ComponentOne Studio Silverlight(英語版)

インターネットアプリケーションを際立たせる最先端のSilverlightコンポーネント

GrapeCity 社の製品
1996 年より日本国内にてComponentSourceで販売中。

価格:¥ 212,700 (税抜)〜 バージョン: 2019 v2 新機能 更新日: Jul 30, 2019 レビューの平均スコア: 5.00レビューの平均スコア: 5.00レビューの平均スコア: 5.00レビューの平均スコア: 5.00レビューの平均スコア: 5.00 (1)

ComponentOne Studio Silverlight について

インターネットアプリケーションを際立たせる最先端のSilverlightコンポーネント

ComponentOne Studio for Silverlight は、エンタープライズ品質のコンポーネント群を、完全なセットとして Silverlight 市場に提供する製品です。そこには、グリッドおよび、ベクター・グラフィックス、アップローダー、カスタム・レイアウト、チャート、マップ、ゲージなどの、30 種類以上の革新的な Silverlight コントロールが含まれます。 ComponentOne Studio for Silverlight は、XAML とコードの双方をサポートすることで、デザイナーとデベロッパー間のワークフローを補完していきます。それにより、デザイナーは究極のユーザー・エクスペリエンスの作成を実現し、また、デベロッパーには慣れ親しんだプロパティ/メソッドのフル・セットが提供されます。 ComponentOne Studio for Silverlight は、ComponentOne Studio Enterprise の一部として提供されます。

Silverlight のための ComponentOne Studio は、グリッドおよび、チャート、メニュー、 ツリービュー、ファイル・アップローダー、レイアウト、データ入力、ゲージ、マップ、イメージ・ローテーション、ナビゲーションなどを取り込んだ、コンポーネントとコントロールの包括的なセットです。  Expression Blend を用いて ComponentOne Studio for Silverlight コンポーネントを活用することで、デベロッパーは Rich Internet Applications のためのリッチ GUI を容易に作成できます。

XAML を用いた構築を推進することで、ComponentOne Studio for Silverlight によるチーム内の協調が促進され、デベロッパーとデザイナーを結ぶワークフローのシームレスな流れが実現されます。 さらに、Silverlight から XAML を取り外し、WPF アプリケーションで利用することも可能です。 ComponentOne Studio for Silverlight の年間サブスクリプションを利用することで、コンポーネントとコントロールのアップデートを、1年間にわたり受けることが可能です。

ComponentOne Studio for Silverlight は、主な特徴として以下を含みます:

ComponentOne Chart for Silverlight
ComponentOne Chart for Silverlight におけるプロフェッショナル・クラスのチャートを、Silverlight アプリケーションに対して容易に追加。 Silverlight チャート・コントロールである C1Chart により、バーおよび、カラム、ライン、エリア、パイなどを含む、数多くのチャート・タイプをサポート。

ComponentOne RichTextBox for Silverlight
ComponentOne RichTextBox for Silverlight により、書式付きテキストの HTML ドキュメントとしての、ロード、エディット、セーブを実現。 C1RichTextBox コントロールにより、リッチ・フォーマットおよび、自動的なライン・ラッピング、各種タイプの HTML エクスポート(CSS スタイルシート、インライン・スタイル、単純なタグのみ)を提供。

ComponentOne DataGrid for Silverlight
Silverlight でリッチなデータ・ビジュアライゼーションを実現する堅牢なグリッド。ComponentOne DataGrid for Silverlight と組み合わせることで、Silverlight アプリケーションに対して先進のデータ・ビジュアライゼーションを付加。C1DataGrid の堅牢なデータ・バインド・コントロールにより、Silverlight アプリケーションにおけるテーブル・データの、容易な表示および、編集、分析を実現。

ComponentOne Menu for Silverlight
Silverlight ComponentOne Menu for Silverlight の Menu Control for Custom Navigation により、Silverlight アプリケーションに対して完全なメニュー・システムを提供。コードおよび XAML を用いたメニュー作成のために、C1Menu コントロールを活用。

ComponentOne TreeView for Silverlight
Hierarchical Data Views を用いて、Silverlight アプリケーションの操作を改善。ComponentOne TreeView for Silverlight による、データ・アイテムの階層的なビューを提供。WPF と Windows Forms で利用される TreeView コントロールに類似した、C1TreeView コントロールを実現。 それに加えて、キーボード・ベースの検索や、ドラッグ&ドロップ機能、階層的なテンプレートなどを提供。 XAML と コードによる、ツリーの作成が可能。

ComponentOne Windows UI for Silverlight
Silverlight アプリケーション内で、拡張されたダイアログ・ウィンドウを生成。 ComponentOne Window for Silverlight と ComponentOne MessageBox for Silverlight を用いて、標準的なブラウザ・ダイアログとメッセージ・ボックスを置き換え。 C1Window コントロールを用いて、Silverlight プラグイン内のフローティング・ウインドウにコンテントを表示。 エンドユーザへのメッセージ表示と、オプションとしての簡単な質問を、C1MessageBox で実現。クライアント・サイドにおけるリッチなオブジェクト・モデルによる、エクスペリエンスとパフォーマンスの改善を実現し、カスタマイズに費やされる時間を短縮。

ComponentOne Maps for Silverlight
Interactive Maps for Silverlight を用いた、Earth Map の操作を実現。ComponentOne Maps for Silverlight がイメージ・ビュー上に表示するバーにより、スクリーンと地理座標を連携したズーミング、パンニング、マッピングを実現。 C1Maps により、Microsoft Live Maps や Google Maps などを含む、各種のソースを用いたリッチな地理情報の表示を実現。 Microsoft Deep Zoom テクノロジー上に構築されたC1Maps により、高精細イメージ表示とクローズアップや、地図上でのスムースな移動をエンドユーザーに提供。 さらに、独自のカスタム要素を、地図情報上にスーパー・インポーズするためのレイヤをサポート。

ComponentOne Book for Silverlight
Silverlight によるページめくりコントロールを提供することで、革新的なナビゲーションを実現。ComponentOne Book for Silverlight により、リアルな本のような振舞いを持つ UIElement オブジェクトを提供。 一度に2つの要素を参照しながら、リアルな本のページをめくるような、マウスによるページ操作を実現。 C1Book のページめくりコントロールにより、魅力的で親しみ慣れた視覚的エクスペリエンスのためのシャドウ効果を提供。

ComponentOne Image Rotator for Silverlight
Silverlight アプリケーション上で、3D 効果を用いたイメージ・ローテーションを実現。ComponentOne ImageRotator for Silverlight により、Apple の iTunes アプリケーションにおける Cover Flow ビューや、映画 Star Wars のオープニングでスクロールされるクレジットのような、イメージに対する擬似 3D ローテーション効果を提供。

ComponentOne HtmlHost for Silverlight
Silverlight アプリケーションで Arbitrary HTML Content のホストとして機能。 ComponentOne HtmlHost for Silverlight を用いて、Silverlight 内で HTML と任意の URI コンテントをレンダリング。 HTML ホスト・コントロール(C1HtmlHost)により、任意の HTML コンテントをホストするフレームを提供し、任意の URI もしくは HTML テキストに基づいた表示を実現。

ComponentOne Range Slider for Silverlight
Silverlight アプリケーションに、Smooth Numeric Data Selection を追加。 ComponentOne RangeSlider for Silverlight により、基本的なスライダー・コントロールを拡張し、母数を 1つから 2つに増やすことで、ユーザーによる選択の幅を拡大。

ComponentOne Hyper Panel for Silverlight
Zoom Effects for Silverlight を用いた、Interactive Panel を提供。 ComponentOne HyperPanel for Silverlight に対して、マウス操作でアイテムを自動的にズームする StackPanel 効果を提供。 スクロールバーに依存することなく、ローテーターのような効果を達成することで、よりコンパクトなコンテナ内でマルチ要素の表示を実現。 Mac OS X のシステム・ツールバーに類似した、効果を実現。

ComponentOne Layout Panels for Silverlight
Silverlight アプリケーションにおいて、Arranging Content を容易に実現するためのパネル。 ComponentOne Layout Panels for Silverlight が提供する、Silverlight アプリケーション上でアイテムをアレンジするための、フル機能を提供するコントロール・スイート。 ラップ・パネル・コントロール(C1WrapPanel)を用いて、垂直あるいは水平にコンテントをラップする、フロー・タイプのレイアウトを作成。 ドック・パネル・コントロール(C1DockPanel)を用いたパネル・エッジに沿って、コンテントをドッキング。レイアウト・グリッド・コントロール(C1UniformGrid)を用いて、Column/Row グリッド内にコンテントを表示。 Expander コントロール(C1Expander)と Header コンテント・コントロール(C1HeaderContentControl)を用いて、展開と縮小に対応したパネルを作成。 これらの、パワフルなコントロール・グループを用いて、適切な方式でデータを表示することで、制御の流れとコンテントの配置を容易に実現。

ComponentOne ComboBox for Silverlight
データ検知型の Silverlight ComboBox のための、Combo Box Control。 ComponentOne ComboBox for Silverlight (C1ComboBox)により、エディット可能なテキスト・ボックスと、自動探索ドロップダウン・リストを組み合わせた、フル機能のコンボ・ボックス・コントロールを実現。

ComponentOne Numeric Box for Silverlight
Silverlight アプリケーションにおける、Numeric Valuesの表示と編集に対応。 ComponentOne NumericBox for Silverlight により、フォーマットされた数値を表示/編集するための、数値テキスト・ボックス(C1NumericBox)を提供。

ComponentOne Masked TextBox for Silverlight
Silverlight アプリケーションに入力された、データの妥当性を検査。 ComponentOne MaskedTextBox for Silverlight により、入力値の妥当性を自動的に検査する、マスク機能をテキスト・ボックスに提供。

ComponentOne Password Box for Silverlight
Silverlight アプリケーションの、パスワードを安全に保持。ComponentOne PasswordBox for Silverlight により、実際の入力文字列に代えて、特殊キャラクタを表示することで機密情報を保持。

ComponentOne Color Picker for Silverlight
エンドユーザーによるカラー選択を、定義済みパレットにより実現。 ComponentOne Color Picker for Silverlight により、プロフェッショナルのために設計されたパレットからのカラー選択を実現し、透過性を取り込んだカスタム・カラー作成も実現。

ComponentOne Gauges for Silverlight
Silverlight アプリケーションのための、リッチなダッシュボードを生成。 ComponentOne Gauges for Silverlight に含まれる 2つのコントロールである、C1LinearGauge と C1RadialGauge により、情報をグラフィカルに表示するための、直観的で魅力的な方式を提供。

ComponentOne Accordion for Silverlight
Silverlight のための、Microsoft Outlook スタイルのナビゲーションバーを実現。 ComponentOne Accordion for Silverlight により、拡張可能なアイテム・リストを表示。 UI を自動的に組織化することで、対象となるアイテムの選択と同時に、その他のアイテムを縮小表示し、スクリーン上の表示面積を最適化。

ComponentOne Uploader for Silverlight
クライアントの Silverlight アプリケーションから、サーバーへ向けたファイルのアップロードを実現。 ComponentOne Uploader for Silverlight により、サーバーへ向けたファイルのアップロードとストリームを、シンプルかつ信頼性の高い方式で提供。

ComponentOne FilePicker for Silverlight
Silverlight アプリケーション内で、ComponentOne FilePicker for Silverlight を用いることで、アップロードするファイルのユーザー選択を実現。 コンボ・ボックスに類似した C1FilePicker コントロールにおいて、ドロップ・ダウン・リスト表示に替えて、ファイル・ピッカー・ダイアログ・ボックス表示を実現。

ComponentOne Cube for Silverlight
Silverlight において革新的な操作方式を提供する、3D Rotating Cube。 ComponentOne Cube for Silverlight により、3D メタファーを用いた情報を提供。 キューブ面に UIElement オブジェクトを配置した後に、それを回転させることで、面ごとの要素を表示。

ComponentOne Drag Drop Manager for Silverlight
Silverlight アプリケーション上で、カスタムなドラッグ・ソースとドロップ・ターゲットの指定を提供。 ComponentOne DragDropManager for Silverlight により、Silverlight アプリケーションにおけるドラッグ&ドロップ操作を実現。

ComponentOne Data for Silverlight
Silverlight データベース・アプリケーションを作成するための包括的なフレームワーク。ComponentOne Data for Silverlight により、Windows Forms と ASP.NET デベロッパーが慣れ親しんでいる、標準的な DataSet、DataTable、DataView クラスの実装を提供。

ComponentOne Zip for Silverlight
Silverlight アプリケーションに、ファイル容量を低減するための Zip 圧縮を追加。 ComponentOne Zip for Silverlight により、標準的なZip 圧縮に関する完全な実装を提供。転送されるデータを圧縮することで、Silverlight アプリケーションのパフォーマンスを改善。データの圧縮と暗号化を用いて、分離されたストレージを効果的かつセキュアに利用。

ComponentOne PropertyGrid for Silverlight
ComponentOne PropertyGrid for Silverlight により、入力フォームの作成と、各種クラスの編集を容易に実現。 ComponentOne PropertyGrid for Silverlight に、10 種類以上のビルトイン・エディタとアクション・サポートを包含。

ComponentOne TimePicker for Silverlight

各種のフォーマットをサポートする、タイム・スタンプを提供。

ComponentOne DateTimePicker for Silverlight
ComponentOne DateTimePicker for Silverlight による、DateTime/Date あるいは、Time 値だけの編集を実現。 ComponentOne DateTimePicker for Silverlight により、各種フォーマットのサポートと、ローカライズのサポートに対応。