PSQL V12 Workgroup(日本語版)v13

Active Directory とデータベースセキュリティ追加。
2月 05, 2018 - 8:07
新バージョン

特徴

  • Client Reporting Engine: プロキシ サーバーとして PSQL Client Reporting Engine をセットアップ。
  • Reporting Engine の設定:Client Reporting Engine を設定すると、そのサーバー上にあるのと同じデータベースがすべて SQL クライアントにも公開。
  • 新しいパフォーマンス カウンターおよび修正されたパフォーマンス カウンター:PSQL Client Reporting Engine には、キャッシュの使用状況を追跡するための Windows パフォーマンス カウンターが搭載されています。
  • 新しい Btrieve APIの追加
  • PSQL v13 は以下の新しいプラットフォームで実行されます。
    • x86 および 32 ビット ARM のための Windows IoT Core
    • Windows Nano Server(日本語版は非サポート)
    • Raspbian(32 ビット ARM)
  • PCC による新しいスキーマのエクスポートおよびインポート
    • データベース全体の再作成
    • V1 形式から V2 形式への移行
    • 元のデータベースでのメタデータに関する問題の検出とトラブルシューティング
  • キャッシュ管理:PSQL v13 に含まれる butil ユーティリティに、2 つの新しいコマンド オプションが加わりました。
    • -cache:ファイルのページをキャッシュへ事前ロードします。ただし、ファイルが完全にキャッシュされているか、またはキャッシュがいっぱいの場合にはロードされません(コマンド プロンプに戻ります)。
    • -purge:ファイルの不要なキャッシュ ページをすべて消去します。ファイルがオープン ハンドルを持つ場合は消去されません(ただちにコマンド プロンプトに戻ります)。
  • これら 2 つのコマンドは補完的なものです。これらのアクションが適用されるのは、クライアント エンジンまたはレポート エンジンのキャッシュではなく、サーバー エンジンのキャッシュのみです。
  • ADO.NET:PSQL v13 では、PSQL ADO.NET SDK が ADO.NET Entity Framework プロバイダー 4.3 で更新され、Microsoft Entity Framework 6.1 と skip() の構文がサポートされるようになりました。
  • DTI:Microsoft Windows のヘッダー ファイル security.h との競合を回避するため、PSQL v13 DTI SDK 内の同名のファイルが dtisecurity.h と名前変更されました。動作に変更はありません。
  • SQL 構文の拡張
    • クエリの結果から一連の行を抽出するために、TOP でなく LIMIT… OFFSET… 構文がサポートされるようになりました。
    • ビューやプロシージャなどすべてのデータベース オブジェクト用に、DROP IF EXISTS 構文がサポートされるようになりました。
    • ORDER BY がテーブル サブクエリだけでなく式サブクエリでもサポートされるようになりました。
Actian PSQL Workgroupのスクリーンショット

Actian PSQL Workgroup(日本語版)

PSQL は、アプリケーション開発のコアシステムとして世界中の開発者から利用されている、最も信頼性に優れ、メンテナンスの必要性が少なく、高度なパフォーマンスを提供するデータベース管理システムです。

ご質問がありますか?

今すぐ AG-TECH ライセンススペシャリストとライブ チャット