ComponentOne for ASP.NET MVC (日本語版)

ComponentOne Studioのうち、ASP.NET MVCアプリケーション開発用の機能に限定されたエディション。

GrapeCity 社の製品
1996 年より日本国内にてComponentSourceで販売中。

価格:¥ 100,000 (税抜)〜 バージョン: 2019J v1 更新日: Apr 10, 2019

i

旧バージョン取扱のご案内
旧バージョン販売に関しては、弊社フリーダイヤル(0120-343-550)又はメール(sales@componentsource.co.jp)までお問い合わせください。

ComponentOne for ASP.NET MVC (日本語版) について

ComponentOne Studioのうち、ASP.NET MVCアプリケーション開発用の機能に限定されたエディション。

ダウンロード版で即納できます。ComponentOne Studioのうち、ASP.NET MVCアプリケーション開発用の機能に限定されたエディション。ComponentOne Studio for ASP.NET MVCは、グリッド、チャート、入力などのASP.NET MVCコンポーネントや、Excelなどのファイル出力機能を提供。HTML5、CSS3、ECMAScript 5といった最新のWeb技術で、サーバー側とクライアント側の統一的な開発を行うことができます。MVC Classicは旧バージョン(ASP.NET Wijmo)との互換性維持のために収録されている機能です。 Studio ASP.NET MVCに収録されている各コントロールではなく、Studio ASP.NET Web Formsとほぼ同等40種類以上のjQuery UIウィジェットが収録されており、グリッドやチャート、入力などのウィジェットを、MVCプロジェクトに組み込むことができます。

ComponentOne Studio for ASP.NET MVCの機能/特長

高パフォーマンスかつ軽量
最新のブラウザをターゲットとし、Web市場の中で最も高速かつ軽量なコンポーネントを開発しました。すべてのコンポーネントがサイズと速度について最適化されています。

洗練された機能
ComponentOne Studioのさまざまなエディションに収録しているFlexGridコンポーネントは、シンプルかつ柔軟性の高い機能により、好評を博してきました。20年以上にわたり利用され続けているため、APIは業務アプリケーションにおけるグリッドの要件を網羅しています。

タッチファースト/モバイルファースト
レスポンシブレイアウトとタッチ操作をサポートし、あらゆるデバイスにおいてインタラクティブなアプリケーションの構築を支援します。

豊富なクライアントAPI
すべてのコンポーネントが、サーバー側APIに加えて豊富なクライアント側APIも備えます。クライアント側APIを利用することで、クライアントとサーバー間のデータ通信量を最適化して、高速なUI処理を提供できます。

統一感のあるテーマ
CSSの知識が無くても、コードを1行記述するだけで、統一感のあるデザインでアプリケーションを構築することができます。

サンプルとドキュメント
Studio for ASP.NET MVCには数多くのサンプルが収録されており、またWebサイトでも各種ドキュメントが公開されています。サンプルとドキュメントは各コンポーネントの主要機能を網羅しているため、学習時間の短縮に貢献し、初期導入コストを抑えて開発をスタートすることができます。

ComponentOne Studio for ASP.NET MVCの収録コンポーネント

  • FlexGrid
  • FlexChart
  • FlexPie
  • LinearGauge
  • Input
  • Excel
  • Themes
  • PDF
  • Zip
  • AutoComplete
  • BulletGraph
  • ComboBox
  • ListBox
  • Menu
  • MVC Classic
  • MVC Templates
  • RadialGauge