JBarCode (日本語版) の価格

価格にはComponentSourceの技術サポート料金が含まれます。またほとんどのダウンロード販売製品はオンラインバックアップ料金が含まれ、ご購入から30日以内に新しいバージョンがリリースされた場合の無料アップグレード(一部除く)にも対応しています。 すべての販売は契約条件と弊社返品規定の対象です。 ボリュームライセンスおよび以前のバージョンを含む一覧にないライセンスオプションが必要な場合は、ご連絡ください。

当社の販売価格は以下の通りです。 ログオンしていただくと、お客様の割引価格をご参照いただけます。

全てのライセンス (5)
全てまとめる | 詳細を非表示

JBarCode 3.0J(ダウンロード版)

1 開発ライセンス

開発元パーツ番号 #: SBT0422弊社パーツ番号 #: CSJ-515504-791867

ライセンスと配送 ¥ 60,000 (税抜) カートに追加
Eメールによるご納品:
  • 注文完了後に5営業日で開発元のGrapeCityより、ダウンロードURL及び製品番号並びにシリアルナンバーをメールにてご案内申し上げます。

JBarCode 3.0J(ダウンロード版)サーバー運用ライセンス

1 コア サーバー運用ライセンス

開発元パーツ番号 #: SBT0423弊社パーツ番号 #: CSJ-515504-791869

ライセンスと配送 ¥ 100,000 (税抜) カートに追加

この商品のライセンス規約では、ご納品前にお客様がご購入のご対象であるかどうかの確認が必要とされております。

Eメールによるご納品:
  • ライセンス対象確認のため製品番号(英字4桁-数字6桁)が必要です。ライセンス対象確認後に5営業日で開発元のGrapeCityより、ダウンロードURL及び製品番号並びにシリアルナンバーをメールにてご案内申し上げます。

2 コア サーバー運用ライセンス

開発元パーツ番号 #: SBT0424弊社パーツ番号 #: CSJ-515504-791871

ライセンスと配送 ¥ 150,000 (税抜) カートに追加

この商品のライセンス規約では、ご納品前にお客様がご購入のご対象であるかどうかの確認が必要とされております。

Eメールによるご納品:
  • ライセンス対象確認のため製品番号(英字4桁-数字6桁)が必要です。ライセンス対象確認後に5営業日で開発元のGrapeCityより、ダウンロードURL及び製品番号並びにシリアルナンバーをメールにてご案内申し上げます。

4 コア サーバー運用ライセンス

開発元パーツ番号 #: SBT0425弊社パーツ番号 #: CSJ-515504-791873

ライセンスと配送 ¥ 290,000 (税抜) カートに追加

この商品のライセンス規約では、ご納品前にお客様がご購入のご対象であるかどうかの確認が必要とされております。

Eメールによるご納品:
  • ライセンス対象確認のため製品番号(英字4桁-数字6桁)が必要です。ライセンス対象確認後に5営業日で開発元のGrapeCityより、ダウンロードURL及び製品番号並びにシリアルナンバーをメールにてご案内申し上げます。

8 コア サーバー運用ライセンス

開発元パーツ番号 #: SBT0426弊社パーツ番号 #: CSJ-515504-791875

ライセンスと配送 ¥ 560,000 (税抜) カートに追加

この商品のライセンス規約では、ご納品前にお客様がご購入のご対象であるかどうかの確認が必要とされております。

Eメールによるご納品:
  • ライセンス対象確認のため製品番号(英字4桁-数字6桁)が必要です。ライセンス対象確認後に5営業日で開発元のGrapeCityより、ダウンロードURL及び製品番号並びにシリアルナンバーをメールにてご案内申し上げます。

JBarCode (日本語版) のライセンス

開発ライセンスについて
開発ライセンスは、本製品を使用してバーコードの設計やアプリケーションを開発(コーディング、コンパイル、テストなどの行為をすべて含みます)する際に必要となるライセンスです。コンピュータ1台に対して1ライセンス必要です。

  • ネットワークサーバーに製品をインストールし、複数の端末コンピュータを接続して開発する場合は、同時に使用するかどうかにかかわらず、ネットワークサーバーと端末コンピュータに対してそれぞれライセンスが必要です。
  • 仮想環境など1台のコンピュータに複数のOSをインストールして利用する場合は、1物理OSや1仮想OSごとにライセンスが必要です。


サーバー運用ライセンスについて
サーバー運用ライセンスは、本製品を使用して開発したサーバーサイドアプリケーションをテストまたは運用する際に必要となるライセンスです。コンピュータ1台に対して1ライセンス必要で、コンピュータの搭載しているプロセッサーのコア数に応じたライセンスが必要です。

  • 仮想環境など1台のコンピュータに複数のOSをインストールして利用する場合は、1物理OSや1仮想OSごとにライセンスが必要です。