PDFlib について

PDF文書をすばやく作成

PDFlib はサーバーサイドか、あるいはクライアントサイドのソフトウェアの中からプログラム的に PDF ファイルを作成することを可能にするコンポーネントです。PDFlib は生成する PDF のためにサードパーティソフトウェアを利用せず、他のいかなる手段も必要としません。PDFlib はすべての主要なオペレーティング・システムと開発環境にて利用可能です。新しいテーブルフォーマッター、長年のファイル保管、 AES 暗号化、統合化された pCOS を分析ツール、修理と最適化モードのために出力された PDF / Aを含めたインプット PDF と多数の新しい機能のために新しく改善された機能を提供します。

PDFlib makes PDF generation possible without wading through the PDF specification. While PDFlib tries to hide technical PDF details from the user, a general understanding of PDF is useful. In order to make the best use of PDFlib, application programmers should ideally be familiar with the basic graphics model of PostScript (and therefore PDF). However, a reasonably experienced application programmer who has dealt with any graphics API for screen display or printing shouldn’t have much trouble adapting to the PDFlib API as described in the PDFlib manual.

Server Deployment: PDFlib is thread-safe, i.e. it can safely be used in multi-threaded server applications. The COM edition is both-threaded for improved performance. C or C++ library clients can install their own memory management and error handling routines. PDFlib's memory management has been rigorously engineered and tested for memory leaks in order to guarantee 24-hour deployment without any shutdown periods.