Oxygen XML Editor Professional

Oxygen XML Editor は、XML オーサリング/XML コンバージョン/XML スキーマ/Relax NG & Schematron 作成/XPath/XSLT/XQuery デバッギング/SOAP/WSDL テストなどに対して、ツール群を提供する製品です。Oxygen XML Editor に含まれる XML ドキュメント・リポジトリとの統合は、WebDAV および、Subversion、S/FTP プロトコルを介して行われます。 さらに oXygen は、ネイティブ XML とリレーショナル・データベースに対する、参照/管理/クエリーをサポートします。 oXygen XML は、Eclipse IDE プラグインとして利用可能であり、広範囲で利用されている Java IDE に対して、XML 開発のためのユニークな機能を提供します。

Oxygen XML Editor のエディション

Oxygen XML Editor は、2つのエディションとして提供されます。 Enterprise と Professional の相違点に関する詳細については、Evals & Downloads セクションの "Oxygen XML Features Matrix" ドキュメントをご参照ください。

Oxygen XML Editor の主な特徴

  • WYSIWYG XML エディタ (Visual XML エディタ)- Oxygen XML Editor における Author モードの、ワードプロセッサーに似た機能を用いて、XML ドキュメント編集の生産性を向上
  • インテリジェントな XML 編集 - コンテキスト検出のためのコンテント・アシスタントを用いて、ドキュメント編集の方式を刷新し、妥当性を常に充たすコンテントを、作成し得る状況を促進
  • 拡張可能な XML エディタ - Version 9 をはじめとして、v ではDocument Type と呼ばれる新しい概念を加え、不特定のフレームワークおよび XML 言語に対する...

最新ニュース

Oxygen XML Editor Professional V20.1
Oxygen XML Editor Professional V20.1
新しいContent Fusionコラボレーションプラットフォーム用のアドオンを含む
oXygen XML Editor Professional V20
oXygen XML Editor Professional V20
XSLT開発用の機能を拡充および新機能を多数追加
oXygen XML Editor Professional V19.1
oXygen XML Editor Professional V19.1
CSSを使用してPDFを処理するための新しいエンジンを搭載、ファイルの比較ツールに新しいビジュアルモードを追加
oXygen XML Editor Professional 19
oXygen XML Editor Professional 19
DITA文書を取り扱うさまざまな機能を効率化、DocBook 5.1のサポートを強化
oXygen XML Editor Professional 18.1
oXygen XML Editor Professional 18.1
WebHelp Responsiveシステムの機能を多数改善、新しいMarkdownエディタを追加
画像マップエディターを搭載したoXygen XML Editor V18
画像マップエディターを搭載したoXygen XML Editor V18
画像の特定の領域に、トピックや他のコンテンツへのリンクを追加可能。

価格:¥ 123,100 (税抜)〜

1 ユーザーに付き、1 ソフトウェアライセンス、 ラインタイム ライセンス フリー。 oXygen XML Editor メインテナンス。 年間メインテナンスパックは1年間にリリースされる新バージョンを無償で提供いたします。 またこちらの年間メインテナンスパックのリニューアルに関して契約終了ご14日以内に更新する必要があります。 oXygen XML Editor 或いは oXygen XML...

ご質問がありますか?

今すぐ SyncRO Soft ライセンススペシャリストとライブ チャット

SyncRO Soft
公式認定ディストリビューターとして SyncRO Soft 社の正式ライセンスをお客様に直接お届けいたします。
Operating System for Deployment
  • Windows Vista, Windows 7, Windows 8, Windows 10, Windows Server 2008, Windows Server 2008 R2, Windows Server 2012, Windows Server 2012 R2
  • OS X version 10.8 64-bit or later
  • Any 64-bit Unix/Linux distribution with an available Java SE Runtime Environment version 1.8 from Oracle

受賞歴

ProductPublisherProduct