SharpShooter Reports JP.WPF(日本語版) について

WPFアプリケーションにパワフルなレポーティングを追加。

SharpShooter Reports はさまざまな分野で利用できる最もフレキシブルな100% マネージド.NET 対応のレポート・帳票コンポーネントです。グループ、列、クロス、ダブルパスモード、C#/VBスクリプトなどを使用して、非常に複雑なレポートを作成することができ、ピボットテーブルを使ったクロスタブレポート、パラメタライズレポート、サブレポート、並列レポート、マスターレポートなど多彩なレポート形式に対応しています。 SharpShooter Reportsは WinForms、ASP.NET WebForm / ASP.NET MVC、WPF、Silverlight の各アプリケーションで使用できます。SharpShooter Reports に含まれている ReportViewer コントロールと SharpShooterWebViewer コントロールにより、WinForms と Web アプリケーションで表示できます。

全般

  • 一般的な大半の.NET IDEとの互換性
    SharpShooter Reports は Visual Studio.NET と、その他の .NET IDE 上で動作します。更に、SharpShooter Reports は IDE なしでも動作します。たとえば、レポートテンプレートファイル(.rst)をダブルクリックするとレポートデザイナが起動されます。最低条件はエンドユーザのマシンに .NET Framework2.0 以上がインストールされていることです。
  • WinForms、ASP.NET WebForm / ASP.NET MVC、WPF、Silverlight をサポート
    SharpShooter Reportsは WinForms、ASP.NET WebForm / ASP.NET MVC、WPF、Silverlight の各アプリケーションで使用できます。SharpShooter Reports に含まれている ReportViewer コントロールと SharpShooterWebViewer コントロールにより、WinForms と Web アプリケーションで表示できます。
  • .NET 完全対応レポートエンジン
    この製品は C# で書かれており、マネージドコードだけを含んでいます。
  • インターネットでの共有が容易な XML ベースのレポートファイル形式をサポート
    XML 形式で保存して、オンラインでレポートを共有できます。
  • オープンなプラグイン・アーキテクチャ
    SharpShooter Reports にはオープンなプラグイン・アーキテクチャがあります。つまり、プラグインとして独自の DLL を追加することで簡単に独自の機能を追加できます。たとえば、必要に応じたエクスポートフィルタを作成して SharpShooter Reports で使用できます。
  • GDI+ を使用する利点: グラデーションの塗りつぶし、アルファの重ね合わせ、カスタム形状など
    SharpShooter Reports はレポートのオブジェクトを描画するためにすべての GDI+ の利点を使用することができます。これはアプリケーションをプロフェッショナルで最高級な外観に仕上げます。
  • カスタム言語を容易に追加可能
    SharpShooter Reports のインターフェースを容易に外国語に変換でき、それを XML ファイルとして SharpShooter Reports に追加できます。
  • ユーザガイドと広範囲に渡る使用サンプルを用意
  • ランタイムのロイヤリティフリー
    SharpShooter Reports はランタイムのロイヤリティがフリーです。つまり、追加料金なしでアプリケーションと一緒に SharpShooter Reports をエンドユーザに配布できます。
  • フルソースコードを用意
    SharpShooter Reports JP.Professional エディションには、製品のソースファイルが付属しています。

データソースの接続型

  • ADO.NETとの互換性あり リレーション付きの階層型のデータモデルをサポート
    SharpShooter Reports はリレーション付きの ADO.NET の階層型のデータモデルをサポートします。ADO.NET オブジェクトを基礎として複雑な階層型レポートを作成することができます。データのバインドを完全に表示します。
  • .NET のデータソースをすべてサポート
    SharpShooter Reports では、.NET Framework の標準のデータモデルが使用されています。カスタムなオブジェクトを基にして複雑なレポートを作成できます。ビジュアルにデータをバインドしたりレポートの生成途中でも IEnumerable、IList、IListSource、ICustomTypeDescriptor、ITypedList を使用できます。
  • 強力なバインドモデルを使用し、すべてのコントロールのプロパティをカレントのスクリプト言語(C#またはVB.NET)で書かれたカスタムな式だけでなくデータフィールド、システム、ローカル変数にもバインド可能
    C#、VB.NET、Jscript などの .NET 対応言語で、どのコントロールのプロパティの値でも式として設定できます。テキストや値だけでなく、Styles プロパティや TextAlignment プロパティなどに式を設定できます。
  • 単一レポートに複数のデータソースを使用可能
  • バウンド/アンバウンドをサポート
    SharpShooter Reports では、バインドあり/なしの両方のレポートを作成できます。バインドなしの場合は、レポートのすべての値をレポートデザイナで定義します。

レポートのデザイン機能

  • レポートマネージャを追加。更に進化したレポートデザイナ
    新たに追加されたレポートマネージャコンポーネントは、そのフォームに関連する複数のレポートデザインを管理できます。また、レポートデザイナはレポートのテンプレートと生成したドキュメントの両方を作成およびカスタマイズできます。Text プロパティはすべて、関連するツールバーボタンから簡単に変更できます。テキストのスタイル、サイズ、フォントの色、フォーマット、整列などを設定できます。式ツールバーは選択したオブジェクトのプロパティに式を割り当てる便利な方法を提供します。式エディタを立ち上げる必要はありません。塗りつぶしエディタは選択したコントロールの塗りつぶしを設定できます。これらの操作は実行時だけでなくデザイン時にも行えます。
  • 強力なレポートのウィザード
    SharpShooter Reports には賢いレポートウィザードがあり、開発者のレポートの作成プロセス中の時間と労力を軽減します。マウスを何度かクリックするだけですばやくレポートを作成できます。新たにピボットテーブルウィザードが追加されています。
  • Crystal Reports からのインポート
    Crystal Reportsから SharpShooter Reports の形式にレポートを瞬時に変換するための自動コンバータがパッケージに含まれています。
  • Active Reportsからのインポート
    Active Reports から SharpShooter Reports の形式にレポートを瞬時に変換するための自動コンバータがパッケージに含まれています。
  • マスターレポート機能の利用
    ASP.NET のマスターページと似たような機能を提供します。マスターレポートの利用方法は、簡単です。Contentオブジェクトを配置したマスターレポートのテンプレートを作成し、それを再利用するレポート側の Document オブジェクトの MasterReport プロパティにマスターテンプレートの名前を割り当てるだけです。マスターレポートでの変更は瞬時にマスターレポートを使用するすべてのレポートに反映されます。
  • 最終レポートの変更
    内蔵されたエンドユーザデザイナはエンドユーザがレポートのテンプレートとドキュメントの両方を変更できます。

レポートモデル

  • C# と VB.NET のスクリプトをサポート
    SharpShooter Reports はサブレポートを使わずに単一レポート内で複雑な階層型レポートを作成できます。これはかなり簡単に階層型のデータソースに基づいたレポートを生成できます。
  • 生成されたレポートをオブジェクトグラフで格納(ReportDOM を使用)
    レポートをファイルに保存でき、取得する際はオブジェクトの構造はそのままです。デザイナを見ながらでもコードからでもレポートを後で変更できます。
  • マニュアルビルドをサポート
    マニュアルビルドを使用してレポートの生成過程のすべての形態を制御できます(非常に複雑なレポートの場合)。また、マニュアルビルドと自動ビルドのメカニズムを組み合わせて必要なバンドの順序を取得することもできます。
  • さまざまなバーコードに対応
    SharpShooter Reports は郵便カスタマーバーコードやコンビニバーコード(UCC/EAN-128)、二次元バーコード(PDF417)、QR コード などさまざまなバーコードを提供します。
  • チャートの利用
    内蔵されているチャートコンポーネントはレポートのデータを視覚的に表現できます。
  • 計器の使用
    新しいウィジェットコンポーネントによりデータをさまざまな計器類の形で表すことができます。ダイアル、スライダ、スイッチ、ゲージ、オドメータなどがあります。
  • 単一レポート内での色々なページサイズと向き
  • 作成段階で、ページサイズや向きをコードからでも見ながらでも変更できます。
  • フレキシブルなページヘッダー/フッター
    SharpShooter Reports はページ番号、ページ総数、ロゴ、日付、時間、各ページに表示したいと思うその他のデータを表示することができるのでレポートの見た目が良くなり、読みやすくなります。
  • ページの重ね合わせによりページの背景に透かしなどのオブジェクトを作成可能
  • スタイルをサポート プレビュー、印刷、エクスポートなどを行うためにレポートに合った色々なスタイルシートを使用可能
    SharpShooter Reports でのスタイルの作成は簡単です。簡単にドキュメントの見た目をよくすることができます。スタイルシートは進行途中でオーバーライドできます。たとえば、レポートを表示する際や印刷する際に別のスタイルを使用できます。
  • メートル法とヤードポンド法をサポート
    必要に応じて SharpShooter Reports で使用する計測単位を定義できます。

レポートのプレビュー機能

  • WinForms および ASP.NET Web アプリ用のレポートビューア
    改良されたツールバー付きのレポートビューアはレポートを WinForms アプリケーションにも Web アプリケーションにも表示できます。レポートを利用可能な形式( PDF、XPS、HTML、RTF、BMP、JPG、EMF、GIF、PNG、TIFF、CSV、Excel、Excel(XML)、Text)すべてにエクスポートできます。レポート全体、レポートの一部を印刷したり、単語、文字列などで検索したりレポートの至る所にナビゲートします。
  • 大半の形式をエクスポート
    SharpShooter Reports はさまざまなエクスポートフィルタを提供しており、レポートを一般的な大半の形式(PDF、XPS、RTF、HTML、EMF、BMP、JPG、GIF、TIFF、PNG、Excel、Excel(XML)、CSV、Text)に保存できます。SharpShooter Reports はカスタムなエクスポートフィルタを使用できます。エクスポート機能は Web サーバーで提供し、クライアントが希望する形式でレポートを受け取ります。
  • 印刷機能: エンドユーザはいつでも必要なレポートをプレビューおよび印刷可能

レポートの種類

  • クロスタブレポート/ピボットテーブル
    SharpShooter Reports は内蔵された PivotTablel コンポーネントによってクロスタブレポートを作成するための完璧なツールになりました。SharpShooter Reports の一部として、このコンポーネントはレポートで利用可能な任意のデータソースを使用して、コードを1行も書かずに複雑なピボットテーブルを作成できます。更に、単一のレポートに複数のピボットテーブルを使用してレポートのどの部分にでもそれらを入れ子にすることができます。
  • パラメタライズされたレポート
    利用可能なさまざまなパラメータにより、ある特定の目的に必要な詳細を指定することによってレポート内のデータ処理の手順が最適化されます。レポートのデータのフィルタ(例:日付、数値、期間、形状)をかけたり、指定した特定の基準に応じてデータを分析したり、レポートの外観を操作したりできます。また、レポートの全てのオブジェクト(例:文字列、整数、クラスオブジェクトなど)に対してパラメータとして指定することができます。
  • サブレポート
    SubReport コンポーネントにより、複数の異なるレポートでレポートの同一部分をサブレポートとして使用できます。改良されたマスターレポートのコンセプトの他に、パラメタライズされたサブレポートの機能により、SharpShooter Reports は複雑な階層型のレポートを作成することができます。
  • 並列レポート
    SharpShooter Reports は生成における SideBySide バンドという先端のコンセプトを導入しました。SideBySide バンドはそれぞれのレポートのパーツの左右に間隔を空けて並列に配置することができます。サブレポートで一般的に使用されるレポート内容の並列とは違って、この SideBySide バンドは1つのテンプレートでレポート全体をデザインすることができます。
  • 階層型のレポート
    制限なしの入れ子のマスター詳細バンドはサブレポートを使わずに単一のレポート内で複雑な階層型のレポートを作成できます。これは階層型のデータソースを基にしたレポートをとても簡単に生成できます。
  • レポートの段組み
    必要に応じた段数(列数)でレポートを作成できます。
  • レポートのグループ分け
    レポートのデータをさまざまな条件やパラメータでグループ化できます。レポート内のグループの入れ子の数に制限はありません。