WebCharts3D(日本語版) について

デザインから実装までJavaチャートをグラフィカルに開発。

WebCharts3Dは、高機能デザイナで美しいチャートを短期間で開発できるJavaチャートコンポーネントです。Eclipse上で利用することもできるGUIデザイナがチャートの外観デザインからデータソース設定、テスト実行時のプレビュー、ソースコードの自動生成にいたるまでバックアップ。グラフィカルなチャートをノンコーディングでJavaシステムに実装できます。多彩なチャート種と豊かな表現力、実行形態に合わせた7種のソースコード生成機能により、さまざまな環境でのチャートシステム開発が可能です。基幹システムに蓄積されたビジネスデータを迅速に視覚化し的確な意思決定を支援します。

WebCharts3Dでできること

訴求力の高い美しいチャートを生成したい
WebCharts3Dは数多くの種類のグラフやチャートに対応しています。棒、円、折れ線といった基本グラフや株価チャートなどの専門グラフに加え、アナログメーターのような外観のゲージや、地図のように塗りわけができるマップなど、リッチなユーザーインタフェースのチャートを開発することができます。さらに、これらのチャートを美しく表現するためのスタイルも豊富です。3D描画による立体的な形状表現、グラデーションなどの色彩表現、アニメーションやポップアップラベル、クリッカブルマップといったアクション表現を提供。Javaシステムに訴求力の高いチャート出力機能を付与できます。

特殊なグラフの生成に対応したい
WebCharts3Dは学術分野や統計分析、工程管理分野などで利用される特殊なグラフの生成にも対応しています。統計用チャートでは、度数分布を表すヒストグラムやデータ系列の相関を解析して近似線を追加する回帰グラフなどを提供。工程管理や業務フロー向けにはタスク別にスケジュールを表示できるガントチャートや、情報の階層表示に適したツリーなどを用意しています。そのほかにもデータ量を色分けされた面積で表すカラーマップや温度変化を色で表現するヒートマップなどあらゆる分野のデータを視覚化するためのチャートを提供します。

簡単な操作で素早くチャートをデザインしたい
WebCharts3Dでは、自由なカスタマイズが可能なチャートテンプレートを140種類以上用意しています。テンプレートはデザイナで読み込み、軸や凡例、タイトル、グラフエリアといった各種要素を編集することで柔軟にカスタマイズできます。また、デザイナにはプレビュー用の簡易Webサーバーが付属。アプリケーション本体を実行してチャートを生成しなくてもデザイン結果をブラウザで確認できるため、微調整にかかる時間を大幅に短縮しイメージどおりのチャートを短期間で設計できます。

チャートアプリケーションの開発工数を削減したい
WebCharts3DのGUIデザイナはチャートシステム開発に必要な機能をすべてカバーしています。各種グラフ要素のプロパティ設定やプレビューを行うデザイン機能はもちろんのこと、実行結果をブラウザに表示する簡易Webサーバー、JSP、JSF、Swingなど7種のJavaコードの生成機能、データソースの設定などを備えています。デザインから実装までチャートアプリケーション開発のプロセス全体を強力にバックアップし、開発工数の短縮に貢献します。

運用環境と同じデータを利用したチャート設計したい
WebCharts3Dは外部データを利用してチャートを設計することもできます。XML形式やCSV形式ファイルのインポートに対応するほか、JDBC 経由でデータベースクエリのデータセットを直接読み込むことも可能です。デザイン段階から運用時と同じデータを利用することで設計からテストまでをシームレスに行えます。

チャートのデザインを再利用したい
WebCharts3Dで作成したチャートのデザインは外部ファイルとして保存、再利用が可能です。デザイナで各グラフ要素に設定した色や書式といったスタイル情報は、XML形式の定義ファイルとして出力できます。保存した定義ファイルはアプリケーション実行時に呼び出して、動的にチャートの外観を変更させたり、アプリケーション内のチャートをすべて同じ外観に統一したりするなどさまざまなシーンで活躍します。たとえば、同じデータソースから折れ線グラフと棒グラフを設計し、それぞれを定義ファイルとして保存。アプリケーション実行時に定義ファイルを切り替えることで動的にチャート種を変更するといった使い方ができます。