ComponentOne for WinForms(日本語版)2020J v1

FilterEditor追加でグリッド、リスト、ツリービューなどにフィルタリング操作を提供。
4月 23, 2020 - 5:59
新バージョン

特徴

  • FlexGridの強化
    • データ検証の強化:System.ComponentModel.DataAnnotations名前空間に含まれる属性Required、StringLength、Range、Compareをサポートするようになりました。また、DisplayAttribute属性のうち、Orderパラメータの指定にも対応しました。これにより、FlexGridで列が生成される際のフィールド順を指定できます。
    • UIオートメーションのサポート:UIオートメーションは、WPFをサポートするすべてのWindows OSで使用できる新しいアクセシビリティフレームワークです。UIオートメーションの特長の1つに「コントロールパターン」がありますが、2020J v1ではこのコントロールパターンに基づき、より直感的でスマートな形でテストスクリプトを構築することができるようになります。
  • FlexPivotの強化
    • Top Nフィルタの追加:Top Nフィルタを利用したデータ分析をサポートします。
    • FlexChartスタイルの適用:これまでのFlexPivotのチャートは、以下のようなC1Chartをベースにした描画でした。2020J v1ではFlexPivotChartにプロパティが追加されFlexChartのパレットやスクロールバーなどが利用できるようになります。
  • FilterEditorの追加:FilterEditorはDataFilterと同様にC1 WinFormsのグリッド、リスト、ツリービュー、チャート、マップなどに対してフィルタリング操作を提供するコントロールです。このFilterEditorはDataFilterを拡張してより細かな条件でのフィルタリングが可能になっており、ANDやORによる条件項目をツリー階層表示で設定することができます。
FlexChartスタイル

ComponentOne for WinForms(日本語版)

ダウンロード版で即納できます。

ご質問がありますか?

今すぐ GrapeCity ライセンススペシャリストとライブ チャット