Visual Studio 2012 / GrapeCity - ベストセラー商品

  1. リリースノート: 新元号「令和」とVisual Studio 2019に対応。 新元号「令和」に対応 開発環境の対応開発ツールとして「Visual Studio 2019」を追加   レポートエンジン 特定のケースにおいて、不正なPDF417バーコードが生成される場合がある 長体機能を使用しているとき、2ページ目以降の1行目に2行目の縮小率が適用される デザイナ Tableにグループが複数あるとき、フッターの高さをデザイナで正しく設定できない Tablixのセルを結合し、行の高さを変更すると例外が発生する ビューワ ... 続きを読む この製品についてさらに結果を表示します。

  2. リリースノート: TextBoxコントロールの機能追加。 TextBoxコントロールの機能追加 和暦年号のカスタマイズ:アプリケーション構成ファイル(App.config、Web.config)で設定することにより、和暦年号の表示をカスタマイズできます。 「元年」表記:和暦年号の初年を「元年」と表示できます。 レポートエンジン:ページレポート/RDLレポートにおいて、QRコードにセットした日本語が文字化けする エクスポート:Windows 10 April 2018 Update適用後 ... 続きを読む

  3. リリースノート: サポートクラウド環境にGoogle Compute Engineを追加。 .NET Framework 4.7.2:運用環境の対応フレームワークとして「.NET Framework 4.7.2」を追加しました。 Windows Server 2016 Server Core:ASP.NET Webアプリケーションの運用環境として、Windows Server 2016のServer Coreオプションを追加しました。 Google Compute Engine: ... 続きを読む

  4. リリースノート: ライセンス認証マネージャーの更新と不具合修正  製品ヘルプの改訂  ライセンス認証マネージャーの更新 複数のキーを指定してSortRowsメソッドを実行した場合に、最初のキーに対応するソートが行われない AutoFilterModeプロパティをFilterBarに設定しテキストのコンテキストメニューを表示するとフィルタが正しく実行されない場合がある CopyRangeメソッドの実行時に結合と罫線が正しくコピーされない場合がある 旧バージョンでフッタに設定したR1C1形式の数式が12 ... 続きを読む この製品についてさらに結果を表示します。

  5. リリースノート: 新元号「令和」とVisual Studio 2019に対応。 Visual Studio 2019に対応しました 新元号の対応:GcDateコントロール、GcDateTimeコントロール、GcCalendarコントロールで新元号に対応。 祝日定義ファイルの更新:製品に収録されている「祝日定義ファイル」(Holiday.xml)を更新し、天皇陛下即位と東京オリンピック/東京パラリンピックに関連して変更される祝日に対応 「元年」表示書式の対応:ドロップダウンカレンダー ... 続きを読む

  6. リリースノート: IWorkbookSetインタフェースでExcelとの連携強化とSPREADデザイナをリニューアル。 IWorkbookSetインタフェースでExcelとの連携強化:ExcelファイルのデータをWorkbookオブジェクトとして保持できるので、様々な連携が可能になります。 外部参照を使用したExcelファイルの読込/出力に対応 外部Excelファイル上に定義した関数を外部変数として参照可能 SPREADデザイナがより使いやすく デザインをリニューアル Excelライクな「セルの書式設定」 ... 続きを読む

  7. リリースノート: 新元号「令和」とVisual Studio 2019に対応 新元号「令和」に対応 開発環境の対応開発ツールとして「Visual Studio 2019」を追加 レポートエンジン 特定のケースにおいて、不正なPDF417バーコードが生成される場合がある 長体機能を使用しているとき、2ページ目以降の1行目に2行目の縮小率が適用される デザイナ Tableにグループが複数あるとき、フッターの高さをデザイナで正しく設定できない Tablixのセルを結合し、行の高さを変更すると例外が発生する ビューワ ... 続きを読む この製品についてさらに結果を表示します。

  8. リリースノート: 和暦年号のカスタマイズ対応。 TextBoxコントロールの機能追加 和暦年号のカスタマイズ:アプリケーション構成ファイル(App.config、Web.config)で設定することにより、和暦年号の表示をカスタマイズできます。 「元年」表記:和暦年号の初年を「元年」と表示できます。 レポートエンジン:ページレポート/RDLレポートにおいて、QRコードにセットした日本語が文字化けする エクスポート:Windows 10 April 2018 Update適用後 ... 続きを読む

  9. リリースノート: .NET Framework 4.7.2運用環境の対応フレームワークに対応。 .NET Framework 4.7.2:運用環境の対応フレームワークとして「.NET Framework 4.7.2」を追加しました。 Windows Server 2016 Server Core:ASP.NET Webアプリケーションの運用環境として、Windows Server 2016のServer Coreオプションを追加しました。 Google Compute Engine: ... 続きを読む

  10. リリースノート: Adds support for Visual Studio 2019. Visual Studio 2019 support. Page and RDL Report Merge - Now you can use the ReportCombiner class to merge existing Page and RDL reports into a single document. Vertical Merge in Table - Now you can merge cells ... 続きを読む この製品についてさらに結果を表示します。

  11. リリースノート: Enable users to create ad-hoc reports in a web app. ProDesigner for Web: Enable users to create ad-hoc reports in a web app - AR13 delivers a lightweight, yet robust, report designer. With only a few lines of code, you can easily embed the ProDesigner for ... 続きを読む

  12. リリースノート: Enhances Tablix performance with larger datasets. Enhanced Tablix performance with larger datasets. Improved Textbox borders in Section Reports. Maintain controls on drag/drop to report header in RDL reports Improved load time when "PrintAtBottom ... 続きを読む

  13. リリースノート: Adds new Office 365 Ribbon for WinForms (beta) control. Support for .NET Framework 4.5.2 This release continues to update ComponentOne Studio components to support the latest .NET Framework. Microsoft has ended support for .NET 4.5.1, and based upon ... 続きを読む この製品についてさらに結果を表示します。

  14. リリースノート: Updates in Wijmo 2019 v1 (Build 612) Added support for Angular 8. Added support for deep-binding in wijmo.format method. Added FlexChart.itemsSourceChanging/Changed events. Added FlexGrid.refreshRange method for finer control on rendering. New Samples ... 続きを読む

  15. リリースノート: Includes new developer resources, customer-requested features, improved components using a new browser API, and more. New in Wijmo Core 2019 v1 FlexGrid Added a FlexGrid.errorTip property that allows you to specify a Tooltip to use when showing validation ... 続きを読む

  16. $$$$ | 購入

    リリースノート: 新元号「令和」とVisual Studio 2019に対応。 新元号「令和」に対応 Visual Studio 2019に対応 AjaxComboBoxCellTypeのドロップダウンリストを画面の下部で展開した際に、リストが見切れてブラウザのスクロールバーが表示される タッチパネルが有効なPCにてChrome上でSPREADを表示するとスクリプトエラーが発生する Repeaterコントロール内で使用すると、水平スクロール時にヘッダがスクロールされない 子階層のセルに条件付き書式を設定すると ... 続きを読む この製品についてさらに結果を表示します。

  17. リリースノート: 製品ヘルプの改訂と不具合修正。 製品ヘルプの改訂 旧バージョンのデザイン情報(XML)をデザイナに読み込むと適用時にエラーが発生する フィルタリング中の列に対してSortRowsメソッドを実行すると、不正なデータが表示される 引数を設定せずにCallBackメソッドを実行するとエラーが発生する 色によるフィルタが有効な時に自動生成されるdivタグについて、style属性の前に空白文字が入らない 日付型セルで年月カレンダーを表示した際、選択した月の翌月が表示される場合がある ... 続きを読む

  18. リリースノート: .NET Framework 4.7.1とSafari for iOS 11に対応。 新環境への対応 .NET Framework 4.7.1 Safari for iOS 11 移行ツールでプロジェクトを移行するとActiveReportsやInputManのRegisterタグの内容が不正になる 積み上げ縦棒の凡例の上下順とチャートの上下順が逆になる Excelをインポート後にエクスポートすると、用紙サイズが維持されない場合がある TopRowプロパティが正しく動作しない場合がある ... 続きを読む

  19. リリースノート: 新元号「令和」とVisual Studio 2019に対応。 [InputMan/PlusPak/JPAddress] Visual Studio 2019に対応しました [InputMan/PlusPak] 新元号の対応:GcDateコントロール、GcDateTimeコントロール、GcCalendarコントロールで新元号に対応。 祝日定義ファイルの更新:製品に収録されている「祝日定義ファイル」(Holiday.xml)を更新し、天皇陛下即位と東京オリンピック ... 続きを読む この製品についてさらに結果を表示します。

  20. リリースノート: RemoteAppと.NET Framework 4.7.2に対応。 Update 2含まれている各製品のバージョン InputMan for Windows Forms 10.0J SP2 PlusPak for Windows Forms 10.0J SP2 JPAddress for Windows Forms 2.0J SP2 [InputMan/PlusPak/JPAddress]の更新内容 .NET Framework 4.7.2に対応しました。 RemoteAppに対応しました。 ... 続きを読む

  21. リリースノート: RemoteAppと.NET Framework 4.7.2に対応。 公開内容 InputMan for Windows Forms 10.0J SP1 PlusPak for Windows Forms 10.0J SP1 JPAddress for Windows Forms 2.0J SP1 主な変更点 InputMan/PlusPak/JPAddress - .NET Framework 4.7.1に対応しました。 InputMan - 日本語入力システムとして ATOK 2017 に対応しました ... 続きを読む

  22. リリースノート: FlexPivot for WinForms now supports group ranges. Support for .NET Framework 4.5.2 This release continues to update ComponentOne Studio components to support the latest .NET Framework. Microsoft has ended support for .NET 4.5.1, and based upon feedback ... 続きを読む この製品についてさらに結果を表示します。

  23. リリースノート: New DataFilter provides ecommerce-like filtering to any data-aware control. Adds support for Microsoft Visual Studio 2019. New ComponentOne Control Panel - provides a new way to install, update, license, and maintain your ComponentOne libraries. It also ... 続きを読む

  24. リリースノート: Adds new Material Theme Designer, Sparkline control and FlexGrid integration, plus DataFilter control beta release. New Material Theme Designer - In addition to adding Material, Material Dark, and Office 2016 Excel Green themes, WinForms now features a ... 続きを読む

  25. リリースノート: 新元号「令和」とVisual Studio 2019に対応。 [MultiRow/CalendarGrid] Visual Studio 2019に対応 [MultiRow/CalendarGrid] 新元号の対応:日付コントロール、日付時刻コントロールおよびカレンダーコントロールで新元号に対応 祝日定義ファイルの更新:製品に収録されている「祝日定義ファイル」(Holiday.xml)を更新し、天皇陛下即位と東京オリンピック/東京パラリンピックに関連して変更される祝日に対応。 「元年」表示書式の対応 ... 続きを読む この製品についてさらに結果を表示します。

  26. リリースノート: RemoteAppと.NET Framework 4.7.2に対応。 Update 2含まれている各製品のバージョン MultiRow for Windows Forms 10.0J SP2 CalendarGrid for Windows Forms 2.0J SP1 [MultiRow/CalendarGrid]の更新内容 .NET Framework 4.7.2に対応しました。 RemoteAppに対応しました。   [MultiRow] ... 続きを読む

  27. リリースノート: 新環境への対応と住所検索機能の改善。 公開内容 MultiRow for Windows Forms 10.0J SP1 CalendarGrid for Windows Forms 2.0J FW4.7.1対応表明 主な変更点 MultiRow/CalendarGrid - .NET Framework 4.7.1に対応しました。 MultiRow - 住所検索機能の改善でJPAddressのライセンスが不要になりました。 MultiRow - エラーアイコンが表示されない。 MultiRowPlus ... 続きを読む

  28. リリースノート: Adds Dynamic Array support and Spread Designer enhancements. Dynamic Array Support - You can now enter cell formulas that return array values which “spill” into empty adjacent cells. This powerful feature is a new alternative to array formulas and ... 続きを読む この製品についてさらに結果を表示します。

  29. リリースノート: Improves performance, upgrading experience, and Excel-like features. Performance improvements in data binding, design-time, and encrypted Excel files Data Binding: Internal logic improvements that move data binding support into the core spreadsheet models ... 続きを読む

  30. リリースノート: Each Spread.NET assembly is now signed with the GrapeCity digital signature. Digital Signatures on DLLs - Starting with this release, each assembly of Spread.NET 11 will be signed with the GrapeCity digital signature. Important Breaking Changes in Spread ... 続きを読む