InputManJS(日本語版)

InputManJSは、テキスト、マスク、日付時刻、数値など用途別に最適化された入力用コントロールを収録したJavaScript製品です。Webアプリケーションにおけるストレスフリーのきめ細かい入力フォームを開発できます。すべてのコントロールがパフォーマンスとファイルサイズの観点から最適化され、InputManJSを形成するモジュールは約600KB。ページ上に多数のコントロールが存在しても、軽量かつ高速な操作性を提供します。日本生まれのInputManシリーズの機能を継承したInputManJSは、日本市場のあらゆる入力シーンを想定して設計され、和暦、漢数字、ふりがな取得など多くの日本固有の入力機能を備えます。タッチキーボードでの入力のほか、タッチ操作によるスピン、ドロップダウン、スクロール、文字選択、コンテキストメニューの表示といった基本操作に対応しています。 さらに、タッチ操作専用のツールバーも搭載します。また、InputManJSのコントロールは、AngularJS/Angularのディレクティブを備えReactやVue.jsといった人気のJavaScriptフレームワークにも対応します。

データ型や入力用途に合わせたコントロール

InputManJSは特定文字種、日付、数値、定型書式などの、さまざまな入力用途に適したコントロールを備えます。テキストやマスク、日付時刻、数値といった入力コントロールと、和暦、祝日表示に対応したカレンダーコントロールを提供します。実行時にはエンドユーザーがわかりやすいように区切り文字や通貨記号などのリテラル文字を表示できますが、開発者はリテラル文字を除いたデータを簡単に取得できます。また、入力時と表示時で異なった書式を定義できるほか、書式に応じた文字種への自動変換などエンドユーザーの入力を手助けする数々の機能を用意しています。

日本特有の表現に対応

  • 和暦や漢数字表記:西暦で入力した日付を和暦で表示ことが可能です。和暦は「元年」表示や年号をカスタマイズできるため、年号の改訂にも柔軟に対応できます。また、アラビア数字で入力した数値を漢数字で表示といった表現もできます。
  • 日本語の入力制御:半角・全角、ひらがな・カタカナなど日本語にマッチしたフィルタ機能と文字種の自動変換機能を備えています。たとえば半角の英数字やカタカナを全角に自動変換したり...

最新ニュース

InputManJS(日本語版)1.0J
InputManJS(日本語版)1.0J
日本仕様の入力用JavaScriptコントロールセットが新登場!

価格:¥ 150,000 (税抜)〜

開発ライセンス(イニシャル): 本製品を使用してソフトウェアを開発(コーディング、コンパイル、リンク、ビルド、デバッグなどの行為をすべて含みます)する際の特定の1人の開発者に対して必要となるライセンスです、 1 開発ライセンスで、同一の開発者が利用するコンピュータ3 台までインストールが可能です、 開発ライセンスには、60 日間のテスト配布が可能な認証コード(テスト用)が付属します...

ご質問がありますか?

今すぐ GrapeCity ライセンススペシャリストとライブ チャット

GrapeCity
公式認定ディストリビューターとして GrapeCity 社の正式ライセンスをお客様に直接お届けいたします。
コンポーネントのタイプ
  • HTML5
  • JavaScript

受賞歴

PublisherPublisherPublisher