Xojo(日本語版)

Xojoは、WindowsやMac、Linux、iOSのネイティブアプリと、Webアプリを1つの言語で開発できるクロスプラットフォーム対応の統合開発環境(IDE)です。どの環境でも同じ言語体・プログラミングインタフェースで設計されているため、OSやプラットフォームの違いを気にせずいつでも同じプログラミング手法で仕事や研究に必要なアプリをすぐに作ることができます。

欲しいアプリを瞬速×クロス開発できる秘密

みんなが知っている「あの言語」だけ
Visual Basic に良く似た非常にわかりやすい言語1つでプログラミングできます。継承やポリモーフィズムをサポートする先進のオブジェクト指向言語なので、コードの再利用や効率性の高いアプリケーション開発ができます。またOSに備わっている膨大なAPIを簡単に扱うこともできる強力な開発環境を提供します。

手法はたった「1つ」だけ
Windowsデスクトップ、iOS、Webといった様々なアプリケーションをたった1つの開発手法で効率よく開発できます。HTML、CSS、PHP、JavaScript、XCode、Objective-Cなどのような、環境や実行デバイスごとに異なる様々な技術を習得する必要がありません。

開発は「いつもの慣れた環境」で
Xojoは開発環境を選びません。例えば、"いつも"の使い慣れたWindows環境上で、エミュレーターや仮想マシンを用意することなく、MacやLinux用のアプリ開発ができます。開発したソースは各プラットフォーム共通のフォーマットなので...

最新ニュース

Xojo がリリースされました。
Xojo がリリースされました。
クロスプラットフォーム開発用IDE。

ご質問がありますか?

今すぐ GrapeCity ライセンススペシャリストとライブ チャット

GrapeCity
公式認定ディストリビューターとして GrapeCity 社の正式ライセンスをお客様に直接お届けいたします。
OS
  • Windows 8.1
  • Windows 8
  • Windows Server 2012
  • Windows 7
  • openSUSE 12.x
  • openSUSE 11.x
  • Ubuntu 14.x
  • Ubuntu 13.x
  • Ubuntu 12.x
  • Ubuntu 11.x
  • Ubuntu 10.x
  • MacOS 10.10
  • MacOS 10.9
  • MacOS 10.8
  • MacOS 10.7

受賞歴

PublisherPublisherPublisher