ExcelWebForm (日本語版) について

ExcelシートをHTMLに展開するWebフォーム開発支援ツール。

ExcelWebForm は、Excel(xls/xlsx 形式)のシートを HTML テーブルに展開する Webフォーム開発支援ツールです。HTMLテーブル作成アプリケーションと ASP.NET 用のサーバーコントロールが付属します。罫線やフォント、背景色等、Excel の多彩な修飾情報がそのまま HTML テーブルに展開されるため、使い慣れたExcelを使用してWebフォームを作成することができます。展開したHTMLでは入力が可能で、スムーズなカーソル移動を実現。Excel上で設定した一部の書式や計算式等も反映されます。 また、HTML上で入力したデータはJavaScriptを使用して取得することができ、サーバーコントロールではExcelファイルやPDFファイルへの保存、データベースへの更新を行うことができます。

Web フォーム作成をサポートする製品構成
ExcelWebForm では以下の機能を提供します。

  • ExcelWeb Tool Ver2.0 - Windows 上で動作する HTML テーブル作成アプリケーションです。Web ページのテーブル部分を使い慣れた Excel でデザインすることができるので、HTML タグを直接記述することなく、Excel の多彩な修飾機能を反映したテーブルを簡単に Web へ実装できます。複数のブックからシートを選択して一括で HTML のテーブルに変換することができるので、Web ページを効率良く作成することができます。また、ExcelWeb Tool Ver2.0 で作成した HTML ファイルでは、テーブル内のセルに値を入力することができ、入力データを JSON 形式で取得することができるため、データベースの更新を行う Web フォームを作成することも可能です。 作成した HTML ファイルは FTP で Web へ直接更新が可能となり、HTML+JavaScript で動作するので Windows OS 以外のサーバー OS でも運用できます。(*1) *1 ExcelWeb Tool Ver2.0 で作成した HTML ファイルと付属の JavaScript をサーバー環境に配置し運用を行う場合、サーバーライセンス Standard 版が必要です。
  • ExcelWebForm サーバーコントロール - xcelWebForm サーバーコントロールは、ASP.NET の Web フォームに配置したコントロール上に直接 Excel シートの内容を展開することができるサーバーコントロールです。展開した HTML テーブル内のセルは入力が可能となり、個別のセル指定や JSON 形式で入力データを取得することができるため、必要なデータだけをデータベースへ更新することができます。また、サーバーコントロールでは入力データを元の Excel ファイルに書き戻すことや、別の Excel ファイル、PDF ファイルとして出力を行うことができます。(*2)*2 ExcelWebForm サーバーコントロールを組み込んだ ASP.NET Web アプリケーションの運用を行う場合、サーバーライセンス Professional 版が必要です。

セル入力制御
HTML 上で編集を許可するセルは、Excel シート上でロックされていないセル、名前の付いたセル、特定の名前のセルなど、細かな入力制御が可能です。

Excel の書式、計算式に対応
Excel 上で設定した一部の書式や計算式も HTML に展開できるので、HTML+JavaScript のスキルがなくても HTML 上での Excel ライクな操作を実現可能です。対応する書式、計算式についてはこちらをご確認ください。