GrapeCity / Afterlogic - ベストセラー商品

  1. リリースノート: ASP.NET Coreへの対応や、JSビューワなどのWeb帳票開発機能が大幅に進化。 ASP.NET Coreに対応:ページレポート・RDLレポートをASP.NET Coreアプリケーションで利用できるようになりました JSビューワ〈Professional限定機能〉:JavaScriptのコンポーネントとしてさまざまなWebアプリケーションに組み込み可能な帳票ビューワを追加 Webデザイナコンポーネント〈Professional限定機能〉 ... 続きを読む この製品についてさらに結果を表示します。

  2. リリースノート: CSV出力でヘッダの有無設定を追加。 CSV出力でヘッダの有無: CSVでエクスポートするときに、ヘッダ情報を削除するかどうかを設定 ライセンス認証マネージャーの更新 TLS1.0に加えて、TLS1.1/1.2に対応 名称を「PowerToolsライセンス認証マネージャー」から「GrapeCityライセンス認証マネージャー」に変更 レポートエンジン イベント処理でPictureコントロールに画像をセットするとメモリリークが発生する PrintOptions.Watermark ... 続きを読む

  3. リリースノート: 新元号「令和」とVisual Studio 2019に対応。 新元号「令和」に対応 開発環境の対応開発ツールとして「Visual Studio 2019」を追加   レポートエンジン 特定のケースにおいて、不正なPDF417バーコードが生成される場合がある 長体機能を使用しているとき、2ページ目以降の1行目に2行目の縮小率が適用される デザイナ Tableにグループが複数あるとき、フッターの高さをデザイナで正しく設定できない Tablixのセルを結合し、行の高さを変更すると例外が発生する ビューワ ... 続きを読む

  4. リリースノート: GS1QRコードやIVS文字への対応など日本固有要件に対応するための機能強化。 ASP.NET Coreに対応:ページレポート・RDLレポートをASP.NET Coreアプリケーションで利用できるようになりました 新しいChartコントロール:ページ・RDLレポートのChartコントロールをリニューアルし、新しいチャート形式としてポーラーチャートとスパイラルチャートが利用可能  ページ・RDLレポートの結合機能​:複数のページレポート・RDLレポートを結合して出力可能 GS1QRコード​:商品コード ... 続きを読む この製品についてさらに結果を表示します。

  5. リリースノート: CSV出力でヘッダの有無設定を追加。 CSV出力でヘッダの有無: CSVでエクスポートするときに、ヘッダ情報を削除するかどうかを設定 ライセンス認証マネージャーの更新 TLS1.0に加えて、TLS1.1/1.2に対応 名称を「PowerToolsライセンス認証マネージャー」から「GrapeCityライセンス認証マネージャー」に変更   レポートエンジン イベント処理でPictureコントロールに画像をセットするとメモリリークが発生する PrintOptions.Watermark ... 続きを読む

  6. リリースノート: 新元号「令和」とVisual Studio 2019に対応 新元号「令和」に対応 開発環境の対応開発ツールとして「Visual Studio 2019」を追加 レポートエンジン 特定のケースにおいて、不正なPDF417バーコードが生成される場合がある 長体機能を使用しているとき、2ページ目以降の1行目に2行目の縮小率が適用される デザイナ Tableにグループが複数あるとき、フッターの高さをデザイナで正しく設定できない Tablixのセルを結合し、行の高さを変更すると例外が発生する ビューワ ... 続きを読む

  7. リリースノート: 製品ヘルプの改訂と不具合修正 不具合修正 製品ヘルプの改訂 新しいスタイルシステムを有効にしてSaveExcelメソッドを呼び出すと、セルのForeColorに設定していたシステム定義色がARGB値に変化する シートに連結列と非連結列が存在する場合、CopyRangeメソッドおよびSwapRangeメソッドが正しく動作しない シートの情報をシリアル化した状態でExcelエクスポートすると、シートおよびExcel上でセルの結合状態が変化する場合がある ... 続きを読む この製品についてさらに結果を表示します。

  8. リリースノート: ライセンス認証マネージャーの更新と不具合修正  製品ヘルプの改訂  ライセンス認証マネージャーの更新 複数のキーを指定してSortRowsメソッドを実行した場合に、最初のキーに対応するソートが行われない AutoFilterModeプロパティをFilterBarに設定しテキストのコンテキストメニューを表示するとフィルタが正しく実行されない場合がある CopyRangeメソッドの実行時に結合と罫線が正しくコピーされない場合がある 旧バージョンでフッタに設定したR1C1形式の数式が12 ... 続きを読む

  9. リリースノート: 新元号「令和」とVisual Studio 2019に対応。 Visual Studio 2019に対応しました 新元号の対応:GcDateコントロール、GcDateTimeコントロール、GcCalendarコントロールで新元号に対応。 祝日定義ファイルの更新:製品に収録されている「祝日定義ファイル」(Holiday.xml)を更新し、天皇陛下即位と東京オリンピック/東京パラリンピックに関連して変更される祝日に対応 「元年」表示書式の対応:ドロップダウンカレンダー ... 続きを読む

  10. リリースノート: Adds .NET Core 3.1 support, Blazor charts and WebAssembly support. Studio Enterprise Subscribers Get More - Starting with 2020 v2, GrapeCity have merged Studio Enterprise and Ultimate bundles at the lower subscription price. If you have Studio Enterprise, ... 続きを読む この製品についてさらに結果を表示します。

  11. リリースノート: Includes new Blazor UI controls, plus new cross-platform data components for .NET. ComponentOne Blazor Edition - Use your existing C# programming skills on the server and client with UI controls built natively for Blazor. Enable high performance, tabular ... 続きを読む

  12. リリースノート: New in Wijmo Build 5.20193.646 Vue Updates Added wj-item-template component, which allows you to define items content as a Vue template (with an arbitrary HTML, custom components and bindings), for the item components like wj-list-box, wj-combo-box, wj ... 続きを読む

  13. リリースノート: Adds support for .NET Core 3.1. .NET Core 3.1 Support - For anyone using ActiveReports in a .NET Core 2.x or 3.0 application, it's recommend that you upgrade to .NET Core 3.1 and ActiveReports 14.1. The main benefit of .NET Core, aside from ... 続きを読む この製品についてさらに結果を表示します。

  14. リリースノート: Adds support for .NET Core and .NET Core 3. .NET Core and .NET Core 3 Support - ActiveReports now provides native support for .NET Core. It is now also possible to create applications targeting .NET Core 3, that run on Linux and MacOS in addition to ... 続きを読む

  15. リリースノート: Improves memory consumption when rendering reports with high res images. Improved CSV Data Provider - Added the ability to load CSV data from a URL in Page and RDL reports. This makes using dynamic CSV data, or data stored in a central location, much ... 続きを読む

  16. リリースノート: Adds Conditional Formatting Rules Manager. Important Changes to Licensing - Starting with 2020 v2, ComponentOne is issuing a new serial key and licensing system. If you have an active subscription, then there's nothing you'll need to do right ... 続きを読む この製品についてさらに結果を表示します。

  17. リリースノート: Parse and evaluate formulaic expressions using CalcEngine for .NET. New FilterEditor component shares the DataFilter Engine and enables end-users to easily build category-based and/or filter expressions. The control can be bound to a data source and it ... 続きを読む

  18. リリースノート: Adds Fluent Ribbon UI, FlexGrid row details, and FlexChart runtime designer. Deliver the Latest Ribbon UI in your Desktop Apps - The new Ribbon for WinForms is built on .NET 4.5.2 and it's based on UI concepts of Microsoft Office 365. With it you 続きを読む

  19. リリースノート: .NET Core 3.1の新しい環境に対応。 [InputMan/PlusPak/JPAddress] .NET Core 3.1に対応 [PlusPak] 今日の表示書式:GcCalendar コントロールに TodayFormatプロパティを追加し、カレンダーの今日領域に表示する日付の表示書式に設定可能 [InputMan] SP4のJPAddressをインストールすると、郵便番号コントロール、住所コントロール、住所検索コンポーネントが使用できない [PlusPak] ... 続きを読む この製品についてさらに結果を表示します。

  20. リリースノート: IMEコンポーネント(GcIme)に以下のオーバーロードメソッドを追加 [InputMan] IMEコンポーネント(GcIme)に以下のオーバーロードメソッドを追加しました。 GetConversionList(<List(Of String)>) メソッド GetReverseConversionList(<List(Of String)>) メソッド [InputMan/PlusPak/JPAddress] ライセンス認証マネージャーを更新 [PlusPak] ... 続きを読む

  21. リリースノート: 新元号「令和」とVisual Studio 2019に対応。 [InputMan/PlusPak/JPAddress] Visual Studio 2019に対応しました [InputMan/PlusPak] 新元号の対応:GcDateコントロール、GcDateTimeコントロール、GcCalendarコントロールで新元号に対応。 祝日定義ファイルの更新:製品に収録されている「祝日定義ファイル」(Holiday.xml)を更新し、天皇陛下即位と東京オリンピック ... 続きを読む

  22. リリースノート: FilterEditor追加でグリッド、リスト、ツリービューなどにフィルタリング操作を提供。 FlexGridの強化 データ検証の強化:System.ComponentModel.DataAnnotations名前空間に含まれる属性Required、StringLength、Range、Compareをサポートするようになりました。また、DisplayAttribute属性のうち、Orderパラメータの指定にも対応しました。これにより、FlexGridで列が生成される際のフィールド順を指定できます。 ... 続きを読む この製品についてさらに結果を表示します。

  23. リリースノート: Office 2019(Office 365)スタイルの新しいリボンコントロールを搭載。 .NET Coreの最新バージョン「.NET Core 3.0」へ対応したNuGetパッケージを提供します。 FlexGridの強化 詳細行のサポート: ネストされたFlexGridやInputPanelを詳細行として表示できます。独自の詳細行コントロールを実装することも可能です。 検索定義の取得: C1FlexGridSearchPanelを使用して検索を実行した際の検索定義をXML形式で取得および設定できます。 ... 続きを読む

  24. リリースノート: ゲージコントロールBulletGraph(ブレットグラフ)機能を追加。 WinForms/WPF/UWPの新機能 Visual Studio 2019をサポート:Visual Studioの最新バージョン「Visual Studio 2019」をサポート 新元号をサポート:2019年5月1日に実施される改元で制定される新元号「令和」をサポート C1Gaugeの強化〈Windows Forms〉:BulletGraphコントロールを提供 FlexPivotの強化〈Windows Forms〉 ... 続きを読む

  25. リリースノート: .NET Core 3.1に対応したNuGetパッケージを提供 Update 5に含まれている各製品のバージョン名: MultiRow for Windows Forms 10.0J SP5 CalendarGrid for Windows Forms 2.0J SP4 [MultiRow/CalendarGrid]     .NET Core 3.1に対応 [MultiRow] GcCalendarCell(PlusPakCell)に TodayFormatプロパティを追加し ... 続きを読む この製品についてさらに結果を表示します。

  26. リリースノート: 新元号「令和」とVisual Studio 2019に対応。 [MultiRow/CalendarGrid] Visual Studio 2019に対応 [MultiRow/CalendarGrid] 新元号の対応:日付コントロール、日付時刻コントロールおよびカレンダーコントロールで新元号に対応 祝日定義ファイルの更新:製品に収録されている「祝日定義ファイル」(Holiday.xml)を更新し、天皇陛下即位と東京オリンピック/東京パラリンピックに関連して変更される祝日に対応。 「元年」表示書式の対応 ... 続きを読む

  27. リリースノート: RemoteAppと.NET Framework 4.7.2に対応。 Update 2含まれている各製品のバージョン MultiRow for Windows Forms 10.0J SP2 CalendarGrid for Windows Forms 2.0J SP1 [MultiRow/CalendarGrid]の更新内容 .NET Framework 4.7.2に対応しました。 RemoteAppに対応しました。   [MultiRow] ... 続きを読む

  28. リリースノート: Safari for iPadOSに対応。 Safari for iPadOSに対応しました。 クライアント側スクリプトのClearメソッドがコマンドバーのカットボタンと同じ動作になる Ajaxコンボボックス型セルを幅が552ピクセル以上の列に設定すると、セルの右側に余白ができる 1レコード複数行表示を有効にした状態でソートを行う際、ダブルクリックした列ヘッダとは異なる列がソートされる場合がある Microsoft EdgeやInternet Explorer ... 続きを読む この製品についてさらに結果を表示します。

  29. リリースノート: 不具合修正とライセンス認証マネージャーの更新。 ライセンス認証マネージャーの更新 TLS1.0に加えて、TLS1.1/1.2に対応 名称を「PowerToolsライセンス認証マネージャー」から「GrapeCityライセンス認証マネージャー」に変更 ロードオンデマンドが有効になっている場合にInputManの検証機能が正しく動作しない 和暦を設定した日付型セルに対してExcelフィルタを設定すると、アプリケーション起動時に例外が発生する ... 続きを読む

  30. リリースノート: 新元号「令和」とVisual Studio 2019に対応。 新元号「令和」に対応 Visual Studio 2019に対応 AjaxComboBoxCellTypeのドロップダウンリストを画面の下部で展開した際に、リストが見切れてブラウザのスクロールバーが表示される タッチパネルが有効なPCにてChrome上でSPREADを表示するとスクリプトエラーが発生する Repeaterコントロール内で使用すると、水平スクロール時にヘッダがスクロールされない 子階層のセルに条件付き書式を設定すると ... 続きを読む