商品説明の翻訳が完了していない商品については、Google翻訳サービスへのリンクを表示しております。 ただし機械による自動翻訳は必ずしも翻訳結果が正確ではないことにご注意願います。

Powered by

AppLife Update v5.4.0.0

ホストされたビルドエージェントでコマンドラインを使用可能、新しいインストールアクションとフォルダーの存在の有無をチェックするアクションを追加
8月 09, 2018 - 8:07
新バージョン

特徴

  • New Install .Net 4.7 Actions - New actions that will install .Net Framework 4.7 and 4.7.1 on deployed clients.
  • Support Passing License Key into the Command Line Build Utility - A new optional command line argument accepts your license key, allowing the command line utility to be used with hosted build agents.
  • Disable AppLife Server Checks - A new property on the Update Controller will disable automatic checks to identify an AppLife Server as the update location.
  • New Check Folder Exists Action - Checks to see if a designated folder exists and sets a Shared Property with the result.
  • Optionally place an MSI exit code into a Shared Property - Share the results of an Execute MSI Action with other actions and conditionals in the update.

不具合の修正

  • Corrected an issue with Client ID Hardware Identification Signature - Corrected an issue with AppLife Server Client ID duplication.
AppLife Update

AppLife Update(英語版)

配信した.NETアプリを自動的にアップデート

ご質問がありますか?

今すぐ Kinetic Jump Software ライセンススペシャリストとライブ チャット