JUDE/Share(日本語版) について

JUDE/Proで作成した設計ドキュメントをブラウザからの参照。

JUDE/Shareは、システム設計ツールであるJUDE/Professionalにて作成した設計ドキュメントを登録することで、ブラウザからの参照を可能にし、その設計情報に対して質問やコメントを付与して設計時のディスカッションを推進します。 システム開発プロジェクトにおける設計ドキュメントは、設計者の意図を開発チームや後の保守担当者へ伝える重要なツールです。この設計ドキュメントをより正しく作成し、より正しく伝えるため、一般的にはホワイトボード等を使い、リアルな会議の場で設計解説やレビュー等を行ってきました。このリアルなコミュニケーションを、そのままインターネットワイドでの展開を可能にしたのがJUDE/Shareです。

システム開発プロジェクトにおける設計ドキュメントは、設計者の意図を開発チームや後の保守担当者へ伝える重要なツールです。この設計ドキュメントをより正しく作成し、より正しく伝えるため、一般的にはホワイトボード等を使い、リアルな会議の場で設計解説やレビュー等を行ってきました。このリアルなコミュニケーションを、そのままインターネットワイドでの展開を可能にしたのがJUDE/Shareです。

これにより顧客-開発者間やオフショアなど分散環境での設計に対する質問、設計レビューなどが容易になります。また、設計にかかるディスカッションをコメントとして残す事により設計に関する情報を蓄積、活用することが可能となります。JUDE/Shareは、既にトライアルとして、オフショアの現場や教育機関などでの評価が開始されています。

JUDE/Shareの特徴的機能

  • 設計情報共有機能
    JUDE/Professionalにて作成したUML、ER図、フローチャート、マインドマップ* をWebブラウザより参照。
  • コメント機能
    図に対してコメントを付与。コメントを付与したオブジェクトの位置を移動すると、コメントが連動して表示します。さらにコメントの背景の色を変更し、他のユーザーとの区別などで活用可能します。また、各コメントには返信コメントをつけることができ、モデルを洗練していく過程を履歴として管理可能。
  • パーマリンク機能
    パーマリンクは、JUDE/Shareの各コンテンツに割り振られたURLであり、ブラウザのURLに指定することで対応するコンテンツをダイレクトに表示します。例えばコメント付与後、パーマリンクを取得してメールに貼付けることで、メール参照者はそのリンクをクリックするだけで該当の図やコメントを表示できます。
  • プロジェクト管理
  • ユーザー管理
  • コメントのモデル要素連動
  • コメント一覧
  • 構造ツリー

参照できる図(JUDE/Professionalで作成した図)

  • UML
  • ER図
  • DFD
  • フローチャート
  • マインドマップ