GrapeCity

旧バージョン取扱のご案内 :旧バージョン販売に関しては、弊社フリーダイヤル(0120-343-550)又はメール(sales@componentsource.co.jp)までお問い合わせください。

GrapeCityマイアカウントを作成すると、Webサイト上で以下のサービスがご利用いただけるようになります。マイアカウントの機能及び各種操作方法の詳細は こちら をご参考ください。

1, 保守サービス/サブスクリプション契約の管理
2, 各種キーの確認・入手
3, テクニカルサポートの利用
4, トライアル版の入手

米国にヘッドクォーターをもち、GrapeCityは1990年代後半から、高品質の開発ツールとコンポーネントを、日本の開発者に提供し続けてきています。ComponentSourceとは2003年からエンタープライズパートナーとして参加、それ以来日本国内でのアウォーズを毎年受賞するベストセラー商品となっています。

GrapeCity製品の完全ダウンロード版サプライヤーとして(パッケージが届くのをお待ちいただく必要がありません...

I switched to ComponentOne from another vendor's offering and found C1's solution to be just what I needed: fast, lightweight and professional looking while still being easy to learn and use!

Greg Gum - Founder and Lead Software Engineer.

最新ニュース

InputManJS(日本語版)V3.1J
InputManJS(日本語版)V3.1J
Angular12対応とtabIndexのプロパティ追加
DioDocs for PDF(日本語版)V4J SP2
DioDocs for PDF(日本語版)V4J SP2
PDFドキュメントにレイヤーの追加
DioDocs for Excel(日本語版)V4J SP2
DioDocs for Excel(日本語版)V4J SP2
動的配列数式に対応
ActiveReportsJS V2.2
ActiveReportsJS V2.2
ESモジュールを導入、新しいグラフの種類を追加、プログラムによるレポート生成を改善
GrapeCity Webinar for ActiveReports.NET
GrapeCity Webinar for ActiveReports.NET
ActiveReports.NET 15.2を使用した、レポート作成、クラウドコンピューティング、およびAzureに関する開発者向けガイド

パートナーシップのステータス

Enterprise Partner
1996 年からの公式認定ディストリビューターとして、 ComponentSourceはGrapeCityの正式ライセンスをお客様に直接お届けいたします。

製品分類

受賞歴

PublisherPublisherPublisher

ご質問がありますか?

今すぐ GrapeCity ライセンススペシャリストとライブ チャット