WebCharts3D(日本語版)

WebCharts3Dは、高機能デザイナで美しいチャートを短期間で開発できるJavaチャートコンポーネントです。Eclipse上で利用することもできるGUIデザイナがチャートの外観デザインからデータソース設定、テスト実行時のプレビュー、ソースコードの自動生成にいたるまでバックアップ。グラフィカルなチャートをノンコーディングでJavaシステムに実装できます。多彩なチャート種と豊かな表現力、実行形態に合わせた7種のソースコード生成機能により、さまざまな環境でのチャートシステム開発が可能です。基幹システムに蓄積されたビジネスデータを迅速に視覚化し的確な意思決定を支援します。

WebCharts3Dでできること

訴求力の高い美しいチャートを生成したい
WebCharts3Dは数多くの種類のグラフやチャートに対応しています。棒、円、折れ線といった基本グラフや株価チャートなどの専門グラフに加え、アナログメーターのような外観のゲージや、地図のように塗りわけができるマップなど、リッチなユーザーインタフェースのチャートを開発することができます。さらに、これらのチャートを美しく表現するためのスタイルも豊富です。3D描画による立体的な形状表現、グラデーションなどの色彩表現、アニメーションやポップアップラベル、クリッカブルマップといったアクション表現を提供。Javaシステムに訴求力の高いチャート出力機能を付与できます。

特殊なグラフの生成に対応したい
WebCharts3Dは学術分野や統計分析、工程管理分野などで利用される特殊なグラフの生成にも対応しています。統計用チャートでは、度数分布を表すヒストグラムやデータ系列の相関を解析して近似線を追加する回帰グラフなどを提供。工程管理や業務フロー向けにはタスク別にスケジュールを表示できるガントチャートや...

最新ニュース

WebCharts3D(日本語版)がバージョンアップ
WebCharts3D(日本語版)がバージョンアップ
データの構成比率をファンネル(漏斗)形で表現するファンネルチャート、左右に広がるY軸使用して階層別のデータ構成を表現するスプレッドチャートを追加しました。
開発ライセンス:本製品の機能を組み込んだアプリケーションを開発できます。コンピュータ1台に対して1ライセンス必要です。 サーバー運用ライセンス: 本製品の機能を組み込んで開発したサーバーサイドアプリケーションを運用できます。サーバー1台に対し、プロセッサーの種別とコア数に応じたライセンスが1つ必要です、 運用時に利用する「サーバー運用ライセンス」のスタンバイ用で、冗長システムで利用できます...

ご質問がありますか?

今すぐ GrapeCity ライセンススペシャリストとライブ チャット

GrapeCity
公式認定ディストリビューターとして GrapeCity 社の正式ライセンスをお客様に直接お届けいたします。
コンポーネントのタイプ
  • Java Class

受賞歴

PublisherPublisherPublisher