InputManPlus for WPF(日本語版)

ダウンロード版で即納できます。

GrapeCity 社の製品
1996 年より日本国内にてComponentSourceで販売中。

価格:¥ 172,480 (税込)〜 バージョン: 2.0J Update 5 新機能 更新日: Jul 28, 2021 レビューの平均スコア: 3.00レビューの平均スコア: 3.00レビューの平均スコア: 3.00レビューの平均スコア: 3.00レビューの平均スコア: 3.00 (1)

i

※旧バージョン取扱のご案内
新バージョンリリースに伴い、InputMan for WPFの製品名がInputManPlus for WPFに変更されました。旧バージョン販売に関しては、弊社フリーダイヤル(0120-343-550)又はメール(sales@componentsource.co.jp)までお問い合わせください。

InputManPlus for WPF(日本語版) のライセンス

InputManPlus for WPF(日本語版)のご希望のライセンス条件については、当社のGrapeCity専門のライセンス担当者にお問い合わせください。

開発ライセンス:1つライセンスで、同一の開発者が利用するコンピュータ3台までインストールが可能です。ランタイムフリーです。

開発バージョンアップライセンス:対象となる旧バージョンInputMan for WPF 1.0J又は/JPAddress for .NET 1.0Jをお持ちのお客様対象です。ランタイムフリーです。

保守サービス
ユーザーライセンスには、ご購入から1年間ご利用可能な保守サービスが無償で付属します。1年後以降も保守サービスを継続利用される場合は、有償での契約更新が必要となります。

  • テクニカルサポート(E-mailサポート)
    • 製品の技術的な質問に対して、専門スタッフがE-mailでお答えします。
    • ご利用回数に制限はありません。
  • フリーアップグレード
    • お持ちの製品を最新バージョンへバージョンアップできます。バージョンアップすると、最新バージョンのプロダクトキーが提供されます。
    • バージョンアップした場合、対象となった旧バージョン製品のライセンスは無効となり、元のバージョンへ戻すことはできなくなります。ただし、保守サービスの契約期間はバージョンアップ後の製品に引き継がれます。
    • 保守サービスの契約期間中であれば、バージョンアップ回数に制限はありません。たとえば、11.0J→12.0Jへバージョンアップした後に、13.0Jがリリースされた場合は、12.0J→13.0Jへのバージョンアップが可能です。
    • 販売終了または旧バージョンになった後に購入された製品には、フリーアップグレードが付属しません。
    • 旧バージョンの無償提供は含まれておりません。別途ご購入が必要です。