SPREAD for Windows Forms(日本語版)11.0J SP2

不具合修正のマイナーアップグレード。
1月 10, 2019 - 5:20
新バージョン

不具合の修正

  • 保存したフィルタリング設定を復元できない
  • セル型を変更したセルに値を設定し、ソートすると、セルのTextプロパティから値を取得できない場合がある
  • コントロールスキンを設定したSPREADを配置したオブジェクトについて、メモリリークが発生する場合がある
  • VLOOKUP関数の検索先がデータ連結したシートの場合、関数が正しい結果を返さない
  • SPREADを拡大/縮小表示させるとGcComboBoxのリストを表示できない場合がある
  • ソートし、列を非表示にした状態だと意図しない列が非表示になったExcelファイルが出力される
  • Excelファイル上の日付時刻型データが数値としてインポートされる
  • マルチカラムコンボボックス型セルを展開すると、Formに適用したフォントがシート上で無効になる
  • 列ヘッダの出力を有効にしてOpen XML形式(.xlsx)でExcel出力すると、スタイルが正しく反映されない場合がある
  • 拡張フィルタを有効にして列の移動を行うと、フィルタのクリア機能に表示される列名が不正になる
  • ResetForeColorメソッドを呼び出すと文字色以外のフォント情報もリセットされる
  • デザイナで入力マップを追加後、SheetViewコレクションエディタを開くと、既存の入力マップが消える
  • ソートするとステータスバーに正しい内容が表示されない
  • デザイナでグループ化されている列を削除するとエラーが発生する場合がある
  • 行・列の範囲外に対してSetArrayメソッドを実行すると、DataModelのChangedイベントが不要に発生する
  • LeftChangeイベント内でSetViewportLeftColumnメソッドを実行するとStackOverflowExceptionが発生する場合がある
  • 行・列を削除し、再追加した時の表示位置が旧バージョンと異なる
  • フィルタリングした状態で行数を0にすると例外が発生する場合がある
  • 一部の関数について、以前のバージョンと異なる値を返す場合がある
  • Excelライクプレビューでプリンタを変更すると、ページ設定ダイアログで例外が発生する場合がある
  • 列を移動すると条件付き書式が正しく動作しなくなる場合がある
  • デザイン時に条件付き書式を設定すると旧形式として警告が表示される
  • データ連結時、旧形式の条件付き書式が正常に動作しない
  • ヘッダを複数行(列)にした時、シートコーナーが3D表示になる場合がある
  • データ連結後、配列数式を設定できない
  • IMEモードがオンの時、スペースキーを押下してもチェックボックスの値が切り替わらない
  • 入力マップをカスタマイズした状態で、セルの編集中に値の切り取り操作を行い、エスケープすると値が消える場合がある
  • GcComboBox型セルについて、選択リスト上に不要な縦線が表示される場合がある
  • GcTextBox型セルに複数行の値を設定しようとすると不正な動作になる
  • データ連結したセルに数式を設定するとExcelファイルに正しく出力できない
  • データ連結時、条件付き集計関数が正しく評価されない
  • Excelにエクスポートした時、列の背景色が正しく設定されない場合がある
  • 固定行・結合セルを含むSPREADを印刷した時、セル結合が解除される場合がある
  • 結合セルを含む行の表示・非表示を切り替えた時、SPREADの表示内容が崩れる
  • ClipboardCutDataOnly等のアクション設定で結合セル上の値を一旦切り取り、元に戻した時、セルの結合が解除される
SPREAD for Windows Formsのスクリーンショット

SPREAD for Windows Forms(日本語版)

ダウンロード版で即納できます。

ご質問がありますか?

今すぐ GrapeCity ライセンススペシャリストとライブ チャット