ストアとキー生成

  • RSA 鍵を生成
  • DH/DSS 鍵を生成
  • キーストアをインポート
  • キーをエキスポート
  • キーを削除
  • 鍵・暗証番号を変更

キーを取り消す

  • OpenPGPにキーが取り消されることの紹介
  • 直接にキーを取り消す
  • 取り消しの証明書
  • 指定取り消し者

高度な特徴や機能

  • 常用としての暗号を設定(共通鍵暗号アルゴリズム)
  • 常用としての圧縮を設定
  • 常用としてのハッシュを設定