SPREAD(日本語版) について

ユーザーインタフェースの構築を行う強力かつ柔軟な表計算コンポーネント。

SPREADは、関数や数式を用いた計算はもちろん、表形式の入力インタフェース、拡張リストボックス、多彩な罫線、データベースとの連結、印刷とそのプレビュー表示など類まれな表現力は、その用途を選びません。また、数多くのプロパティ設定をビジュアルな開発画面で提供するSPREADデザイナは、優れた操作性とソースコード生成技術により、アプリケーションの開発効率を飛躍的に高めます。アプリケーションの開発にSPREADは必要不可欠といっても過言ではありません。

新機能

マルチシート
1つのSPREADコントロールで複数のスプレッドシートを管理することができます。これによりExcelと同様の機能と外観をVBアプリケーションに提供します。

クロスシート計算
マルチシート対応に伴い、数式計算機能も強化されました。異なるスプレッドシート上のセルを参照して計算することができます。
例)SUM(Sheet2!A1:B2)

多彩な画像形式サポート
BMP、ICO形式の画像に加えて、JPEG、JPEG 2000、GIF、PNG、WMFなどの主要な画像形式もサポートしました。

Unicode対応
Unicodeに対応した専用のコントロールを提供します。
Unicodeキャラクタの入力および表示をVBアプリケーションで実現できます

ドラッグ&ドロップによる行列の入れ替え
ヘッダのドラッグ&ドロップ操作により、行や列を簡単に並べ替えることができます。

ヘッダのダブルクリックによる列幅自動変更
従来はコーディングが必要でしたが、プロパティを設定するだけで、列ヘッダのダブルクリックにより、テキストの長さに合わせて列幅を自動的に変更することができます。

印刷機能の強化
指定倍率による拡大/縮小印刷や、縦や横に指定したページ数に合わせて最適な大きさに、自動的にサイズ調整して印刷することができます。
ページの中央に印刷することもできます。

スクロールチップイベントの追加
スクロールチップが表示される直前にイベントを発生させます。このイベント内で必要に応じてスクロールチップに表示するテキストを変更することができます。