Secure Mail for .NET(日本語版) のライセンス

1 マシンに付き、1 開発ライセンス
ランタイム ライセンス フリー

コアサーバーライセンスについて(2コア単位)
本製品を使用して開発したサーバーアプリケーションを配布する場合は、運用サーバーに対するコアサーバーライセンスが必要です。

  • コアサーバーライセンスの構成単位は、「2コア」です。そのため1つの運用サーバーのCPUコア数が2コア以上の場合は、コアサーバーライセンスがそのCPUコア数を上回るように必要です。
    例:6コアの運用サーバーを1台で運用する場合、「コアサーバーライセンス × 数量3」が必要です
  • 1つのコアサーバーライセンスを分割して異なるサーバー間(仮想や物理を問いません)で共有することはできません。そのため、それぞれのサーバーに対して必要です。
    例:1コアの運用サーバーを2台で運用する場合、「コアサーバーライセンス × 数量2」が必要です。