ComponentOne for WinForms(日本語版)

ダウンロード版で即納できます。

GrapeCity 社の製品
1996 年より日本国内にてComponentSourceで販売中。

価格:¥ 100,000 (税抜)〜 バージョン: 2020J v2 新機能 更新日: Aug 26, 2020 レビューの平均スコア: 4.00レビューの平均スコア: 4.00レビューの平均スコア: 4.00レビューの平均スコア: 4.00レビューの平均スコア: 4.00 (4)

i

旧バージョン取扱のご案内
旧バージョン販売に関しては、弊社フリーダイヤル(0120-343-550)又はメール(sales@componentsource.co.jp)までお問い合わせください。

ComponentOne for WinForms(日本語版) のリリース

Released: Aug 26, 2020

2020J v2 での更新項目

特徴

  • RulesManagerの追加:1FlexGridやC1FlexPivotなどのデータグリッドの背景色、境界線、フォントの色などのスタイルを指定した条件に基づいて変更するコントロール
  • TrueDBGridの強化
    • チェックボックス印刷の指定:PrintCheckboxプロパティを追加
    • Excelエクスポート時のパフォーマンス向上:detectFormatsパラメーターを追加によってExcelにエクスポートする際にデータ形式を検出しないため、出力速度の向上
    • HeadingHotStyleプロパティの追加:マウスオーバー時の列ヘッダーの外観を制御するStyleオブジェクトを取得または設定可能
  • TreeViewの強化:ドラッグアンドドロップの際に表示されるドロップラインの色を変更する機能が追加
  • Schedulerの強化
    • 月ビューでの短い日付形式の追加:ScheduleTheme.ShortMonthDayFormatプロパティを追加
    • BeforeAppointmentFormatEventArgs.ForeColorプロパティの追加...

Released: Apr 23, 2020

2020J v1 での更新項目

特徴

  • FlexGridの強化
    • データ検証の強化:System.ComponentModel.DataAnnotations名前空間に含まれる属性Required、StringLength、Range、Compareをサポートするようになりました。また、DisplayAttribute属性のうち、Orderパラメータの指定にも対応しました。これにより、FlexGridで列が生成される際のフィールド順を指定できます。
    • UIオートメーションのサポート:UIオートメーションは、WPFをサポートするすべてのWindows OSで使用できる新しいアクセシビリティフレームワークです。UIオートメーションの特長の1つに「コントロールパターン」がありますが、2020J v1ではこのコントロールパターンに基づき、より直感的でスマートな形でテストスクリプトを構築することができるようになります。
  • FlexPivotの強化
    • Top Nフィルタの追加:Top Nフィルタを利用したデータ分析をサポートします。
    • FlexChartスタイルの適用:これまでのFlexPivotのチャートは...

Released: Dec 4, 2019

2019J v3 での更新項目

特徴

  • .NET Coreの最新バージョン「.NET Core 3.0」へ対応したNuGetパッケージを提供します。
  • FlexGridの強化
    • 詳細行のサポート: ネストされたFlexGridやInputPanelを詳細行として表示できます。独自の詳細行コントロールを実装することも可能です。
    • 検索定義の取得: C1FlexGridSearchPanelを使用して検索を実行した際の検索定義をXML形式で取得および設定できます。
    • セルラベルの表示遅延: セルラベルが表示されるまでの遅延時間をミリ秒単位で指定できるようになりました。
    • フィルターアイコンの表示: フィルターが未適用であっても、フィルターアイコンを常に表示できるようになりました。
    • フィルターフォームのリサイズ: ドロップダウンフィルターのフォームサイズを変更できるようになりました。
  • FlexChartの強化:デザイナーを使用してアプリケーション実行時にチャートの各要素をインタラクティブにカスタマイズできるようになりました。
  • Inputの強化...

Released: Apr 10, 2019

2019J v1 での更新項目

特徴

WinForms/WPF/UWPの新機能

  • Visual Studio 2019をサポート:Visual Studioの最新バージョン「Visual Studio 2019」をサポート
  • 新元号をサポート:2019年5月1日に実施される改元で制定される新元号「令和」をサポート
  • C1Gaugeの強化〈Windows Forms〉:BulletGraphコントロールを提供
  • FlexPivotの強化〈Windows Forms〉:C1FlexPivotSlicerコントロールを提供
  • DataFilterの正式リリース:データのフィルタリングを直観的に行い、FlexGridやFlexChartなどのデータを可視化するためのコントロールと組み合わせて利用可能
  • FlexGridの強化〈WPF・UWP〉:フルテキストフィルターをサポートします。全ての列にわたってデータをフィルタリング可能
  • C1Inputの強化〈Windows Forms〉:日本語エンコーディングに特化した機能を提供する「CharHelper」クラスを追加

Released: Nov 30, 2018

2018J v3 での更新項目

特徴

C1Studio for WinForms/WPF/UWPの新機能

  • 新コントロールの追加
    • DataFilter(データフィルター)(Windows Forms):データのフィルタリングを直観的に行えます。
    • Sparkline(スパークライン)(Windows Forms):データを視覚化する軽量なチャートコントロールです。
    • Simplified Ribbon(シンプリファイド リボン)(WPF):Office 365のアップデートで登場したSimplified Ribbonです。
  • マテリアルテーマのサポート(Windows Forms):Android 5.0から採用されたマテリアルテーマに似た外観を提供します。
  • Schedularの強化(Windows Forms):
    • アジェンダビュー: 概要のみをシンプルに表示できます。
    • テーブルビュー:詳細を一覧できます。
  • FlexGridの強化
    • Sparklineコントロールとの統合
    • データ型が数値の配列/コレクション形式の列において、データをSparlkineによるチャートとして表示できます...

Released: Jul 26, 2018

2018J v2 での更新項目

特徴

C1Studio for WinForms/WPF/UWPの新機能

  • FlexChartの強化
    • ヒートマップの追加: 作成できるチャート種に、ヒートマップを追加しました。
    • 軸機能の強化: 日付軸で時間単位の指定が可能になりました。
  • FinancialChartの強化:オーバーレイ表示に、一目均衡表を追加しました。
  • 新コントロール DashboardLayout - ダッシュボード用のユーザーインタフェースを構築するためのレイアウトシステムです。
  • FlexGridの強化
    • グループ化機能の強化 :◦GroupPanelコントロールとグループ化処理のためのメンバーを追加しました。
    • 列幅のスターサイズ指定:列幅を全体幅との比率から自動指定する方法とコントロール幅の拡大・縮小にあわせてスターサイズ列の列幅も拡大・縮小。
  • BarCodeに、新たに16種類のバーコード形式を追加しました。
    • MicroQRCode/Code11/SSCC18/HIBCode128/HIBCode39/ISBN/ISSN/ISMN/Iata25/BC412/PZN/Plessey/Pharmacode...

Released: May 24, 2018

2018J v1 での更新項目

特徴

C1Studio for WinForms/WPF/UWPの新機能

  • 新コントロール MultiSelectの追加 - MultiSelect(マルチセレクト)は、項目が列挙されたリストの中から、ひとつまたは複数の項目を選択するためのコントロールです。
  • チャートのラベル表示を強化 - FlexChart(フレックスチャート)で作成した各種チャートに表示するラベルについて重なり回避などの機能を追加し、データ数が多い場合でも軸ラベルやデータラベルが見やすくなるように改善しました。
  • ExpressionEditorの強化 -  使い勝手を向上させ、グリッドコントロールだけでなくTreeView(ツリービュー)とも連携して利用可能になりました。

Released: Dec 27, 2017

2017J v3 での更新項目

特徴

  • ExpressionEditor for WinForms が正式リリースされました。
  • C1.C1Excel - XLSheetクラスにSelectedIndexesプロパティ(選択されたシートのインデックス配列)が追加されました。
  • C1.Win.C1Chart.Legendのメソッドとして、トレンドラインと関数の凡例エントリのマウス追跡を可能
  • C1.Win.C1Command
    • ButtonLookFlags列挙型に新しい値'Control'が追加されました。
    • ButtonLook=ButtonLookFlags.Controlの場合、C1CommandLinkの枠線と背景は描画されません。
    • C1TopicBarコントロールの展開/折りたたみボタンのテーマグリフが追加されました。
    • C1DockingManagerにResizingModeプロパティが追加されました(TFS:271504)
    • ResizingイベントおよびResizeイベントが追加されました。
    • C1NavBar.Style.Button.MoreButtonImageプロパティが追加されました。
  • C1.Win...

Released: Aug 7, 2017

2017J Vol2 での更新項目

特徴

主な新機能

  • 新コンポーネントの追加
    • PDFDocumentSource for WinForms
    • CalendarView for WinForms
  • FlexReportの新機能 -  FlexChartFieldの追加
  • FlexChartの新機能 - TreeMapコントロールの追加
  • Inputの新機能 -  C1ComboBoxコントロール:部分検索のサポート
  • GanttViewの新機能 - 特定の日の背景色を設定するプロパティの追加
  • その他の新機能
    • Maps for WinFormsでREST APIをサポートしました。
    • Gauges for WinFormsがフラットデザインのテーマで更新されました。
    • True DBGrid for WinFormsのSaveExcelメソッドでフッター行の出力をサポートしました。
    • Ribbon for WinFormsでリボンがタブ領域よりも小さい場合、リボン内でのスクロールをサポートしました。

Released: May 26, 2017

2017 v1 での更新項目

特徴

主な新機能

  • 新コンポーネントの追加 - CalendarView for WinForms ベータ版
  • TrueDBGridの新機能 - Excel入出力機能の強化
  • TreeViewの新機能 - カスタムノードの表示
  • FlexChartの新機能 - チャート種の追加(箱ひげ図、エラーバーチャート)
    • 軸に対するバインディング
    • 複数プロットエリアの表示
    • パーセントのラベル表示(サンバーストチャート)
  • FinancialChartの新機能
    • MACDインジケーター、ストキャスティクス オシレーター インジケーター
    • ボリンジャーバンド オーバーレイ、エンベロープ オーバーレイ
    • フィボナッチツール