Actipro WPF Studio について

Windows Presentation Foundation(WPF)用の高度なユーザーインターフェイスコントロールとコンポーネントを集めたスイート

Actipro WPF Studio には、当社が開発したすべての WPF コンポーネントが含まれます。具体的には、Actipro Ribbon(Office UI)や、 SyntaxEditor for WPF (シンタックスをハイライトするコード・エディタのためのコントロールとパージングのスイート)、Editors for WPF(先進的な日付/時刻ピッカーを備えた、パート・ベースとマスク・エディットのコントロール)、Actipro Wizard(ウィザード・ダイアログ)、Actipro Navigation、Actipro PropertyGrid、Actipro Bar Code(バーコード生成)、Actipro Gauge、Actipro Docking&MDI、Actipro Shared Library(数多くの有用なコンポーネントと各種のコントロール)により構成されます。 これらの、すべての包含されるプロダクトは 100% C# で記述され、また、XAML との互換性を持ち、さらには、XBAP 内で使用することも可能です。 Actipro WPF Stusio ライセンスにより、新規のあらゆる WPF プロダクト・バージョンだけではなく、新たに導入された WPF コンポーネントが、1年間にわたって無償でアップグレードされます。 また、ソースコードの入手も可能となり、ランタイムはロイヤリティ・フリーです。 Actipro WPF Studio は、Visual Studio との互換性も実現しています。

Actipro WPF Studio の概要

現時点の Actipro WPF Studio には、 Actipro Ribbon および、Actipro Wizard、Actipro Navigation、SyntaxEditor for WPF、Editors for WPF、Actipro PropertyGrid、Actipro Bar Code、Actipro Shared Library が含まれます。 WPF Studio ライセンスにより、新規のあらゆる WPF プロダクト・バージョンだけではなく、新たに導入された WPF コンポーネントが、1年間にわたって無償でアップグレードされます。  このスイートに含まれる全てのコンポーネントは、Visual Studio Designer の拡張機能を持ちます。

現時点で取り込まれている各プロダクトの概要を、以下に示します:

Actipro Ribbon WPF .NET

Microsoft仕様に忠実な WPF アプリケーションのための、Office ライクなリボン UI コントロールのスイートです。 Actipro Ribbon WPF は、あらゆる WPF アプリケーションで利用が可能であり、また、Microsoft のリボン要件に忠実な、Office ライクなリボン・ユーザー・インターフェイスを提供します。具体的には、 リボンのサイズおよび、アプリケーション・メニュー、QAT、多様なコントロール・タイプ、コンテキスト・タブ・グループ、キー /スクリーン・チップ、XBAP との互換性、VS デザイナー対応などがサポートされます。Actipro Ribbon は、WPF ベスト・プラクティスへの準拠および、広範囲におよぶコンフィグレーション、コマンド駆動モデルの活用を前提に、スクラッチからデザインされています。 さらに、Office に見られるユーザー・インターフェイスの特徴を、ほとんど全て再現しています。

Ribbon WPF .NET の機能

  • Microsoftリボン・ユーザー・インターフェイスの、コアとなる要件をフル実装。
  • リボン・バーのタブによる、子コントロールのホスティングが可能なグループの取り込み。
  • ビルトイン・コントロール・タイプに含まれる、チェック/ポップアップ/スプリットなどの各種のボタンと、チェック・ボックス/ラジオボタン/テキスト・ボックス/コンボ・ボックス/フォント・ファミリー・コンボボックス、フォント・サイズ・コンボボックス/セパレータ/ラベル・セパレータ/リボン・ギャラリー/ポップアップ・ギャラり/カラー・ピッカー・ギャラリを実現。
  • Galleryコントロールの、リボンおよびポップアップの中で利用を実現。さらに、各種のデータソース・バインディングおよび、テンプレートとカスタムドローを介したレンダリング、アニメーション対応のスクロール、多様なリサイズ・オプション、セレクション・トラッキング、カテゴリ、フィルタリング、マウス操作によるズームイン・ズームアウトなどをサポート。
  • カラー・ピッカー・ギャラリ・コントロールによる、マルチ・カテゴリ・カラーのサポートと、オプションとして提供される明暗のシャドウに対応。
  • ビルトインのリボン・コントロールの、リボン外でのスタンドアロン利用に対応。
  • UserControlを含む各種コントロールの、リボン/ポップアップ/メニュー/アプリケーション・メニューへの取り込みに対応。
  • リボン上でのコントロールのレイアウトを、各種パネルを介して実現。
  • メニュー・アイテムとフッター・ボタンを備えたアプリケーション・メニュー。
  • たとえば最新のドキュメント・リストのように、アプリケーション・メニューの右側にコントロールを配置する機能。
  • リボンの上下に表示される、クイック・アクセス・ツールバーに対応。
  • アプリケーションのセッション間における、QAT と永続的な変更をカスタマイズするための、クローン・フレームワークを提供。
  • トグルにより表示のON/OFF に対応する、コンテキスト・タブ・グループを実現。
  • Officeライクなウィンドウを、RibbonWindow クラスにより実現。リボン・コントロールを必要とせずに、利用することも可能。

Actipro Docking & MDI for WPF

Actipro Docking & MDI は、ドッキング・ツール・ウインドウやマルチ・ドキュメント・インターフェイスを、WPF アプリケーションに容易に加えるための、完全なソリューションを提供します。 それによりエンドユーザーは、あらゆる位置にツール・ウインドウをドラッグ&ドックし、永続的なカスタマイズを実現します。 Docking & MDI は、柔軟性を最優先にして実装されています。 他の競合製品と比較して、より多くのオプションを提供し、また、Visual Studio 2008 の機能を再現することが可能です。 すべての標準的なレイアウトをサポートする一方で、大半のドッキング・ウィンドウ製品に見られるレイアウト機能にも対応します。

Actipro Views for WPF

Actipro Views for WPFは、WPF を継承する要素のアニメーションをサポートするために、パネル内に範囲を提供します。 さらに Actipro Views for WPF は、容易なカスタマイズが可能なビルトイン・アニメーションを含みま、また、独自のWPF アニメーションを用いた構築にも対応します。 ドロップ・インによる置き換えを、Canvas、DockPanel、StackPanel、WrapPanel などを含む、いくつかのネイティブ WPF パネル内で利用できます。Actipro Views for WPF には、ネイティブの WPF ではサポートされないユニークなレイアウト・ロジックを用いた、付加的なパネルも含まれます。

Actipro Gauge for WPF

Actipro Gauge は、WPF フレームワーク用のサークル、ライン、ディジタル・ゲージなどのコントロールを実装したコントロール・スイートです。 それぞれのゲージ・コントロールにより大量のオプションを実現することで、無限の可能性が提供されます。ゲージ・コントロールは、コンパクトで簡明なエリアに、いくつかのデータ・ポイントを理想的なかたちで表示します。 自動車のダッシュボードから医療用にいたる各種の産業設備で利用可能なゲージが、ユーザーによる迅速な識別と理解を促進します。 サークルとリニアのゲージにより、特定のレンジにバインドされる値や、値のグループが完ぺきなかたちで表示されます。 また、デジタル・ゲージは、リアルの LED ディスプレイを完全に模倣します。

Actipro Wizard for WPF

Actipro Wizard for WPF は、Windows Presentation Foundation のウィザード・ダイアログを、Wizard97 仕様に準拠したかたちで構築する、最先端のコントロールです。

Actipro Wizard for WPF は、WPF ベスト・プラクティスにしたがい、広範囲におよぶコンフィグレーションを実現するために、スクラッチでデザインされた製品です。 そして、堅牢なウィザード・ダイアログの実装に必要な時間の、大幅な削減を実現します。シンプルで直線的なシーケンスのページから、先進的なデジション・ベースのページ実行パスまで、この Wizard が全てを処理していきます。 それにより、デベロッパーとエンドユーザーの、双方にとってメリットのある多様な機能が提供され、デザインタイムとランタイムにおけるエクスペリエンスを実現していきます。

Actipro Wizard for WPF の主要な機能は、以下のとおりです:

  • エクステリア・ページ/インテリア・ページなどの、多様なビルトイン・タイプ。
  • ページのヘッダ・エリアに表示される、ページのキャプションとディスクリプション。
  • ウィンドウ上部のタイトルバーを、自動的にアップデートするために用いるページ・タイトル。
  • すべてのボタンに関する表示と利用のステートのための、グローバルなディフォルト設定と、ページごとの設定によるオーバーライド。
  • すべてのボタン・クリックを処理するための、WPF コマンド・モデルの活用。
  • ウィザード・ボタンを取り込んだウィンドウ上で、ディフォルト・ボタンとキャンセル・ボタンを設定するための多様なオプション。
  • フォワードとバックワードの処理に応じた、ページ遷移におけるアニメーションの実現。
  • ウィザードの各パートに合わせたカスタムなスタイル/テンプレートの作成により、テーマ設定とカスタム・レイアウトを実現。
  • ウィザード内の各ポジションにおいて、テンプレートを介してカスタム・コントロールを追加。
  • 宣言およびプログラムによりオーバーライドが可能な、ディフォルトのページ・シーケンス。
  • ディフォルトのページ・シーケンスが用いられるときの、ページ・スキップの防止に対応。
  • ウィザードにおける一般レベルもしくは、特定ページのレベルにおいて、イベントを変更する処理に対応。
  • 変更のトリガーと変更されるページを指定するイベントおよび、それらのキャンセルと、新規のディスティネーション・ページの選択。
  • 変更イベントの選択において、ページ上のデータ検証を実現。
  • マウスとキーボードのForward/Back ボタンを用いた、ページ全体におよぶ容易な操作。
  • XAMLマークアップにより、ウィザード UI を容易に構築。
  • すべてのウィザード・パートが自動レイアウトを用いることで、必要に応じた追加を容易に実現。
  • Supports localization and right-to-left layout
  • ローカリゼーションおよび、Right-to-Left 言語のサポート。
  • UIオートメーションのための、WPF アクセシビリティ・モデルへの準拠。
  • XBAPとの互換性を実現。
  • 詳細なデモンストレーションと、そのために用いられる大半のサンプル・プロジェクトを提供。

Actipro Navigation

Actipro Navigation は、Expander コントロールのアニメーション・スタイルにしたがい、NavigationBar/ExplorerBar コントロールを取り込んだ、WPFアプリケーションのために設計されたコントロール・スイートです。

NavigationBarは、完全なエンドユーザー・カスタマイズや、レイアウト のセーブ/ロード、左右の両サイドのミニマイズといった、Outlook における全ての機能を実装したコントロールです。

Explorerバーは Windows XP エクスプローラーに導入された、タスクバーを実装したものです。 それぞれの伸縮ペインでは、その内容の伸縮に応じて、フェードインやスライドといった、スムースなアニメーションが利用できます。

NavigationBarの機能

  • Office ナビゲーション・バーの機能を再現。
  • 8種類のビルトイン・テーマ。
  • スペース確保の必要性に応じて、ペイン・ボタンを縮小。
  • 左右両サイドを最小化。
  • ビルトインの Option ウィンドウ。
  • サブヘッダー・パネル用の、再利用が可能なエクスパンダーをアニメート。
  • レイアウトのシリアライゼーション。

ExplorerBarの機能

  • Windows XPエクスプローラー・バー機能を再現。
  • 4種類のビルトイン・テーマにより、それぞれのエクスパンダー・スタイルを置き換え。
  • エクスパンダーの展開/縮小時に、フェードインとスライドをアニメート。
  • オプションにより、一度に1つのエクスパンダーに対応。
  • 必要に応じた、垂直スクロールバーの自動追加。

Actipro Navigation の共通機能

  • 淡彩テーマと、完全なスタイル変更と、テンプレート化が可能なコントロール。
  • ローカリゼーションおよび、Right-to-Left 言語のサポート。
  • VS 2008と Blend Designer のサポート。
  • XBAPのサポートなど。

Actipro Bar Code

WPFで記述された、容易に利用できる、ベクター・ベースのバーコード生成スイートです。 XPS ドキュメントのように、各種のアプリケーションや WPF コンテキストの中で、多様な標示オプションを用いて、バーコードをダイレクトに追加します。Code 39から EAN や UPC へといたる、もっとも普遍的な全ての記号論がサポートされます。効率的なデータ入力や、さらには郵便料の節約(Postnet の利用)などのために、バーコードを組織的に利用してください。このプロダクトにより、あらゆる WPF アプリケーションやレポートに、バーコードを加えることが可能になります。 バーコードは、XPS ドキュメント・コンテントやイメージ・ファイルにセーブすることが可能であり、WPF DrawingContext にダイレクトにレンダリングできます。 また、各種の FixedDocument や、FlowDocument、WPF コントロールの中に、子コントロールとして追加することも可能です。

Actipro Bar Code を利用することで、エンコードする値を単に指定するだけで、バーコード生成における作業が促進されていきます。 たとえば、各種の適切なチェックサムが自動的に計算され、専用のバーコードが生成されるようになります。 多様なオプションを用いて、出力を完全にカスタマイズすることも可能です。その範囲は、バーラインのハイライト設定から、バーの下に標示されるエンコードされた値にまでおよびます。

最も普遍的な記号論である、EAN-13 や、EAN-8、UPC-A、UPC-E、Code 39 (フル ASCII タイプも)、Code 93 (フル ASCII タイプも)、Code 128、Codabar、Interleaved 2 of 5、Postnet などがサポートされます。

Actipro SyntaxEditor for WPF

SyntaxEditor for WPF は、効率の良いコード編集のための機能を取り込んだテキスト編集コントロールであり、シンタックス・ハイライトや、行番号、ブロック・セレクション、IntelliPrompt UI、スプリット・ビュー、ズーミング、Right-to-Leftサポートなどを含みます。 それらの多様なコード編集機能は、Visual Studio コード・エディタとの互換性を持ちます。 SyntaxEditor は、Acipro における次世代の拡張可能なテキスト /パージング・フレームワークのトップに構築されます。 20種類以上のサンプル言語(C#、VB、XML など)を用いて開発に着手できますが、作成されたカスタムな言語定義も、アプリケーションと共にディプロイ/配布することが可能です。 SyntaxEditor は IDE(Integrated Development Environment)アプリケーションで使用するためにデザインされていますが、それ以外のアプリケーションにおいても、このコントロールのメリットを享受できます。

Actipro Editors for WPF

Actipro Editors は、WPF フレームワーク用の、いくつかのデータ入力コントロールを実装したコントロールスイートであり、マスクエディット・テキストボックスや、パート・ベース・エディタなどを含みます。 それぞれのコントロールは多様なオプションを取り込み、直観的で自然なデータエントリーを可能にします。マスクエディット・テキストボックスは、代替記号と限定作用をサポートする、事前に設定された正規表現マスクにより、ユーザ入力を制約するために使用できます。 パート・ベース・エディタは、たとえばカレンダーの Month パートだけへの入力といった、個別に修正されるべき有効な 「パート」 に関連づけられたタイプの編集に対応します。いくつかのパート・ベース・エディタは、既存の .Net タイプ用に提供され、ブラシや、カラー、日時などのパートを取り込んでいます。

Actipro WPF 共有ライブラリ

Actipro WPF Shared Library は、すべての WPF .NET コントロールが参照する、コモン・コントロール・ライブラリです。 そこには、各種プロジェクトで利用が可能な、きわめて有用なコントロールとコンポーネントが含まれます。

Actipro PropertyGrid

Actipro PropertyGrid コントロールは、たとえば BrowsableAttributeや、CategoryAttribute、EditorAttribute、MergablePropertyAttribute などの Component Model アトリビュートをサポートすることで、WPF アプリケーションにネイティブ Windows Forms Property Grid のパワーをもたらします。Actipro PropertyGrid コントロールは、バインディングをサポートする XAML で定義された静的なアイテムを用いて、また、TypeDescriptors を動的に活用し、ICustomTypeDescriptor に対するサポートを取り込むことで、適切に配置されます。

そこには、既存の WPF コントロールを活用する、いくつかのプロパティ・エディタが含まれます。 カスタムなプロパティ/カテゴリー・エディタ(Microsoft Expression Blend と同様)も、カスタムなルック&フィールを提供するために利用できます。

汎用的な機能

コントロール

  • ReflectionContentControlコントロール:効果を瞬時に反映するコンテント・ラッパー。
  • ResizableContentControlコントロール:水平/垂直にコンテントをリサイズするためのグリップを持ったコンテント・ラッパー。
  • RadioButtonListコントロール:リボン・ボタンをアイテムとしてレンダリングする ListBox。
  • CustomDrawElementエレメント:カスタム・ドローを実現するために、自身がリンダリングされているときにイベントを発信。
  • DropShadowChromeデコレータ: ポップアップに対してドロップ・シャドウをレンダリングするために利用が可能。

カレンダー

  • DateTimePicker/MonthCalendar コントロールにより、Date/Time 値のセレクションとテキスト入力を実現。
  • Date/Time 値を活用するヘルパー・クラスとバリュー・コンバーター。

カラー選択

Adobe Photoshop や Microsoft Expression Blend のようなプロダクトで提供される、ビジュアルな環境を再現する、カラー・セレクション・コントロールです:

  • SpectrumColorPicker - カラーの初期値および変更値を表示する、スペクトラム・ベースのカラー・ピッカー。
  • SpectrumSlice - 特定の色合いのために、彩度/明度をスライス標示。
  • SpectrumSlider。

ドキュメント管理

  • 直近に使用されたドキュメントのトラッキングと、その情報の維持に対応する複数のクラス。

メディア

  • Colorオブジェクトの表現を拡張する UIColor ストラクチャにより、HSB および、HLS、HLS カラーモデル、モデル間の変換、たようなカラー・ヘルパー・メソッドなどをサポート。
  • VisualTreeHelperExtendedクラスにより、VisualTreeHelper クラスではサポートされていない、ビジュアルなツリーを用いたカラー・ヘルパー・クラスを提供。

アニメーション

  • トランジション効果ライブラリにより、ビルトインおよびカスタムなトランジション機能を用いた、要素間のトランジションを実現。
  • ビルトイン・トランジションの内容:
    • Barn door wipe - グラデーション設定が可能な2本のバーを用いて、ページ間のワイプ・トランジションを実現。
    • Bar wipe - グラデーション設定が可能な1本のバーを用いて、ページ間のワイプ・トランジションを実現。
    • Box wipe -ボックスを用いて、ページ間のワイプ・トランジションを実現。
    • Fade -オプションのぼかし効果を用いて、古いページから新しいページへと、フェード・トランジションを実現。
    • Faded zoom -古いコンテントから新しいコンテントへ向けたクロス・フェード・トランジションを実現。
    • Four box wipe - 4つのボックスを用いて、ページ間のワイプ・トランジションを実現。
    • Slide -新しいページを古いページの上にスライドさせるトランジションを実現。
    • Push -新しいページにより古いページを押し出すかたちの、トランジションを実現。
    • Wedge wipe - クサビ型のシェイプを用いて、ページ間のトランジションを実現。