シーオーリポーツ 帳票クリエータ Ver.3(日本語版) について

ユーザが定義した設定ファイルを元に帳票フォームとデータソースをマージし、 帳票(ドキュメントファイル)を作成。

シーオーリポーツ 帳票クリエータは、RDB、CSV、XML、固定長のデータから、簡単に帳票を作成できるツールです。罫線や決められた位置への印字など、画面で簡単に定義できます。また、定義した項目にデータを関連付けるだけで、プレビューや印刷、PDFとしての出力が行えます。 業務を行っている現場の方が、必要なときに帳票を新規に作成したりレイアウトを変更できるツール。それが、シーオーリポーツ 帳票クリエータです。新しい帳票が必要になってもタイムリーに開発ができない、帳票を変更したくとも開発コストが掛かる、などの現場の声にお応えします。

特長

拡張明細リスト
従来からある明細リストはリストフィールドをベースにしているため、バーコードやイメージなどのテキスト以外のオブジェクトを配置することは出来ませんでした。
拡張明細リストでは、フォームエディタで作成できるすべてのオブジェクトを明細項目に含めることができ、繰り返し処理することが可能になっています。

複数ジョブ
ひとつの設定ファイル中で複数のジョブを定義できるようになりました。
PDFに出力しながらシーオーリポーツ ビューコントロールでプレビューしたり、複数のプリンタに同時に出力したり、といったことが可能になりました。
また WEB API / rdc では、あらかじめ定義しておいた複数のジョブから選択したジョブのみを実行するオプションが追加され、条件によって圧縮形式を切り替えるなどの用途にも使えるようになりました。

外部アプリケーションとの連携
出力した帳票ファイルの帳票管理サーバへの登録や、FTP送信機能が標準で用意されました。
また、従来からあったメール機能も強化され、SMTP認証、暗号化にも対応しました。
WEB APIがJSONP対応したことにより、Ajaxアプリケーションでのクロスドメイン呼び出しも行えるようになりました。

帳票処理の定義をGUIのみで実現

  • 帳票処理の定義方法はGUIで簡単操作 - 出力結果を直接編集するかのように、データ項目を帳票にドラッグ&ドロップするだけで、簡単に帳票の定義ができます。
  • レイアウトと処理の独立性 - レイアウトの定義と、データのマッピング定義はそれぞれ独立しています。同じレイアウトで異なるデータを出力する場合も、ビジュアルに表示されたデータをマッピングするだけでレイアウトの再利用ができます。

帳票処理に必要な多くの関数を用意

  • 必要な関数を選ぶだけ - 四則演算や合計計算は、項目を選ぶだけで定義できます。面倒な総ページ数の計算も簡単に定義できます。
  • 印刷動作も関数で提供 - レイアウトの中のレイヤ(階層)の切り替えや条件判断も定義できます。

複雑な帳票処理の開発にコンパイルもビルドも必要なし

  • 柔軟に帳票処理を実現できるスクリプトエンジンをサポート - 帳票処理の中で行う複雑な条件判断や演算、改ページをJavaScriptで記述することができます。オブジェクトの印字/非印字、色の変更等も行えます。
  • 帳票の開発、メンテナンスコストを削減 - 帳票の開発に高価な開発環境(IDE)は不要で、開発/メンテナンスのコストを低減します。業務ロジックと帳票処理の独立性が高まり、開発や仕様変更時の修正範囲やテスト範囲を軽減することができます。
  • 複数データソースをひとつの帳票に出力 - ひとつの帳票でありながら明細はデータベースから、表題はCSVから印刷する場合等にも対応できます。

帳票設計

フォームエディタ

  • 操作性に優れたGUIツールで効率よく帳票を設計できます。
  • 複数の階層(レイヤ)に分けて設計ができます。罫線と出力項目を異なるレイヤに置くことで、スムーズに設計作業が行えます。
  • 既存の帳票をスキャナでイメージとして取り込んだり、Excelで作られた様式を画像として貼り付けることができます。

データマッピングツール

  • 帳票項目、データ項目、処理定義、帳票プレビューを同時に操作でき、帳票の定義はもちろん、修正や変更も簡単に行えます。
  • 定義した内容で、プレビューのほか、印刷、PDF、TIFF出力ができます。
  • 同じレイアウトで異なる帳票処理を開発する場合には、設定ファイルを帳票毎に設計するだけで実現できます。

運用

帳票クリエータ
フォームエディタ、データマッピングツールで定義された情報を元に、定期的な帳票出力や対話型の帳票処理を構築できます。実際に帳票を作成する帳票クリエータは環境に合わせて利用可能な複数のコンポーネントを用意しています。

  • rdcコマンド - rdcコマンドとは、コンソールやバッチファイル/シェルスクリプトで帳票クリエータを利用するためのシンプルなアプリケーションです。このアプリケーションを利用することにより、ノンプログラミングでドキュメント生成やプリンタ出力を行うことができます。
  • WEB API - WEB APIとは、Webサービスで帳票クリエータを利用するためのシンプルなAPIを提供するモジュールです。このモジュールを利用することにより、サーバ上にある帳票クリエータに対しクライアントのプログラムからドキュメント生成やプリンタ出力を行うことができます。
  • Javaクラスライブラリ
  • Web サービス - 旧製品ではIISのISAPI拡張DLLとして用意されていた、ウェブ経由で帳票クリエータを使用する機能は、新たにWebサービスとして生まれ変わりました。
  • .NETコンポーネント

ビュアー & ビューコントロール

ビュアー

  • 帳票に特化した軽快なプレビュー機能を提供します。

ビューコントロール

  • アプリケーションにプレビュー画面やプリンタ制御機能を組み込むことができます。
  • プレビュー用モジュールのクライアントへの自動ダウンロードインストールができます。
  • Webアプリケーションでプレビューなしでの直接プリンタ出力ができます。