dotConnect for Oracle について

.NET FrameworkでOracleサーバーに直接高速アクセスするための、100%マネージコードのADO.NETデータプロバイダー

dotConnect for Oracle は、Oracle XML 型、Oracle オブジェクト型 OBJECT、VARRAY、TABLE、REF をはじめとするすべての Oracle データ型をサポートし、拡張機能、クエリやストアド プロシージャの実行監視機能、高度な設計時エディターを提供します。また、Unicode、PL/SQL テーブル、接続プーリング、およびアレイ バインド機能をサポートし、TAF サポートと Oracle ホームの操作を可能にし、便利な機能を多数提供します。

dotConnect for Oracle は、Oracle データベース サーバーに直接アクセスするためのデータ プロバイダーで、Microsoft .NET Framework および.NET Compact Framework に対応します。この製品は、.NET Framework (ADO.NET) テクノロジ対応のActiveX データオブジェクトを完全にベースにしています。ADO.NET には、分散データ共有アプリケーションを作成するためのコンポーネント群が豊富に揃っています。ADO.NET は .NET Framework には不可欠で、リレーショナル データ、XML、およびアプリケーション データへのアクセスを提供します。dotConnect for Oracle データ プロバイダーは、SQL Server .NET または OLE DB .NET データ プロバイダーと同じように使用できます。dotConnect for Oracle は、Oracle サーバーへのアクセスに Oracle Call Interface (OCI) を使用できます。また、TCP/IP 経由で直接アクセスすることもできます。

OCI は、Oracle データベースへアクセスするための低レベルのネイティブ アプリケーション プログラミング インターフェイスです。OCI を使用すると、Oracle 製品を操作する軽量かつ高速なアプリケーションを作成できます。ただし、この方法で Oracle サーバーと通信するには、Oracle クライアント ソフトウェアがインストールされている必要があります。しかし、そのようなソフトウェアをインストールしたくない場合や、インストールできない場合があります。そのような場合、dotConnect for Oracle では直接モードを使用できます。直接モードでは、プロバイダーは Oracle クライアントがなくても接続でき、実際に (必要最小限の機能を備えた) シン データベース アプリケーションの作成を可能にする TCP/IP プロトコルのみ必要です。

dotConnect for Oracle には、Oracle データベースへの接続、コマンドの実行、および実行結果の取得を行う機能があります。これらの実行結果は直接処理できます。また切断状態の間に、今後の処理のために ADO.NET データセットに格納することもできます。実行結果を DataSet に格納しておくと、ユーザーにデータを公開したり、複数のソースのその他のデータと連結したり、複数の層間で間接的に渡したりすることができます。DataSet に結果を格納している間に、データに対して実行された処理は、後で Oracle データベースと一致させることができます。dotConnect for Oracle データ プロバイダーは軽量に動作するように設計されています。この製品は Oracle データベースとコードの間の最小レイヤーで構成されます。これにより、パフォーマンスを犠牲にすることなく機能を拡張します。

次に、dotConnect for Oracle データプロバイダーの主要な機能の一部を示します。

  • Oracle クライアントを使わない直接モードによるアクセス
  • 100% 管理されたコード
  • 高性能
  • Oracle サポート
  • Oracle データ型をすべてサポート
  • Oracle オブジェクト型OBJECT、VARRAY、TABLE、REF をサポート
  • Oracle XML 型をサポート
  • 導入が容易
  • .NET Compact Framework のサポート
  • スクリプトを実行する OracleScript コンポーネント
  • データを高速に読み込む OracleLoader コンポーネント
  • PL/SQL パッケージを容易に操作できる OraclePackage コンポーネント
  • Oracle サーバーデータソースからデータを取得して操作する OracleDataTable コンポーネント
  • メタデータ取得のサポート
  • DBMonitor によるクエリおよびストアドプロシージャの実行監視機能
  • アレイ バインド機能
  • PL/SQL テーブルのサポート
  • PL/SQL レコードのサポート
  • 透過的なアプリケーション フェイルオーバーのサポート
  • OS 認証が有効
  • セッションを開くための DBA 特権
  • データセットにいくつかの REF CURSOR を読み込む
  • データセットにオブジェクト、アレイ、およびネストしたテーブル データを読み込む
  • OracleDataTable コンポーネントによる Oracle オブジェクトの構造化表現と編集
  • 高度な接続プーリング
  • クエリ結果へのページ単位のアクセス
  • 非同期実行のサポート
  • 基本クラス ベースのプロバイダー モデル
  • Oracle ホームの操作
  • 高度な設計時エディター
  • データベーススキーマを参照したり、データベースオブジェクトやクエリのビジュアルバインドを操作したりする OraDeveloper Tools を統合
  • Package Wizard によるPL/SQL パッケージのラップ
  • Migration Wizard を使用するとMS OracleClient および ODP.NET から容易に移行可能
  • Visual Studio .NET に統合されたヘルプ