商品説明の翻訳が完了していない商品については、Google翻訳サービスへのリンクを表示しております。 ただし機械による自動翻訳は必ずしも翻訳結果が正確ではないことにご注意願います。

Powered by

ComponentOne Studio Enterprise Doc Edition(英語版)

.NET および、ASP.NET 、 Mobile Device 、ActiveX 対応のアプリケーションに、グリッドや、レポート、チャート、データ操作、ユーザーインターフェイス機能を追加。

GrapeCity 社の製品
1996 年より日本国内にてComponentSourceで販売中。

レビューの平均スコア: 3.50レビューの平均スコア: 3.50レビューの平均スコア: 3.50レビューの平均スコア: 3.50レビューの平均スコア: 3.50 (6)

i

Component One Studio Enterprise Doc Edition is no longer available to purchase as a standalone product, you should purchase ComponentOne Ultimate instead. If you are looking to renew your subscription then you should purchase the renewal for ComponentOne Ultimate which includes even more products for the same renewal fee as Component One Studio Enterprise Doc Edition.

ComponentOne Studio Enterprise Doc Edition について

.NET および、ASP.NET 、 Mobile Device 、ActiveX 対応のアプリケーションに、グリッドや、レポート、チャート、データ操作、ユーザーインターフェイス機能を追加。

ComponentOne Studio Enterprise は、4 種類のStudio 製品サブスクリプションから集められた180 個以上のコンポーネントを含み、.NET (1.0 と2.0 )および、ASP.NET 、ActiveX 、Mobile Devices 対応します。 このEnterprise サブスクリプションには、最新のコンポーネントと、新しいリリース、更新とアップグレードが含まれ、ご購入日から1 年間の電子メールとオンラインによるサポートが提供されます。 今回のバージョンには、Microsoft Visual Studio 2005 用の28 個のコンポーネントが含まれます。

.NET 対応製品

  • ADO.NET DataExtender ( 新製品) - (.NET 2.0用)
  • FlexGrid for .NET - (.NET 2.0と.NET 1.x 共用)
  • True DBGrid for .NET - (.NET 2.0と.NET 1.x 共用)
  • Preview for .NET - (.NET 2.0と.NET 1.x 共用)
  • Reports for .NET - (.NET 2.0と.NET 1.x 共用)
  • Barcode for .NET - (.NET 2.0と.NET 1.x 共用)
  • Chart for .NET - (.NET 2.0と.NET 1.x 共用)
  • DataObjects for .NET - (.NET 2.0と.NET 1.x 共用)
  • Input for .NET - (.NET 2.0と.NET 1.x 共用)
  • List for .NET - (.NET 2.0と.NET 1.x 共用)
  • PDF for .NET - (.NET 2.0と.NET 1.x 共用)
  • XLS for .NET - (.NET 2.0と.NET 1.x 共用)
  • Zip for .NET - (.NET 2.0と.NET 1.x 共用)
  • Menus and Toolbars for .NET - (.NET 2.0と.NET 1.x 共用)
  • Spellfor .NET - (.NET 2.0と.NET 1.x 共用)
  • Sizer for .NET - (.NET 2.0と.NET 1.x 共用)

ASP.NET 対応製品

  • WebGrid for ASP.NET - (.NET 2.0と.NET 1.x 共用)
  • WebReports for ASP.NET - (.NET 2.0と.NET 1.x 共用)
  • WebChart for ASP.NET - (.NET 2.0と.NET 1.x 共用)
  • WebDataObjects for ASP.NET - (for .NET 2.0 and .NET 1.x)
  • WebMenus and WebBars for ASP.NET - (for .NET 2.0 and .NET 1.x)
  • WebSpell IDE for ASP.NET - (for.NET 2.0 and .NET 1.x)
  • PayPal eCommerce for ASP.NET - (for .NET 2.0 and .NET 1.x)
  • PDF for .NET - (for.NET 2.0 and .NET 1.x)
  • XLS for .NET - (for.NET 2.0 and .NET 1.x)
  • Zip for .NET - (for.NET 2.0 and .NET 1.x)
  • Flash for .NET - (for.NET 2.0 and .NET 1.x)

Mobile Device 対応製品

  • Mask Edit for Mobile Devices (New Product) - (.NET 2.0用)
  • FlexGrid for Mobile Devices - (.NET 2.0と.NET 1.x 共用)
  • Chart for Mobile Devices - (.NET 2.0と.NET 1.x 共用)
  • Zip for Mobile Devices - (.NET 2.0と.NET 1.x 共用)

 ActiceX 対応製品

  • True DBGrid Pro 8.0
  • VSFlexGrid Pro 8.0
  • VSVIEW 8.0 Classic Edition
  • VSVIEW 8.0 Reporting
  • Chart 8.0
  • WebChart 8.0
  • Query 8.0
  • True DataControl 8.0
  • True DBInput Pro 8.0
  • True DBList Pro 8.0
  • SizerOne 8.0
  • VSSPELL 8.0

 独自の統合フレームワーク

ComponentOne が提供するソリューションは、すべてのランタイム環境(WinForms 、WebForms 、モバイルデバイスなど)と、すべてのアプリケーションレイヤ(データ、プレゼンテーション、レポート、変換など)を対象とします。ComponentOne Studio Enterprise の基本は、データライブラリと呼ばれる再利用可能なアセンブリ内に、ビジネスロジックをカプセル化するデータレイヤにあります。

データレイヤ

ComponentOne のデータレイヤは、以下に定義される領域やスケーラビリティ、アーキテクチャにおいて、.NET アプリケーションをサポートする包括的なデータと、ビジネスオブジェクトによるフレームワークを提供します:

  • Desktop applications
  • Client-server applications
  • 3-tier distributed applications
  • Enterprise-wide business object libraries

ComponentOne のデータレイヤはMicrosoft ADO.NET 技術に基づき、各種の効果的な方式の中で、データベースアプリケーションに関する開発の簡素化と拡張を実現します:

  • データセットとテーブルとビューの表現のためにバインドが可能なコンポーネントと、ドラッグ&ドロップのデザイナーを通じて行われる、コードに依存しないデータアクセスの支援
  • WinForms とWebForms のアプリケーションから、修正を必要とすることなくデータライブラリの利用を可能にする、プラットフォームに依存しない設計
  • パフォーマンスチューンのオプションや、バックグラウンド処理の制御を提供する一方で、セグメント内のデータをフェッチする、ユニークなバーチャルモード技術を用いた多様なデータベースのサポート
  • ビジネスオブジェクトとユーザーインターフェイスのデザインのために必要とされる、物理的なデータベース構造の、論理構造からの隔離
  • 複数の物理テーブル間の結合を表現する、複合テーブルのサポート。 シンプルな1 つのテーブルとして、データの利用者に対してエクスポーズされる複合テーブル。基本となるテーブルで、row に関する更新と削除を、物理的に自動処理するデータレイヤ
  • データに関するルール検証や、計算フィールド、制約、リモートメソッド、他のドメインで特定されたタスクに対する、リポジトリの提供によるビジネスロジックの中央集権化
  • グローバルレベルとセッションレベルにおける、WebForms アプリケーションのためのサーバーサイドでの自動的なキャッシング。Read Only データに対する最適化されたアクセスのための、メモリ常駐型のテーブルビューのサポート
  • フェッチおよび、編集、更新、挿入、削除の振る舞いをカスタマイズするための、リッチなオブジェクトモデルと、プログラミングが可能なビジネスロジックコンポーネントの提供
  • データライブラリのアセンブリでエクスポーズされる、テーブルとビューへのマッピングを行う、type-safe クラスの生成
  • 単一のデータライブラリを保守し、各種のアプリケーションコンフィグレーションへのディプロイメントを実現することで、開発に費やされる時間と努力を削減

プレゼンテーションレイヤ

ComponentOne のプレゼンテーションレイヤは、データレイヤとシームレスに相互作用する、最善のユーザーインターフェイスコントロールのスイートにより構成され、パワフルなデータ操作機能と、GUI デザインにおける無比の柔軟性を結合します。

  • データの参照と編集のための多様なオプションを用いたグリッド
  • 3D チャート(surface 、contour 、scatter 、bar )
  • 2D チャート(bar 、line 、area 、pie 、radar 、polar 、candle )
  • 入力エディタ(マスクエディット、日付、数値、データベースナビゲーター)
  • メニューとツールバー
  • レイアウトコンポーネントの形式

これらのコントロールは、業界で最も広く利用され、多数のアワードを受賞している製品です。

レポーティングレイヤ

ComponentOne Report Designer はデザインタイムにおいて、XML ベースのレポート定義ファイルを作成するスタンドアローンのアプリケーションです。 ランタイムにおけるレポートは、カスタマイズ可能なプレビューコントロール(WinForms )もしくは、HTML (WebForms )として描画されます。 ComponentOne レポーティングレイヤは、各種のアドバンテージを提供します:

  • Crystal Reports およびMicrosoft Access からの、既存のレポート定義のインポート
  • ComponentOne データレイヤとの、親和性に優れたインテグレーション
  • WinForms およびWebForms アプリケーションからの利用が可能な、プラットフォーム非依存のレポート定義
  • アプリケーションにエンベッドされるレポート定義が実現する、ディプロイメントの簡素化
  • フリーフォームのレポート描画に使用可能な、パワフルなオブジェクトモデル(C1PrintDocument )を包含
  • Report Designer のソースコードが利用可能

 変換レイヤ

ComponentOne 変換レイヤは、XML および、PDF 、 ZIP のような一般的なファイル形式を含めて、各種のソースから、データの抽出と、変換、ロード、セーブを行います。この機能は、プレゼンテーションおよびレポーティングのレイヤで内部的に利用され、C1Zip やC1Pdf などの、スタンドアローン型コンポーネントの内部を構成します。

メリット

ComponentOne Studio Enterprise は、現実的なアプリケーション開発に不可欠なツールセットです。 ビジュアルで使い易いデザイナーとコンポーネントを用いて、リッチなオブジェクトモデルと、比類ない機能の結合が実現されます。 データおよび、プレゼンテーション、レポーティングの、各レイヤは強固に統合されていますが、Microsoft のデータアクセスコンポーネントや、サードパーティーのコントロールとの組み合わせに十分に対応するだけの柔軟性を持ちます。ComponentOne Studio Enterprise の独自性は、プレゼンテーションレイヤのコンポーネント群やレポートツールのセットになるだけではなく、すべてのアプリケーションレイヤにまたがる完全なパッケージになる点にあります。 データアクセスは、現実世界における各種アプリケーションの基礎となります。そして、ComponentOne のデータレイヤは、他の追随を許しません。ComponentOne Studio Enterprise を用いて、開発者は.NET プラットフォームにコア機能を加え、パフォーマンスを改善し、さらに拡張性の高いアプリケーションを構築できます。