JBarCode (日本語版)

JBarCodeは、Javaアプリケーションにバーコード生成機能を組み込むことができるJava専用コンポーネントです。物流システムに深く浸透しているJANコードや、国際的な流通標準となるGS1 データバー、携帯電話と連携したWebアプリケーションなどで活用されているQRコードなど数多くの規格をサポートしています。種類とデータを指定するだけで手軽にバーコードシンボルを生成でき、規格について詳しく学習しなくてもJavaシステムにバーコード機能を実装できます。また、既存システムにバーコード機能を追加することも容易です。基幹データや入力データをバーコード化し帳票上に出力したり、Webサイト上に表示させたりするなどしてJavaシステムでバーコードを活用できます。

JBarCodeでできること

バーコード規格の学習に時間をかけず手軽にデザインしたい
JBarCodeにはバーコード設計用のGUIデザイナが付属します。JBarCodeはバーコード種やシンボルの幅と高さ、色、解像度、チェックデジット、クワイエットゾーンなどを指定できる豊富なプロパティを用意しています。GUIデザイナではグラフィカルな操作で、これらのプロパティに簡単に値をセットできます。プレビュー機能も備えているため微調整も容易です。また、設定した値からServlet、JSPカスタムタグ、JSPスクリプトレット、スタンドアロンの4種類のJavaプログラムのソースコードを自動生成します。開発者のコーディング負担を軽減し短期間でバーコード機能を実装できます。

さまざまな規格のバーコードを扱いたい
JBarCodeは多様な種類のバーコードシンボルを生成できます。日本の流通に深く浸透しているJANコードや国際標準のGS 1データバー、コンビニエンスストアでの支払いシステムで利用されているコンビニバーコード、郵便物の自動仕分けに採用されているカスタマバーコード...

最新ニュース

JBarCode (日本語版)がバージョンアップ
JBarCode (日本語版)がバージョンアップ
GS1 データバーは新たに3種類が加わり、すべての種類のGS1 データバーに対応。

価格:¥ 60,000 (税抜)〜

開発ライセンスについて: 開発ライセンスは、本製品を使用してバーコードの設計やアプリケーションを開発(コーディング、コンパイル、テストなどの行為をすべて含みます)する際に必要となるライセンスです。コンピュータ1台に対して1ライセンス必要です。 ネットワークサーバーに製品をインストールし、複数の端末コンピュータを接続して開発する場合は、同時に使用するかどうかにかかわらず...

ご質問がありますか?

今すぐ GrapeCity ライセンススペシャリストとライブ チャット

GrapeCity
公式認定ディストリビューターとして GrapeCity 社の正式ライセンスをお客様に直接お届けいたします。
コンポーネントのタイプ
  • Java Class

受賞歴

PublisherPublisherPublisher