ComponentOne Enterprise(日本語版)2020J v1

FlexGridの強化など、新機能追加によるユーザービリティ向上。
4月 23, 2020 - 5:53
新バージョン

特徴

WinForms/WPF/UWPの新機能

  • FlexGridの強化〈Windows Forms〉
    • データ検証の強化:System.ComponentModel.DataAnnotations名前空間に含まれる属性Required、StringLength、Range、Compareをサポートするようになりました。また、DisplayAttribute属性のうち、Orderパラメータの指定にも対応しました。これにより、FlexGridで列が生成される際のフィールド順を指定できます。
    • UIオートメーションのサポート:UIオートメーションは、WPFをサポートするすべてのWindows OSで使用できる新しいアクセシビリティフレームワークです。UIオートメーションの特長の1つに「コントロールパターン」がありますが、2020J v1ではこのコントロールパターンに基づき、より直感的でスマートな形でテストスクリプトを構築することができるようになります。

Web(ASP.NET MVC)の新機能

  • FileManagerの追加:クラウドストレージ上のファイル操作(一覧表示、移動、ダウンロード、アップロード、削除)が可能なコントロールが追加されました。

モバイル(Xamarin)の新機能

  • FlexGridの強化:フィルター行のサポートが追加されました。フィルター行は各セルに入力用のテキストボックスが配置されている固定行で、テキストを入力することでその列内で入力された値が含まれるデータをフィルタリングすることができます。
  • FlexViewerの強化:ハンバーガーメニューに対してモバイル向けのいくつかの機能追加が行われました。これにより、ハンバーガーメニューからドキュメントの回転、印刷、画像としてエクスポートが可能になります。
Enterprise限定機能のTransposedGrid

ComponentOne Enterprise(日本語版)

.NETアプリ開発で活用できるオールインワン。

ご質問がありますか?

今すぐ GrapeCity ライセンススペシャリストとライブ チャット