SlickEdit for Solaris SPARC (英語版)

Visual SlickEditは、開発者が作業のしやすい ワークベンチとして使える非常に優れたコードエディタです。プログラミング言語の数にかかわりなく、開発者と開発者チームは、より効率的に、より早くプロジェクトを開発(作成、編集、構築、実行、デバッグ)することができます。Windows、Linux、そしてほとんどのUNIXプラットフォーム上で広範囲のプログラミング言語(C/C++、C#、Java、COBOL、HTML、XMLなど)、各種のファイル、コード体系(Unicode、S/DBCS(単バイト/2バイトコード系)、EBCDICなど)をわずか1つのVisual SlickEditコードエディタがサポートします。

もうC#プロジェクト用にVS.NETを使用したり、Javaプロジェクト用にJBuilderやWSAD、Eclipseにジャンプしたりする必要はありません。Visual SlickEditは、JavaやC/C++のネイティブデバッガと固有の構築環境を備えており、ほとんどのバージョン管理システムをサポートしています。

作成、編集、構築、実行、デバッグをより早く
開発者は、Visual SlickEditの強力な複数言語対応ツールを使用して、コードをより短期間で作成し、効率的に管理することができます。図形を多用したプロジェクトツールによって、マシンの設置場所にかかわらず、コードの編成や解析、管理を効率よく行えます。Visual SlickEditの特筆すべき高度な機能は、Context TaggingTMによって言語に固有なコードをサポートしていることです。DIFFzillaTM分離(differencing)システムは、ファイルやディレクトリの差異を比較編集し、バージョン管理に3ウェイマージを採用しています。

Visual SlickEditの多彩な機能...

最新ニュース

SlickEdit for Solaris SPARC 2018(ビルドv23.0.0)
SlickEdit for Solaris SPARC 2018(ビルドv23.0.0)
Gradleを使用してビルド可能なJavaプロジェクトを作成するための新しいプロジェクトテンプレートを追加
SlickEdit for Solaris SPARC 2017(ビルドv22.0.0)
SlickEdit for Solaris SPARC 2017(ビルドv22.0.0)
.gzファイルを解凍せずに読み取り可能
SlickEdit for Solaris SPARC 2016(ビルドv21.0.1)
SlickEdit for Solaris SPARC 2016(ビルドv21.0.1)
Groovy言語に対応、コードの整形ツールと検索&置換の新しいミニダイアログを搭載、パフォーマンスを向上
SlickEditがAndroidアプリをサポート
SlickEditがAndroidアプリをサポート
ビルド、あるいは再ビルドでAndroidプロジェクトをクリーンにできます。

価格:¥ 70,700 (税抜)〜

1 ソフトウェアに付き、1 開発ライセンス、 ご注意:開発コンカレントライセンスをご購入する場合はシリアルキーを発行するため、お客さまの詳細を確認する必要がございます。そのためアンロック用のシリアルキーを発行するまで時間がかかる場合がございますのでしばらくお待ちください。

ご質問がありますか?

今すぐ SlickEdit ライセンススペシャリストとライブ チャット

SlickEdit
公式認定ディストリビューターとして SlickEdit 社の正式ライセンスをお客様に直接お届けいたします。
OS
  • Sun Solaris 10
  • Sun Solaris 9 OE
  • Sun Solaris 8
  • Sun Solaris 7

受賞歴

PublisherPublisherPublisher