MultiTouch for Windows Forms(日本語版)

ダウンロード版で即納できます。

GrapeCity 社の製品
1996 年より日本国内にてComponentSourceで販売中。

バージョン: 1.0J

i

MultiTouch for Windows Forms 1.0J販売終了のお知らせ
2018年4月30日(月)をもちまして「MultiTouch for Windows Forms 1.0J」の販売が終了されました。本製品の後継製品はございませんが、同等の機能を必要とされる場合は、ComponentOne Studio for WinForms または ComponentOne Studio Enterpriseに収録されている「TouchToolkit for WinForms」の利用をご検討ください。

MultiTouch for Windows Forms(日本語版)

ドラッグ&ドロップするだけでタッチに最適化できるコンポーネント。MultiTouch for Windows Formsを使用すると、マルチタッチのピンチ操作でフォーム内のコントロールを拡大または縮小できるので、タッチでの操作性を改善できます。このズーム機能を使用するために必要な作業は、既存のWindowsフォームアプリケーションにMultiTouchのコンポーネントを配置して、プロジェクトをビルドするだけです。画面レイアウトを修正する必要がないので、最小限の開発工数で、マウスやキーボードとタッチ操作を両立した業務アプリケーションを開発することができます。

MultiTouchでできること

既存のアプリケーションをタッチ操作で拡大したい
タッチパネル搭載のPCが登場する以前に開発された既存のアプリケーションは、マウスやキーボードを使用して操作することを前提とした画面レイアウトのため、タッチ操作を行うには画面のUIが小さく操作が難しい場合があります。MultiTouchでは、既存のアプリケーションの画面で快適なタッチ操作を行うためのソリューションとして、ズーム機能を提供しています。ズーム機能は、実行時にピンチ操作で画面内部のコントロールを拡大できるので、既存アプリケーションの小さなUIも、タッチで快適に操作できるサイズに変更できます。また、既存のアプリケーションの画面レイアウトを一切変更することがないので、アプリケーションの操作は従来のマウスやキーボード操作とタッチ操作を併用することができます。※ 特許出願済:特願2013-142468

コストを掛けずにタッチ対応したい
フォームにコンポーネントを配置して、プロジェクトをビルドするだけで、ズーム機能を使用できるようになるため、ノンコーディングでタッチ対応を実現できます...

最新ニュース

MultiTouch for Windows Forms(日本語版)が新規リリース
MultiTouch for Windows Forms(日本語版)が新規リリース
最小限の開発工数で、マウスやキーボードとタッチ操作を両立した業務アプリケーションを開発できます。

ご質問がありますか?

今すぐ GrapeCity ライセンススペシャリストとライブ チャット

GrapeCity
公式認定ディストリビューターとして GrapeCity 社の正式ライセンスをお客様に直接お届けいたします。
コンポーネントのタイプ
  • .NET WinForms
  • 100% Managed Code

受賞歴

PublisherPublisherPublisher