CalendarGrid for Windows Forms(日本語版)

ダウンロード版で即納できます。

GrapeCity 社の製品
1996 年より日本国内にてComponentSourceで販売中。

i

旧バージョン取扱のご案内
旧バージョン販売に関しては、弊社フリーダイヤル(0120-343-550)又はメール(sales@componentsource.co.jp)までお問い合わせください。

CalendarGrid for Windows Forms 1.0J  製品の単体販売が終了されて現在はMultiRowPlus for Windows Forms 製品にに含まれております。
MultiRowPlus for Windows Formsは、以下の2つの製品からなるコンポーネントセットです。

  • MultiRow for Windows Forms 10.0J - 自由なレイアウトの表画面を作成できる
  • CalendarGrid for Windows Forms 2.0J - グリッド上に日付を表示してカレンダーを作成できる

CalendarGrid for Windows Forms(日本語版)

日付表示に特化したグリッドコンポーネント。CalendarGrid for Windows Formsは、グリッド上に日付を表示してカレンダーを作成できるコンポーネントです。カレンダーは月単位や週単位での表示など4パターンの表示形式の中から選択でき、1日のレイアウトは行と列をベースにしたデザイナを使用することによってExcelで表を作るような感覚で設計できます。カレンダーの表示形式と1日のレイアウトの組み合わせによりカスタマイズ性の高いカレンダーを実現できるので、さまざまな業務画面の要件に一致するカレンダーを実現できます。また、作成したカレンダーはセル単位で値の入力や選択が可能なので、Excelに親しんだエンドユーザーも満足する操作性を持つカレンダー画面を実現できます。

CalendarGrid for Windows Formsでできること

複雑なレイアウトのカレンダー画面を簡単に作成したい
CalendarGridは、カレンダーの表示形式と1日のレイアウトを組み合わせてカレンダーを表現するため、さまざまな業務画面に適したカレンダーを柔軟に作成できます。カレンダーの表示形式は、月/週/複数列/リストビューの4パターンが用意されており、目的にあわせて選択できます。選択した表示形式にあわせて1日のレイアウトを繰り返し表示することでカレンダーを表現します。

多くの情報をカレンダー上に表示したい
多くのデータを管理するには行と列で構成されたグリッドが適していますが、日次データのように日付と他のデータを関連させて管理する場合には、グリッドに日付処理を実装する必要があります。日付処理は月ごとの日数やうるう年などのように暦を考慮して実装する必要があります。CalendarGridはカレンダーの機能を提供するため日付処理を実装する必要がありません。また、CalendarGridに表示する「1日」は行と列で構成されたテーブルでありレイアウトを自由に設計できるため...

最新ニュース

CalendarGrid for Windows Forms(日本語版)がリリース
CalendarGrid for Windows Forms(日本語版)がリリース
Excelに親しんだエンドユーザーも満足する操作性を持つカレンダー画面を実現。

ご質問がありますか?

今すぐ GrapeCity ライセンススペシャリストとライブ チャット

GrapeCity
公式認定ディストリビューターとして GrapeCity 社の正式ライセンスをお客様に直接お届けいたします。
コンポーネントのタイプ
  • .NET WinForms

受賞歴

PublisherPublisherPublisher