Barcode.Office(日本語版)V3.0.1

医療用のバーコードGS1データバー (GS1-RSS) の追加とCODE128のコードセット(A,B,C)が指定可能。
9月 09, 2016 - 9:14
新バージョン

特徴

  • GS1データバー (GS1-RSS) 対応 - 医療用のバーコードとしてGS1-128と共に多く利用されているGS1 Databar (GS1-RSS)に対応しました。TPP締結に伴い、商品コードもJANやUPC等多国間で各々であったバーコードが、このDatabarに統一されるものと思われます。次のバーコードに対応しました。
    • Omni-directional - 標準型
    • Stacked - 二層型
    • Stacked Omni-directiona - 標準二層型
    • Limited - 限定型
    • Expanded - 拡張型
    • Stacked Expanded - 拡張多層型
  • CODE128のコードセット(A,B,C)を指定可能に - これまでCODE128は、コードセット(A,B,C)を自動的にバーコードの幅が最小になるよう調整して出力しておりました。今回の改善により、CODE-A/CODE-B/CODE-C をお客様が指定してバーコードを出力することが可能になりました。これもまでの自動最小幅出力(AUTO)も既定値としてその機能をお使いいただけます。
  • コンビニバーコード不具合対応 - 前回(ver 3.0.0)リリースにおいて、CODE128のコードセット(A,B,C)を指定可能にする対応をした際に、
    • コンビニバーコードを出力できなくしてしまう障害を発生させてしまいました。
    • この不具合を改修いたしました。
Barcode.Office(日本語版)

Barcode.Office(日本語版)

OfficeまたはActiveXコントロールでバーコードを生成。

ご質問がありますか?

今すぐ PAO ライセンススペシャリストとライブ チャット