商品説明の翻訳が完了していない商品については、Google翻訳サービスへのリンクを表示しております。 ただし機械による自動翻訳は必ずしも翻訳結果が正確ではないことにご注意願います。

Powered by

ActiveBI Suite for .NET(英語版)

Report Definition Language(RDL)に基づいた、ロイヤリティ・フリーのレポーティング・ツールキット。

GrapeCity 社の製品
1996 年より日本国内にてComponentSourceで販売中。

i

On July 1, 2012, ComponentOne and GrapeCity joined forces, creating ComponentOne, a division of GrapeCity.
The US GrapeCity PowerTools division was renamed to ComponentOne.

ActiveBI Suite for .NET is no longer sold. However, the individual products from within the suite are still available: ActiveAnalysis and Data Dynamics Reports.

ActiveBI Suite for .NET について

Report Definition Language(RDL)に基づいた、ロイヤリティ・フリーのレポーティング・ツールキット。

Data Dynamics Reports は、Web および Windows Forms アプリケーションとの統合が可能であり、また、レポートの作成と修正のためのリッチな API を提供します。 RDL が提供する基本的な機能に加えて、マスター・レポート/追加のチャート・タイプ/リスト・データ領域のバインド/バーコード・レポート・アイテム/書式付テキスト・レポート・アイテム/テーマとデータのビジュアライザーなどを含む、いくつかの機能が追加されます。Data Dynamics Reports で作成するドキュメントは、List/Table/Chart/Matrices/Banded List などの組み合わせを用いて、レイアウト・ベースのレポート内に配置されます。また、ADO.NET DataSet/.NET Object/SQL Server/Oracle/OLEDB/ODBC/XML などのデータ・ソースを用いた、データのポピュレーションにも対応します。

Data Dynamics Reports は、RDL に含まれる全ての機能に対応し、さらに、いくつかの拡張を実現しています:

  • Master Reports – デベロッパーがMaster Report を用いることで、テンプレートの定義と、他のレポートからの活用を実現
  •  Additional Chart Types – RDL で定義される実装チャート・タイプに対して、Data Dynamics Reports では 10種類以上のタイプを提供:Gantt/Candlestick/Hi-Lo/Hi-Lo Open-Close/Kagi/Renko/Three-Line-Break/Point and Figure/Pyramid/Funnel。さらに、標準への追加として、Column/Bar/Area/Line/Scatter/Bubble などのチャート・タイプを提供
  • Banded List data region – 標準的なデータ領域を用いてマルチ・グループのレベルを得るための方法は、膨大なリストのネスティングもしくはテーブル領域の利用だけであり、それらの欠点は顕著。 これらのリストを用いる作業は難しくなり、また、テーブルの場合はカラムが存在しないケースでの配置が困難。 それに対して、Banded List を加えることで、データのグループ化を容易にし、レポートの自由な配置に対応可能。 レポート作者による、Banded List の利用が可能であり、また、Access や ActiveReports、Crystal のインポート・ユーティリティーからの利用にも対応
  •  Barcode Report Item – 取り込まれている Barcode レポート・アイテムにより、Code39/UPC/PostNET/JapanesePostal といったポピュラーなバーコード・シンボルから、23 種類をサポート
  • Formatted Text Report Item – レポート作者が構成する、XHTML + CSS のレポート内への取り込みを、フォーマットされたテキスト・レポート・アイテムを用いて実現
  • Themes – レポートで用いられる、カラー・セット/2つのフォント・セット/共通イメージのパッケージなどを、テーマを用いて容易に定義。さらに、テーマ・ファイル・フォーマットは簡潔であり、新規テーマの作成や、既存テーマの置き換えにも容易に対応
  • Data Visualizers – データ表現の直感性を高めるために、データ・バー/カラー・スケール/アイコン・セット/レンジ・バーなどの利用が可能

単なるエクスポートを凌駕するレンダリング表現により、レポートの基本的なレイアウトを用いた、拡張レポートの作成が可能です。 つまり、それぞれのレポート・アイテムの作成は、レンダリング表現を活用する方式で実現されていきます。 利用可能な拡張表現は以下のとおりです:

  • Image – イメージ・レンダリングの拡張による、レポートの取得とイメージへの変換に対応。EMF/JPEG/GIF/BMP/TIFF/PNGの各フォーマットをサポート
  •  HTML – HTML レンダリングの拡張による、XHTML 1.1 + CSS 2.1フォーマットを用いたレポート・レンダリングに対応。オフライン参照やメールに対応するために、インタラクティブ・モードに加えてディスコネクト・モードをサポート
  •  Word – Word レンダリング拡張を取り込むことで、他のコンポーネントを必要とすることなく、ビュワーから Word ドキュメント・フォーマットへ向けた、レポートのダイレクトなエクスポートを実現
  •  PDF – PDFレンダリング拡張による、PDFバージョンのレポート出力に対応。 PDFの最新バージョンで提供される、暗号化とパスワードのオプションもサポート
  •  XML - XML レンダリング拡張により、レポート・コンテンツの動的な取得と、XML フォーマットでの出力に対応。それぞれのレポート・アイテムにおける Data Output スマート・パネル上で、参照可能なプロパティをレポート作者が修正することで、XML の構成方式の制御に対応

Data Dynamics Reports には、個別のアプリケーションと共に出荷が可能な、いくつかのコントロールが含まれます:

  •  Viewer for Windows Forms – アプリケーションにおいて、レポート参照を実現するための、Windows Forms ビュワー
  •  Viewer for ASP.NET – ASP.NETアプリケーションにおいて、レポート参照を実現するための、Web Forms ビュワー
  •  User Designer – Windows Forms アプリケーションにおいて、エンド・ユーザーによるレポート・デザインを実現するための、デザイナー・コントロール

Data Dynamics Reports は、ActiveReports for .NET を置き換えるものではありません。 Data Dynamics Reports を開発した背景には、最も基本的なレポートを作成するための、コード記述を必要としないレポーティング・プロダクトの開発という目的があります。

Data Dynamics Reports Active Reports for .NET の主要な相違点は? 簡潔に言うと、Data Dynamics Reports は、多数のデータソースとデータセット、そして数種類のデータ領域をサポートします。 さらに、プロパティの設定のために、VB.NET 表現をサポートします。 これらの表現は、レポート生成の全体的なプロセスをコントロールし、ActiveReports for .NET から発火されるイベント・ハンドラを置き換えます。

Expressions – ActiveReports for .NET を用いて、TextBox カラーの値をランタイムに変更する場合、以下のようなイベント・ハンドラを記述する必要があります:

private void detail_Format(object sender, EventArgs e)
{
if ( ( (double) textbox.Value) < 0.0 ) {
textbox.ForeColor = Color.Red;
}
else {
textbox.ForeColor = Color.Black;
}
}

Data Dynamics Reports を利用すると、必要な値のリターンが生じたときに、インラインの VB.NET コードにより、その表現を置き換えることができます。これまでのイベント・ハンドラの表記は、以下のように置き換えられます:

=IIF( Fields!field.Value < 0, “Red”, “Black” )

Multiple Data Sources/Data Sets – それぞれのレポートは、多数のデータソースおよびデータセットとの連携を取り込んでいます。 データ領域と、その子供は、単一のデータセットだけと連携を持つことが可能です。 データ領域内で多数のデータセットが必要とされる場合には、2番目のデータセットにリンクするために、サブ・レポートを利用することも可能です。 ただし、大半のケースにおいて、2セットのデータと連携する、データセットが使われることになります。

Drilldown – Data Dynamics Reports は、レポートの作者が設定した条件に基づいて、必要に応じたデータの隠蔽/開示を実現する、本格的なドリルダウンをサポートします。 そのための、すべての処理は、レポート・アイテムを隠蔽モードに設定した後に、レポート内のテキストボックスやイメージの名称に、ToggleItem プロパティをセットすることで完了します。

Data Regions – データ領域は、必要に応じて出力として操作されるデータを、各種のレポート・アイテムにより、セットするための方式を提供します。 リストデータ領域では、この領域自体の出力が、グループとして表現されるユニークなセット、あるいはデータセットのデータ列に向けて、一度に実行されます。 この一括での処理は、ActiveReports for .NET におけるレポート処理方式に非常に類似しています。 チャートデータ領域は、ActiveReports で用いられるテクノロジーを含みますが、Data Dynamics Reports のデータのセットと表現に関する考え方と、協調するように更新されています。

Nested Data Regions – ActiveReports for .NET において、レポート上の各セクションにチャートを加えることが可能ですが、データ領域のネスティングについては制約があります。 Data Dynamics Reports の場合は、データがグループ化されている限り、レポート・アイテムを取り込むデータ領域において、データ領域を加えることが可能です。 このデータ領域をネストする能力により、サブ・レポートの再ソートという追加プロセスによるオーバーヘッドを、レポートの作者が回避できるようになります。 リストデータ領域内に他のデータ領域をネストする方式が、細かなグループ・セットを持つときには、標準的な用法となります。 このセットアップを実施することで、要約データが外側のリストに出力される際に、詳細データが内側のリストに取り込まれていきます。 もう1つの用法は、マトリクス・データ領域のグルーピング概念を利用することです。 それにより、レポートの作者は、チャート/テーブル/リストによる、マトリクス化された表示を実現できます。

Matrix (Crosstab) – Data Dynamics Reports のマトリクス・データ領域は、クロスタブもしくはピボット・テーブルとも呼ばれる、優れた特徴も提供します。 このデータ領域は、データセットにおけるフィールド値の明確なセットに対して、Column/Row を加えたグリッドにより構成されます。 複数の方式と表示形態でデータをグループ化するという、データ表現における共通の命題を、多くのプロダクトが有しています。 マトリクスにおける個々のColumn/Rowも、オプションとしてサブトータルのColumn/Rowを持つことが可能です。 データセルにおける同一の表現を集約することで、また、グループに全データを取り込むためにスコープを拡大することで、この手法は具体化されます。

Table – Data Dynamics Reports は、テーブル・データ領域を提供することで、グリッド・フォーマット内のレポート・アイテムに関する、位置とサイズを決定するための操作を単純化します。 さらに、デザイナーを用いることで、テーブル上のグリッド・ラインの設定が容易になります。

質問 Data Dynamics Reports ActiveReports for .NET 3.0 における主要な相違点は?

解答: ActiveReports for .NET は、複雑なレポートを容易に作成するための自由度をデベロッパーに与える、柔軟なオブジェクト・モデルの提供にフォーカスしています。 それに対して、Data Dynamics Reports は、インテリジェンスなビジネス・アプリケーションの機能としての、レポートをターゲットにしています。

Data Dynamics Reports は、レポートの背景にあるコードを低減するために、また、レポート・アイテムのプロパティ値の評価を、Visual Basic .NET 表現を用いて置き換えるためにデザインされています。 その一方で、ActiveReports for .NET は、レポートのランタイム・カスタマイズを達成するために、イベントを重視したデベロッパー指向のシステムとして構成されています。

Data Dynamics Reports とActiveReports for .NET は、どちらも WebForms レポート・プレビュー・コントロールを含みますが、ActiveReports 場合は HTML と CSS の仲介に替えて、レポートをグラフィカルにレンダリングする ActiveX ベースのビュワーを取り込みます。 どちらの製品も、Windows Forms レポート・プレビュー・コントロールと、エンドユーザー・デザイナー・コンポーネントを含みます。 Data Dynamics Reports は、レポートの参照と作成のための、構築済みアプリケーションと共に提供されます。

Data Dynamics Reports は、個別のデータ領域をサポートします。 ActiveReports for .NET は、ひとつの固まりの中にレポートを生成し、その固まりが、レポートの特定部分にデータを表示します。 Data Dynamics Reports は Banded List と呼ばれるデータ領域をサポートし、また、Table/Chart/Matrix (crosstab)/List データ領域をサポートします。

Data Dynamics Reports だけに含まれる機能

  •  コード記述量の低減(コード・ビハインド・イベントを廃し、VB.NET 記述を利用)
  •  データ・ビュジュアライズ機能
  •  レポートのドリルダウン
  •  マトリクス(クロスタブ)
  •  FormattedText レポート・アイテムによる、XHTML/CSS コンテンツの表示
  •  単一のレポート内における、多数のDatasets と Data Sources への対応
  •  構築済みの、レポート・ビュワーとデザイナー・アプリケーションの提供
  •  先進的なアグリゲーション機能の実現
  •  子レポートのテンプレートとして機能する、マスター・レポートの提供
  •  ひとつのロケーションにおいて、共通のStyle/Color/Image設定を実現するテーマ
  •  MS Word レンダリングの拡張
  •  Image Rendering の拡張による、BMP/EMF/GIF/JPEG/TIFF/PNG フォーマットを用いたレポート・レンダリング
  •  レイアウト・ベースのレポート

ActiveReports for .NET だけに含まれる機能

  •  ランタイムでのカスタマイズを、コード・ビハインドとイベント・システムにより達成
  •  AxctiveX レポート・ビュワー
  •  OLE Object と Windows Forms Control の、レポートでの利用を実現
  •  各種データソースへの、ランタイムでのバインドを実現するアンバインド・モード
  •  柔軟なオブジェクト・モデル
  •  RTF コンテント
  •  Excel 形式でのエクスポート
  •  RTF 形式でのエクスポート
  •  プレイン・テキストでのエクスポート
  •  グラフィック・キャンバスに基づくエクスポート

2つの製品に含まれる、Data Dynamics の共通機能:

  •  広く用いられるチャート・タイプに加えて、各種の金融チャート・タイプを追加
  •  すべての一般的なシンボルを、サポートするバーコード
  •  PDF形式でのエクスポート (レンダリングの拡張)
  •  HTML形式でのエクスポート(レンダリングの拡張)
  •  ロイヤリティ・フリーのデベロッパー・ライセンス

質問 Data Dynamics Reports Microsoft SQL Server Reporting Services 2005 の相違点は?

解答: どちらの製品も、Report Definition Language (RDL) 2005 仕様を実装していますが、以下の相違点があります:

Data Dynamics Reports は、いくつかの SSRS には無い機能を導入しています。

  •  Master Reports – ASP.NET の Master Pages に類似したデザインを実現。 レポートのライブ・テンプレート指定により、レポート・アイテム/データ・ソース/データ・セット/レポート・テーマ/レポート・パラメータなどの共通セットを提供
  •  Report Themes – カラー/フォント/イメージのセットを提供することで、レポート作者による一貫した表示形態を容易に実現
  •  Data Visualizers – 個別の値参照をユーザーに強いることなく、データのセットに基づいたグラフィック表示を実現。 レンジの値に基づいた、カラー・スケールによるカラー選択。 データバーとレンジバーの長さを値で操作する、レクタングル形式によるデータ表示。 オプションである、プログレス・インディケータの使用も可能。5 種類のイメージで構成されるアイコン・セットの中から、レポートが表示アイコンを選ぶことで、データ・ステータスを表現
  •  FormattedText Report Item XHTML と CSS のレンダリングに、レポート内で対応
  •  Barcode Report Item: 20種類以上の、一般的なバーコード・タイプをサポート
  •  Banded List data region:拡張されたグルーピングをサポートすることで、レポート作者に対して、リスト・データの配置に関する自由度を提供
  •  Enhanced chart control:SSRSでは提供されない、追加チャート・タイプの利用
  •  Enhanced PDF support: ビルトインの、セキュリティ・オプションおよび、フォント・エンベディング、フォント・サブセッティングを利用
  •  開発者のサポート
    • Report API を利用することで、ビュワーやデザイナーのコントロールを必要とせずに、プログラミングによるレポートの作成とレンダリングに対応
    • Designer コントロールにより、Visual Studio 2005 IDE と同じデザインを用いた、エンドユーザーによるレポート作成に対応
    • Viewer コントロールによる、Data Dynamics Reports のフル機能の実現。サポートされる各種データ・ソースへの接続および、各種のカスタム・レポート・アイテムの利用、カスタムなレンダリング拡張などに対応

質問: Data Dynamics Reports がサポートする、Report Definition Language とは?

RDL 2005 仕様で要求される、いくつかの特質は、以下の項目を含みます:

  •  テーブル/チャート/リスト/マトリクスの、各データ領域
  •  グルーピング/セッティング/フィルタリングのサポート
  •  マルチのデータソース/データセットの、レポート内での利用
  •  テキスト・ボックス/イメージ/レクタングル/ラインなどのレポートアイテムに対応

RDL 2005 仕様を実装している製品は、Data Dynamics Reports と Microsoft SQL Server Reporting Services の2つだけです。

質問: Does Data Dynamics Reports はMicrosoft SQL Server Reporting Services を必要としますか?

解答:  不要です。 Data Dynamics Reports は、Microsoft SQL Server Reporting Services (SSRS) の上に構築されているわけではありません。Data Dynamics Reports は、独自のレポート・エンジンや、API、ビュワー、デザイナー・コントロールなどを含む、自己完結型のレポーティング・ライブラリとして構成されています。Data Dynamics Reports は、SSRS が生成する RDL ファイルを読み込み、実行することが可能です。 その理由は、対象となるファイルがRDL フォーマットにしたがい、それにより、両者間のコネクションが成立するためです。