VB-BarCode(日本語版) について

Visual Basic上で簡単にバーコードを作成。

作成できるバーコードは、2次元コードのQRCODE、PDF417及び、一次元コードのJAN、UPC、ITF、CODABAR、Code39、Code128、郵便カスタマバーコード。バーコードは、印刷/クリップボードへ転送/画像ファイルへ保存といった生成が可能です。また、OCXと同等の機能をAPI関数でも提供しています。このため、Visual C++でも簡単にバーコードを生成するアプリケーションを作成することができます。ランタイムファイルは使用許諾の内容に基づき自由に再配布可能な為、面倒なライセンスの管理や手続きは一切不要です。

バーコード生成OCXとAPI関数を提供 使いやすいOCXで簡単&スピーディにアプリケーションにバーコード生成ロジックを取り込むことができます。 また、OCXと同等の機能をAPI関数でも提供しています。

2次元バーコードに対応 QRCode(Model1、2)、PDF417を生成することができます。

その他9種類のバーコードに対応 2次元バーコードのほか、国内外で頻繁に利用されているJAN(EAN)13桁、JAN8桁、UPC-A、UPC-E、ITF、CODE39、CODE128、CODABAR(NW-7)、 郵便カスタマバーコードをサポートしています。

ピクセル単位でのバーコード生成が可能 画像処理の最小単位であるピクセルでのバーコード生成が可能となり、従来のVB-BarCodeよりさらに高精度なバーコードを生成することができます。ドットインパクトプリンタなど解像度の低いプリンタでもピクセル単位で生成したバーコードであれば高精度なバーコードを印刷することができます。

チェックデジットの自動計算&付加機能 チェックデジットはバーコードメッセージより自動計算し、 付加する・しないといった指定ができます。

チェックデジットの計算方法が選択可能 「 CODABAR(NW-7) 」 CODABAR(NW-7)についてはチェックデジットの計算方法を、モジュラス10/ウエイト2、モジュラス10/ウエイト3、モジュラス11、加重モジュラス11、モジュラス16、7チェックDR、ルーンズから選択することができます。

プリンタの解像度に合わせたバーコード生成 印刷するプリンタの解像度に合わせ高精度なバーコードを生成することができます。

自由なサイズでバーコードを生成可能 従来のVB-BarCodeはJIS規格に準拠し生成するバーコードの幅や高さに制限がありました。しかし運用では規格外のサイズでバーコードを生成する場合も多くあるため、Ver2.0では生成できるバーコードサイズの制限をはずしました。

詳細な仕様設定が可能な各種プロパティ バーコードを生成するためのプロパティが豊富に用意されています。 これによりバーコードの詳細な仕様を定義することができます。 プロパティページで簡単プロパティ設定 Visual Basic上でのプログラム設計時において、プロパティページ画面から、簡単にバーコードの仕様を設定することができます。生成するバーコードの種類によって、 設定しなければならないプロパティを対話形式で入力することができるため、最低限必要な設定を簡単に行うことができます。

バーコードは3種類の方法で生成可能 エンドユーザーが要求する様々なシステムに柔軟に対応するため、 3つのバーコード生成メソッドを用意。用途に応じ、簡単にバーコードを生成することができます。

バーコード生成パターン
1. 用紙の指定位置にバーコードを印刷
2. クリップボードへ出力
3. 画像ファイル(ビットマップ形式またはメタファイル形式、拡張メタファイル形式)として生成

Visual Basicでバーコード生成メソッドの呼び出し例   ' BarPrintメソッドで、用紙の指定位置にバーコードを印刷   BarcodeCtrl1.BarPrint Printer,10,20,"491234567890"   MsgBox("指定位置に印刷しました。")

'Clipboardメソッドで、クリップボードへコピー(拡張メタ)   BarcodeCtrl1.Clipboard BarcodeCtrl1.GetEnhMetaFile("491234567890")   MsgBox("クリップボードに転送しました。")

'SaveFileメソッドで、拡張メタファイルに保存

BarcodeCtrl1.SaveFile "BarCode.bmp",BarcodeCtrl1.GetEnhMetaFile("491234567890")   MsgBox("バーコードをファイルに出力しました。")