このページは既にアーカイブ化され、その後の更新はありません。

この製品の販売は終了しました。

ComponentOne Doc-To-Help(日本語版)

オンラインドキュメント、マニュアル作成のオールインワン・ソリューション。

GrapeCity 社の製品
1996 年より日本国内にてComponentSourceで販売中。

i

ComponentOne Doc-To-Help(日本語版)の販売は終了されました。その他のヘルプファイル作成ツールの MadCap Doc-To-Help(英語版)をご検討ください。

ComponentOne Doc-To-Help(日本語版) について

オンラインドキュメント、マニュアル作成のオールインワン・ソリューション。

ComponentOne Doc-To-Helpは、Microsoft Word文書からHTML5対応のオンラインドキュメントや電子書籍EPUBファイル、複数種類のマニュアル、ヘルプを作成できるソフトウェアです。Doc-To-Helpが生成するオンラインドキュメントは、HTML5レスポンシブデザインに対応しており、デスクトップだけでなく、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスでもシームレスに利用することができます。

Doc-To-Helpが優れている理由

テーマ、デザイン
組み込みのテーマを選択するだけでコンテンツの外観をプロフェッショナルなデザインに仕上げます。また、Doc-To-Helpのテーマデザイナを使用して視覚的にオンラインドキュメントやマニュアル、ヘルプのルック&フィールに適合する新しいテーマを作成することも可能です。

条件付きコンテンツ技術
Doc-To-Helpが真のシングルソースソリューションである要因は、その条件付きコンテンツ技術です。条件付きコンテンツを使用すると、任意のコンテンツを特定の出力にマップすることができます。たとえば、オンライン出力用にビデオを組み込み、マニュアル用にこのビデオを静的な画像に置き換えることができます。また、Doc-To-Helpには、自動条件付きコンテンツ機能も備わっています。たとえば、印刷ベースの相互参照がオンライン出力のリンクに変換されます。これはほんの一例にすぎません。条件付きコンテンツ技術という切り札により、多大な時間を節減することができます。

コンテンツ作成の時間軽減
業務・作業・サービスの質を向上させ、使う人の生産性を上げるための分りやすく使いやすいマニュアル・ヘルプを作成するには、コンテンツ内容はもちろん、目次、キーワード検索などの機能実装も大切な要素です。Doc-To-Helpでは、目次作成やリンクのために余計な時間を使う必要はありません。プロジェクト文書に簡単な設定を行うだけで、目次やキーワード検索機能を備えた高機能マニュアル・ヘルプコンテンツを生成でき、コンテンツの内容に集中することが可能です。

  • トピックの自動作成
  • 関連トピックの自動リンク
  • 自動目次
  • 自動パンくずリスト
  • 自動グロサリリンク
  • 索引の自動組み込み/除外