BOM for Windows(日本語版) について

自立分散型アーキテクチャを採用しているWindowsサーバー監視ソフト。

BOM for Windowsは、サーバーのハードウェア、OS、ユーティリティソフト、ミドルウェア、サーバーアプリケーションなど、すべての階層にわたって監視をおこない、管理者や監視コンソールに通知し、リカバリーします。Windowsサーバーの運用管理者は、日々のサーバー監視(チェック)業務の大半をこのBOMに委ねることができます。Windowsサーバーのダウンタイムの短縮、サービスレベルの維持、キャパシティプラニング、リモート保守業務などに欠かせないツールです。

BOM for Windows

BOMは、Windows2000 ServerやWindows Server 2003を採用しているサーバーのハードウェア、OS、ユーティリティソフト、ミドルウェア、サーバーアプリケーションなど、すべての階層にわたって監視をおこない、管理者や監視コンソールに通知し、リカバリーします。 Windowsサーバーの運用管理者は、日々のサーバー監視(チェック)業務の大半をこのBOMに委ねることができます。 Windowsサーバーのダウンタイムの短縮、サービスレベルの維持、キャパシティプラニング、リモート保守業務などに欠かせないツールです。

製品構成

  • BOM監視サービス
  • 実際に監視や通知、リカバリー処理を行うサービスプログラム
  • BOM管理コンソール
  • 監視の設定やステータスを確認するプログラム。ネットワークを経由して別コンピュータのBOMへのアクセスも可能
  • BOM集中監視コンソール
  • 複数のコンピュータのステータスを一目で確認する為のコンソールプログラム。 
  • BOMアーカイブ
  • アーカイブサービス、アーカイブサーバー、アーカイブコンソールで構成
    • アーカイブサービス:長期間のログをBOMアーカイブDBへ保存する為のモジュール
    • 監視対象サーバーに監視サービスと併せて導入
    • アーカイブDB:長期間のログを保存する為のデータベース
    • アーカイブコンソール:BOMアーカイブDBに保存したデータを表示したり、レポートを出力するプログラム

監視・イベント処理機能

  • 監視機能
    ハードディスク空き容量監視、プロセスのメモリ使用量(メモリリーク)監視、サービスの稼動監視、パフォーマンスカウンタ監視、イベントログ監視、プロセス数監視、プリンタスプール監視、  ディレクトリ・ファイルサイズ監視
  • イベント処理(アクション)
    • 通知
      電子メール通知(SMTPメール、MAPIメール)、SNMP TRAP通知、BOM集中監視コンソールへの通知、ポップアップ通知、ポケベル通知、イベントログ書き込み
    • リカバリー
      サービスの起動・停止、シャットダウン(リブート)、指定のプログラムの実行、指定のバッチプログラムの実行、指定のスクリプト(CScript)の実行
    • その他
      監視ON/OFF

標準添付の監視テンプレート
BOMには、最初から800項目以上の監視のテンプレートが標準添付されています。ユーザーは、その中から監視したい項目を選んでドラッグ&ドロップするだけで設定が行えます。あとは、コンピュータの環境に応じてしきい値を調整するだけです。

代理監視機能
監視コンピュータに新規に監視モジュールを導入することなく監視ができる、代監視機能をサポートしています。 コンピュータの生死の監視、不安定で新規に監視モジュールを導入できないコンピュータ、英語版Windowsコンピュータの監視に利用できます。

監視オプション for Linux

監視オプション for Linuxは、BOM for Windowsの監視サービスが稼動しているWindowsコンピュータに導入して、LinuxサーバーのCPUやメモリ、ディスク容量等を監視する機能を提供します。BOM5.0マネージャ上でのLinux監視は、1つの監視インスタンスとして扱われ、Windowsの監視インスタンスとの同時に複数の運用が可能、従来からご利用いただいている、Windowsから実行するSMTPメール送信やSNMP通知等のアクションも、ご利用いただけます。 設定はすべてWindowsコンピュータ上のBOM5.0マネージャから行い、Linux上でのインストール操作は必要有りません。また、監視対象のLinuxコンピュータでは、BOMのための専用のプロセスを必要とせず、Windows上での初期設定時にssh経由でコピーされるParlスクリプトのみで、監視とLinux上でのアクションを実行します。 この様にBOMに関する一切の操作をWindows上から行うことができ、さらにLinuxテキストログ監視により検知したログを、Windows上のBOM5.0マネージャに蓄積し確認できるため、Linuxに不慣れな場合でも、設定変更/ステータスの確認/ログの確認等の管理作業を、ストレス無く実施いただけます。

監視オプション for Oracle

監視オプション for Oracleは、BOM for Windowsの監視サービスが稼動しているコンピュータに導入しOracle Databaseを監視する機能を提供します。一般的なOracleの監視ツールでは、多数の監視機能やパフォーマンスチューニングの機能が提供されていますが、高価で、ハイスキルな技術者しか使いこなせない難点がありました。監視オプション for Oracle では、重要な6つの監視機能に絞ってあり、シンプルに使える製品になっています。さらに監視機能を拡張したいユーザー用として、任意のストアードファンクションの実行結果での監視機能も提供しています。 『更に、本バージョンよりGUIを実装し、より一層使いやすくなりました。旧バージョンで設定操作に必須であった「引数/関数」の設定を廃止し、監視閾値を含む総てのせ設定操作をGUIでカバー。

監視オプション for Citrix Presentation Server

監視オプション for Citrix Presentation Serverは、BOM for Windowsの監視サービスが稼動しているコンピュータに導入し、「Windowsサーバー標準添付のTerminal Service」や 「Citrix社Presentation Server(新名称「XenApp」、旧名称「MetaFrame」)」を監視する機能を提供します。Terminal/Presentation Server では、同時に多くのユーザーのプログラムが動き、CPUをはじめメモリー、Disk、ネットワークなどのサーバーのリソースを消費します。リソー ス不足になると、レスポンスが急激に低下したり、場合によってはサーバーがフリーズしたような状態になります。このような状態になる前に発見したり、リソースを大量消費しているユーザーやコンピュータを発見したりする場合に使用します。

サーバー診断レポートオプション

サーバ監視ソリューションとして10年以上の実績をもち、皆様にご利用いただいているBOM for Windows。基本パッケージでは、複数サーバで実行されている監視データの集約及び蓄積を目的とした、BOMアーカイブサーバをご提供しています。BOM5.0に、サーバー診断レポートオプションを追加することにより、従来の単純な監視・蓄積機能からさらに進化し、「監視・蓄積・レポート・分析」を一元化して、CPUの負荷傾向をはじめサーバー管理に必要な情報を、蓄積されている監視データから抽出します。このデータは、サーバーの入れ替えや仮想環境への移行時等、様々な場面で重要な資料としてご利用いただけます。BOM5.0とMicrosoft SQL Server、この組み合わせで監視データの蓄積が可能となります。CPU使用率をはじめとし、ディスク容量、メモリ、イベントログ等設定されているすべての監視データをDBに蓄積します。BOM5.0単独でも、監視項目ごとに5000件のデータを保持していますが、SQL Serverを導入しアーカイブを設定することにより、さらに長期に亘った監視ログの蓄積が可能となり、更に、サーバー診断レポートオプションを導入することにより、蓄積した監視情報を基に各サーバの稼働状況等を分析し、MHTML又はExcel形式のファイルで保存します。