Desaware / InstallAware

  1. 新機能: What's new in V2.0? New Service Executable Command Line options User and -Password allow you to specify the account in which the service will run. This setting overrides that provided in the Service Configuration file, and is ideal for cases where ... 続きを読む この製品についてさらに結果を表示します。

  2. 新機能: V2.0 での変更点 サービスを実行できる新しいコマンド ライン オプション -User および -Password を使用すると、サービスを実行するアカウントが指定できます。 この設定は Service Configuration ファイルの設定よりも優先します。システムによってアカウントが異なる場合には最適です。 このオプションは、デスクトップと対話するよう設定されたサービスには対応していません。 -Params を使用すると、インストール中に各種パラメータが設定できます。このパラメータは ... 続きを読む

  3. $$ | 購入

    新機能: What's new in 2006? SpyWorks V8.0 represents a major fork in development of the package. As such, it can be installed on the same system with version V7.1. It contains a completely new set of components and a separate subclassing/hook engine. Major ... 続きを読む

  4. $$ | 購入

    新機能: What's new in 2006? SpyWorks V8.0 represents a major fork in development of the package. As such, it can be installed on the same system with version V7.1. It contains a completely new set of components and a separate subclassing/hook engine. Major ... 続きを読む

  5. 新機能: What’s new in Desaware Licensing System V2.0? .NET 4.0 support (x32 and x64) Subscription expiration is built-in. Define default subscription expiration on an application basis or set the expiration by individual installation code. Installation codes can ... 続きを読む